ピクシブ百科事典

トオノレ

とおのれ

「Aチャンネル」の登場人物である「一井透」の愛称の1つ。
目次[非表示]

概要

漫画・アニメ「Aチャンネル」の登場人物、一井透の愛称の1つ。「愛称の1つ」と述べたのは、一般ファンに使われている愛称ではなく、ゲイビデオ「真夏の夜の淫夢」のファン、いわゆる「淫夢民」「淫夢厨」に使われているものである。彼女の名前である「トオル」に似た名前を持つ遠野の通称、「世界のトオノ」が由来。
トオルと打つのではなく、ノとレでノレにするのが特徴。

風評被害の発端

事の発端はアニメ第6話のサブタイトルが「真夏の夜の…」と淫夢を連想させた為、ニコニコ公式配信アニメがホモに占領され風評被害に合った事から始まる。

タイトルだけならまだしも、「そこで何してるの」「早くしろよ」「せっかちやな」「はい、よーいスタート」などの台詞や、TNOKクルルァのシーンに類似した場面、(タイトル通り夏の季節なのか)セミ兄貴の登場、野獣亭、および佐藤幸世(佐藤先生)役の小野大輔氏登場(ONDISKを連想)など、淫夢要素がてんこ盛りだったので風評被害に更に拍車を掛けた。

さらに第6話以降でも蝋燭アイスティー淫夢くんを連想させる人形など汚いアイテムや淫夢要素が登場したので、配信アニメは最終回までホモに占領されるという結末になった。さらにはOPの「Morning Arch」も歌詞が意味深であった。元々名前ネタで通じていただけあって、ホモたちに散々ネタにされたり「野獣娘」として淫夢ファミリーに加えられたりと彼女の風評被害は大きいものとなっている。

更に一井透役の悠木碧氏が「アッー!!」とホモ臭い台詞の描いた絵が発掘されブログのタイトルで「ぶっちっぱ」(ブッチッパ)と何故か野獣先輩の排泄音を使い淫夢民疑惑が持たれるなど風評被害を更にハッテンさせてしまった。ちなみにデビューミニアルバムのタイトルは「プティパ」。

関連項目

Aチャンネル 真夏の夜の淫夢 風評被害 「真夏の夜の淫夢」による風評被害一覧 遠野 一井透(トオル) 世界のトオノ

pixivに投稿された作品 pixivで「トオノレ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 40125

コメント