ピクシブ百科事典

一井透

いちいとおる

「Aチャンネル」の登場人物。通称「トオル」。
目次[非表示]

CV:悠木碧

概要

高校1年生。通称「トオル」。
黒髪のショートカットで、頭頂部にウニを思わせるようなくせ毛がある。体格についてはいろいろあるので後述。

小学生以来の幼馴染みのるんのことが大好きで、自分の学力に見合った高校ではなく、るんが受けようとしていたのと同じ高校に入ろうとした(このため、るんは母親からもっとレベルの高い高校を受験するように言われた)。
るんが1学年上でお姉さんなのだが、あまりにも天然で無防備なため、トオルはるんの保護者のような態度に出る事が多い。特に、るんが他の誰かと仲良くするのを良く思わず、金属バットを振り回して相手を威嚇し遠ざけるほどだった。
ユー子との初対面で、るんとユー子がじゃれ合っていたところに遭遇してしまったため、それ以来ユー子を目の敵にしていた。初期には腹パンを入れ(アニメでは乳アッパーに変更)、半強制的にホラーを見せるようなあからさまな嫌がらせ(というかもはや暴力)を向けていた事もあったが、何とか受け入れるようになっていった――が、巨乳に対してだけは敵意は収まらないようである。それでも向こうからはべたべたされるため、リアルでおまわりさんこっちですを実行に移そうとしたほど。
ナギとは比較的関係も良く、胸の問題で意気投合したりするが、相手の嫌がる点(体重など)を容赦なくいじるのは、姉妹というより兄弟という感じかもしれない。
甘い物が好きで、匂いだけでユー子が飴玉(実際には空袋のみ)を持っていることを見破ってしまうほど。いくら食べても体形はほぼ変わらず、なぜか頬から太る。

連載が進むにしたがって、金属バットを振り回す機会は減ったが、ヒラちゃんと会って引きずり回されたり、家でも妹のケイ子そっちのけでトオルに構おうとするユー子を軌道修正したり、ツッコミ役寄りなのは変わらない。

家族・交友関係

るん、ユー子、ナギと共に行動することが多い。
学年が違うため一緒の授業は受けられないが、休み時間になると三人のところへ赴き、一緒に食事などをしている。
また同学年の友人にはユタカミホがいる。
二人は共にトオルのファンを自称しており、ミホはともかく、ユタカはトオルに馴れ馴れしく接しすぎて鬱陶しく思われている。

クラスの担任は鬼頭先生
るんが絡まなければトオルは非常に真面目な優等生であるので、しょっちゅう用事を頼まれるなどかなり信頼されているようである。しかし鬼頭先生の巨乳は苦手。
るん(のおでこ)の事を気に入っている佐藤先生に対しては強い(悪意すれすれの)警戒心を抱いており、彼がるんに近付こうとするたびに妨害しているどころか、ひどい目に遭わせる事に何らのためらいも無い。

家族構成は、両親と自分の核家族であり、一人っ子。
マンションに両親と一緒に住んでいるが、父親はまだ劇中に登場していない。母親はトオルに似た容姿だが、るんとそちらの母親ほどは似ておらず背も高い。
炭酸」という名の猫を飼っている。

近所の老人達からも可愛がられているようで、会うたびにお菓子を貰っている。

体格

非常に華奢というより未発達な体つきをしており、「貧相な体を見られたくない」と言って夏場でも手が隠れるほどの大きいセーターを着用している。
普段ニーソックスを着用しているが、ソックタッチがなければすぐにずり落ちてしまう。
ビキニの水着を試着したときも、紐が緩すぎてボトムが落ちてしまい、ショックを受けて布団に篭った。スクール水着小学生の時から使っている物
巨乳であり、自分を小さな子扱いするユー子に、八つ当たりのようにセクハラをはたらくこともある。
なお、トオルの体格に対するるんの意見は、

「人それぞれに個性があるんだから、そこを生かしていけばいいんだよ。
 …って一部のマニアが…

という、非常に有難くない代物であった。

関連イラスト

るんとトオル
A


ト・オ・ル~♡
Aチャンネル トオル&るん



関連動画

動画

関連タグ

Aチャンネル
変態トオルさん
るん ユー子 ナギ ミホ ユタカ 炭酸
低身長 貧乳 ニーソックス 萌え袖 バット金属バット 百合

pixivに投稿された作品 pixivで「一井透」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 161072

コメント