ピクシブ百科事典

ビーストボーイ

びーすとぼーい

ビーストボーイ(Beast Boy)は、DCコミックスのアメリカンコミック『ティーンタイタンズ』の登場人物である。
目次[非表示]

概要

本名:ガーフィールド・ローガン(Garfield Logan)
初登場は1965年の『The Doom Patrol #99』。

若手ヒーローチーム「ティーンタイタンズ」のメンバーで、緑色の肌を持つメタヒューマンの少年。「ドゥームパトロール」のメンバーだったが、命令違反から休職し、その間にタイタンズメンバーと出会いチームを結成した。着用しているコスチュームは、このドゥームパトロール時代からのもので、当時は頭部から目元まで隠されているマスクを着用していたが、タイタンズ結成以降はマスクを外した。

様々な動物に変身できる能力を持ち、小動物に化けての偵察任務や猛獣に化けての戦闘など、その用途は多彩であるが、何に変身しても体色は緑のままなので、変装としては役立たない。
お調子者でイタズラ好きな、チーム内のムードメーカーだが、意外とデリケートなところもある。肉が好きなサイボーグに菜食主義を理由に喧嘩が絶えない。アニメでの一人称は「俺っち」。

メディアでの表記は「ビースト・ボーイ」だが、「ビーストボーイ」と呼ばれることが多いためイラストタグは当項目が使われている。

原作コミックでは一時期体色が緑から赤に変化したが、後に緑に戻っている。
またチェンジリング(Changeling)と改名したこともあったが、これも定着はしなかった。

交流関係

家族

マーク・ローガン教授と妻マリー
アメリカ人の生物学者遺伝子研究のためにアフリカのラムンバ国に渡航、熱病にかかった幼いガーフィールドを救うため自作のマシンで遺伝子操作を行う(この結果、体が緑色に変化)。
マリーがブラックマンバに襲われた際、ガーフィールドの能力が覚醒しマングースに変身。その後ボートの事故で夫婦共に死亡。

ニコラス・ギャルトリー(Nicholas Galtry)
悪徳弁護士。ガーフィールドの法的後見人となるが、ローガン家の遺産横領した。

ヒーロー関係

ドゥームパトロール(Doom Patrol)
1963年から活動している老舗のヒーローチーム
能力を犯罪者に利用されていたガーフィールドを救い、メンバーとして迎え入れる。
アニメ版『ティーン・タイタンズ』ではシーズン5開幕と共に前後編のエピソードで登場。

ブワナビースト(B'wana Beast)
DC世界でも古参のワイルドヒーロー。
TTG!でゲスト出演し、ビーストボーイと親交を結ぶ。

映像作品

テレビ

Teen Titans Animated Series(2003年~2006年)
CV:グレッグ・サイプス / 宮田幸季

ヤングジャスティス(2010年~)
CV:ローガン・グローブ / 宮田幸季

ティーンタイタンズGO!(2013年~)
CV:グレッグ・サイプス

OVA

ジャスティス・リーグ VS. ティーン・タイタンズ(2016年)
CV:ブランドン・スー・フー

ティーン・タイタンズ:ジューダス・コントラクト(2017年)
CV:ブランドン・スー・フー

ウェブ

DCスーパーヒーローガールズ(2015年~)
CV:グレッグ・サイプス


関連イラスト

野獣男子
BB


BB
Beast Boy


Beast Boy
元気かBB!



関連タグ

DC / DCコミック / ティーンタイタンズ
ヒーロー / 獣人
緑肌 / 翠眼 / 緑髪

beastboy / teentitans

pixivに投稿された作品 pixivで「ビーストボーイ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 349827

コメント