ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ピンキーパイ

ぴんきーぱい

Pinkie Pie (ピンキー・パイ)はマイリトルポニーに登場するキャラクター。Mane6(メーン・シックス)と呼ばれる六名の主要キャラの一人(一頭)で、種族はアースポニー。日本版でも同じく「ピンキーパイ 」
目次 [非表示]

概要

声優は Andrea Libman (台詞)/Shannon Chan-Kent (歌)

日本版は三森すずこ


Party!!今年の新番組!絶賛放送中!!

ギャグ担当ハイテンションアホの子。

エレメント・オブ・ハーモニーにて司る属性は『笑顔(The Laughter)』。

キューティーマークは3つの風船。なお、S3最終話において一時期キューティーマークがアップルジャックのものになってしまった事がある。

シュガーキューブコーナー(Sugarcube Corner/お菓子屋)に住み込みでバイト中。

イタズラとパーティ(日本版ではハッピーとお菓子)が大好きで、ことあるごとにパーティを開く。

歌うことも得意で、劇中でもことあるごとに歌う。おかげで作中歌のピンキー率はとても高い。

Party cannon(パーティ砲)なる巨大クラッカーのような大砲も撃つ。

Pinkie PieParty cannon !!

一見何も考えていないようだが、フラタシャイにはイタズラを仕掛けなかったり、皆の身を案じたりと意外と細かい心遣いができる。

また楽しいパーティのために常日頃から地道なリサーチを行う努力家な一面もあったりと、普段のおバカな言動とはまた違った顔を覗かせる事もある。


本名(フルネーム)は幼少期の回想シーンで『ピンカメナ・ダイアン・パイ(Pinkamena Diane Pie)』と判明。

日本では『ピンカミーナ』と呼ばれる事が多い。

(ただし、この回想は第1話の歌と矛盾があるので、嘘だという説も存在するが詳細は不明である。)


デザインはG1のペガサスポニー・サプライズ(Surprise)を原作者がアレンジしたものにG3・G3.5に登場する同名のアースポニーPinkie pieの名前とカラーリングを掛け合わせたものである。

能力

首が長くなったりねじり回ったり、全力で逃げるレインボーダッシュより先回りして現れたり、空中歩行したりワープしたり、虚空から物を取り出したり、果ては第4の壁を突き破ったりと、謎の能力を多数披露している。

要するにカートゥーン的漫画表現やメタ表現が豊富なキャラ。


動作も他のキャラクターと比べて異様に豊富で、彼女が本当に馬なのか疑いたくなる場面も多々ある。

(アメコミでのクリサリス曰く「あのピンクの言動を伝聞で聞いても作り話にしか聞こえなくて困る」。)

最近(特にS4以降)では尻尾や鬣をまるで手足のように操っている事も多く、当たり前のように物を掴んだり空を飛んだりとやりたい放題。

ちなみに、地上最速(公式公認・作中セリフより)。


ここぞという時のセリフ回しは非常に独特で、幼児語や俗語や造語を音合わせで大量に駆使して早口で喋る様はたいへんに日本人泣かせ。


そんな彼女の奇行も最早ポニーヴィルでは日常茶飯事らしく、周りは皆「いつものピンキー」として誰も気にしていない模様。

トワイライトも村に来た当初は驚いていたが、ものの数話で慣れた。


またギャグ表現を除いても何気に高い能力を持っており、ポニーヴィル住民全員の顔と名前、記念日や思い出話、記念品に至るまで全てを細かく覚えているなど、記憶力は特に優れている。

「お婆ちゃんに教えてもらった話」として周りが知らないような知識を披露する事もある。が、ナイトメアナイトの際のトワイライトの仮装(スタースワールのコスプレ)を「へんてこなおじいちゃんポニー」呼ばわりするなど、知識には偏りがある節がある。(尤もこれはスパイクにも言えるが。)まぁ、そのへんてこなお爺ちゃんと後にS7で対面することになるとは思ってもみなかっただろうが...


楽器の演奏も大得意で、大体の楽器は上手に演奏できるようだ。

ついでに10個の楽器を同時に演奏できるらしい。ホントに馬かこいつ。


ピンキーセンスと彼女が呼ぶ一種の未来予知能力があり、体の反応の組み合わせなどで先に何が起こるのかを予知できる。


こんな彼女でも、ケーキ夫妻の子供の世話や王室の赤ん坊の世話では苦戦してたりする(その赤ん坊達も相当な高性能だが)。


家族構成

家族構成は、S1E23の回想シーンで両親と妹二人の存在が確認されている。

ファンからは灰色のほうの妹がインキー・パイ(Inkie Pie)、

やや青みがかっているほうの妹がブリンキー・パイ(Blinkie Pie)と名づけられていたが、

公式小説により灰色のほうがマーブル(Marble Pie)、

青っぽいほうがライムストーン(Limestone Pie)である事が明かされた。

父の名前はイグニアス・ロック(Igneous Rock)、母はクラウディ・クォーツ(Cloudy Quartz)との事。

ピンキーの父と思われるポニーはシーズン3の5話におけるトリクシーの回想にも登場しており、

トリクシーは彼の居る採石場で一時働いていたらしい。


妹2人のほかに姉も1人居る事も明かされている。名前はモードパイ(Maud Pie)。

シーズン4・12話でピンキーの家族写真に幼少時の姿が登場したのち、18話で晴れて登場。

ピンキーは彼女のことを自慢の姉として慕っており、とても仲がいい。が、姉のことになるといつものハイテンションな一面が悪い方向に働いてしまうことが多々あり、彼女の初登場回ではマイペース過ぎるが故にMane6らと上手くコミュニケーションできない彼女に便宜を図ろうとしてトラブルを引き起こしてしまった。その後も姉想いすぎる一面が災いしてのトラブルが多いが、それでもモードはピンキーの優しさを理解しており、苦言を呈することこそすれ、彼女に対して厳しい態度をとることは無い。

パイ姉妹!


反面、シーズン8で登場したモードの恋人であるマッドブライアーとは(本人の歯に衣着せぬ物言いや空気の読めない行動も原因だが)反りが合わず、「こんなのがモードの恋人なのか」と苦悩したこともあったが、最終的にライムストーンの説得を受け、ピンキーから譲歩する形で歩み寄っている。


普段は勤め先のケーキ一家にお世話になっている。また、S8にてトワイライトが開校したSchool of friendshipの講師も担当することになる。

また、ガミー(Gummy)と言う歯のない子ワニをペットとして飼っている。

Pinkie Float

なおこのガミー、普段は反応も鈍くボーっとしていたりと何も考えていないようではあるが、一方でs5にて実は哲学的な思考を持っているらしき描写もあり、なかなか読めないワニである。なお、S9E26では体が衰えるどころかなんと滅茶苦茶でかくなっている。ディスコードの魔法の影響でも受けたのだろうか?


同業者であるチーズ・サンドイッチとは当初お株を奪われるのではないのかという不安と嫉妬から半ば一方的に敵視する形で競い合っていたが、彼の本心を知る形で和解し、彼の相棒であるボーンレス(音が鳴る鳥のゴム製のおもちゃ)をプレゼントしてもらうなどの親交を深めた。なお、このボーンレスはシーズン4終盤で重要な役割を果たすことになる。その後もチーズのおもちゃ工業に対してアドバイスをしたりするなど交流は続いており、S9E26の未来の世界では最終的に彼と結婚しており、子供であるリル・チーズを授かっている。


「ピンカミーナ」

落ち込むとたてがみのパーマがしぼみ始め、完全に落ち込むと(下の図のように)髪型がストレートになり、(本アニメの対象年齢的に)随分危なく病む。

鬱 ピンキーパイ

(逆にテンションが高いと普段のパーマになり、この時にストレートにしても、勝手にパーマになる。水を被ったりした際にもこの姿になることがあるが、特に病んだりはしない)


暗い性格だった幼少時はこのストレートヘアだった事、幼少時は両親から本名で呼ばれていた事にちなみ、

ファンの間では、『ピンカミーナ(Pinkamena)』はただの「ピンキーの本名」ではなく、

「病んだ状態のピンキー」を指す言葉として良く使われる。


この状態に初めてなったのはシーズン1の25話で、それ以降も何度かこの状態になったりなりかけたりしている。S8では病みというよりも自身の楽器の演奏がうるさいと苦情を入れられて鬱になる形でこの状態になった。この時は体の色も灰色になり、全体的に気怠げかつ無気力な状態で、ヤクの集落でアイスをむさぼる下町の飲んだくれ親父のような状態になってしまっていた。

TwitterまとめPinkamena upset to the pipe


エクエストリアガールズ

公式擬人化作品であるエクエストリアガールズにも当然出演している。なお、他のキャラ同様並行世界における別人であるため、Fim本編のピンキーとはあくまで別人。こちらではカフェでバイトをしている模様。こちらの世界でもハイテンションさとパーティー好きは健在。


二次創作におけるPinkie Pie

S1E25での病みっぷりのインパクトがあまりに強かったため、

どうしても目立ってしまうのは『Pinkamena Diane Pie(ピンカミーナ,Pinkamena,ピンカメナ)』系の創作物。

Pinkamena

軽くやさぐれている程度のものから、『Cupcakes(あるfanficから流行した猟奇パロシリーズ)』系のグロ系イラストまで幅広く存在するため、苦手な人は「R-18G」をマイナス検索に指定する事をオススメする。

犠牲になるのは大体いつもレインボーダッシュが多い。


ピンカミーナ時のあまりの病みっぷりから、多重人格説まで浮上しており、時にはピンキーから独立したキャラのように扱われている事も。

逆に普段の異常なテンションを「薬でもキメてるんじゃないか」とネタにされる事もある。


とは言え、そういった病み要素を抜いても安定した人気を得ており、可愛く描かれたイラストも多い。

民族衣装ピンキーWelcome to JAPAN あと32日センシティブな作品

↓の左のタキシードとドレス、右のドレスは本編でも着用したもの。

好きなピンキーコスチューム。【ふぁーすと5】MLPシール絵


他にもメタ表現を前面に押し出したイラストが多く、漫画の枠を蹴っ飛ばしたり、「第四の壁」を破って枠外にいることも少なくない。

クロスオーバー物ではアメコミ(MARVEL)キャラのデッドプールとよくつるんでいることがある。

これは同じメタ発言キャラ繋がりであるのと、S2E14の台詞で飛び出した「チェリー・チャンガ」の元になったメキシコ料理「チミチャンガ」がデッドプールの好物だったため。

同じ局で放映中だったTFPメガトロンと歌で共演するという公式MADな放送局(The Hubチャンネル)のCMに出演した実績(?)もあって、あえて世界観を無視したネタ絵や他作品パロには定評のあるキャラである。


Are you ready for Summer?名探偵Pinkie - フレンドシップ急行の殺馬


また、髪型と髪色が同じ、ペット(スタンド)が緑色など共通点が多い事からジョジョの奇妙な冒険花京院典明と一緒に描かれたりピンキーが花京院のパロディをするイラストもある。

これは前髪じゃない、手だ!! そうかなおそろいの前髪

「我が名は、花京院ポニ明ッ!!」


余談

原作者によるキャラクターデザインの過程で誕生した、ピンキーパイの前身であるG4版サプライズは、他のG4版G1ポニーと違い、ピンキーパイの人気もあってか没キャラにもかかわらず海外には多くのファンアートが存在する。

黄色のたてがみと白い翼を持った名無しのワンダーボルト隊員がその没キャラであるという二次設定もあったが、これは2013年に出版された公式ガイドブックで公式設定となった。

なお、外見はピンキーに羽が生え体色が変化しただけでキューティーマークは一緒である。



カメオ出演?

第四の壁をぶち壊すことで有名なピンキーパイ、実は現実世界の映画にも登場している。

それが、『テッド2』である。

社長室に等身大のピンキーパイ人形が鎮座しているほか、コミコンの乱闘シーンでは打撃武器として扱われた。(バックのショーケースはRainbow Rocksとマイリトルポニーが展示されていたが吹っ飛ばされた先でガラスが割れ、MLPの看板がずり落ちてしまった。)

現実世界でもハチャメチャなピンキーであった...


関連イラスト

めっちゃ近いピンキーパイCandy Rush!Pinky Pie


関連タグ

マイリトルポニー


ゴールドシップ(ウマ娘):やりたい放題な馬キャラの後輩。そのハジケっぷりはピンキーに劣らず。






※ここから先ネタバレ注意










G5の世界では死亡キャラになっている。

関連記事

親記事

mane6 めいんしっくす

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3994149

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました