ピクシブ百科事典

遊戯王ZEXAL

ゆうぎおうぜある

遊☆戯☆王ZEXAL(ゆうぎおうゼアル、ゼクザルではない)は、遊戯王シリーズの第四作目。2011年4月11日から2014年3月23日まで放送された。全146話+番外編1話。
目次[非表示]

概要

遊☆戯☆王ZEXAL(ゆうぎおうゼアル)』とは2011年4月11日(月)からテレビ東京系列で放送が開始された、高橋和希原作『遊☆戯☆王』シリーズの一つである。

遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』から約10年、再びゴールデンタイムでの放送となった。
第74話からは放送時間帯が19時30分から日曜17時30分へ変更になり、同時にタイトルも『遊☆戯☆王ZEXALⅡ(セカンド)』に改められた。

なお『遊戯王GX』、『遊戯王5D's』と同様にメインキャラクターデザインは原作者・高橋和希氏の書き下ろしであり、この作品の代名詞とも言える主人公の名台詞「かっとビング」も氏の造語である。

なお次回作『遊戯王ARC-V』には高橋氏は参加していないため、現状このZEXALが氏の関わる最後の作品となっている。(『THE_DARKSIDE_OF_DIMENSIONS』に参加しているので、厳密に言えば違うが、TVシリーズという意味では最後である。)

ストーリー

近未来の街、ハートランドでは、大人も子供もARデュエルに夢中になっていた。
ARデュエルとは、「D・ゲイザー」と「D・パッド」を使うデュエルで、この2つを使用することにより、地面から、空から、そして建物からモンスターがリアルに飛び出してぶつかり合う、超ド迫力デュエル!

この街で暮らす主人公・九十九遊馬もこのデュエルに夢中だったが、腕前は初心者レベルの連戦連敗チャンピオン。

ある事件がきっかけで、学校一の不良・神代凌牙とデュエルで対決することになった遊馬。
このデュエルが、遊馬の運命を大きく変えることとなる…!

この激闘の中、いつも遊馬の夢に出てくる不気味な扉が突然現れる。
固く閉ざされていた扉が解放された瞬間、無数の光が溢れ出し、ハッと隣を見上げると…そこには異世界から来た謎の生命体・アストラルが立っていた!

アストラルの失われた記憶、99枚のナンバーズ・カードを取り戻すため、2人は行動を共にすることに。

アストラルが現れた本当の目的とは?
そしえ新たなモンスター「ナンバーズ・モンスター」の存在とはいったい何なのか?
続々と遊馬の前に現れる強力なライバル、そして明らかになっていくアストラルの謎。

このコンビによる新たなデュエル伝説が今、幕を開ける!!(公式HPより引用)

登場キャラクター

※人物名(声優)

主要キャラクター

九十九遊馬(畠中祐) ※幼少期(伊藤実華)  主人公・口癖は「かっとビング
アストラル(入野自由)  謎の生命体 デュエルの天才

ナンバーズクラブ

観月小鳥(小松未可子)  遊馬の幼馴染。
武田鉄男(嶋田真) ※幼少期(知桐京子)  遊馬の友人。
等々力孝(村田太志) トドのつまり遊馬のクラスの委員長。
表裏徳之助(金田アキ) URA野郎ウラ。
キャッシー(小林ゆう) 遊馬に恋心を寄せる猫娘。
真月零(日野聡) 遊馬を慕う謎の転校生。「良かれと思って」が口癖。実は……

ライバル

神代凌牙(増田俊樹)  「シャーク」の異名を持つ遊馬のライバル。
天城カイト(内山昂輝) ナンバーズハンター。ナンバーズカードを狙う。

九十九家

九十九明里(宮原永海)  遊馬の姉・在宅記者
九十九春(谷育子)  遊馬の祖母・デュエル飯をつくってくれる
九十九一馬(三上市朗) 遊馬の父。世界の果てを目指す探検家。遊馬に皇の鍵を渡した。
九十九未来(宮島依里) 遊馬の母。
オボミ(オボミーナ・シャイニング・ロマノフ)☆ (三瓶由布子) 女性のオボット。遊馬に助けられ仲間となる。

Dr.フェイカー一派

Dr.フェイカーの科学力と権力を背景にナンバーズを次々と集める。
アストラル世界を滅亡直前まで追い込むが、Dr.フェイカーが改心しその後は遊馬たちに協力する。
Dr.フェイカー(小川真司) カイトの父でハートランドシティの創造主。
Mr.ハートランド(小杉十郎太) フェイカーの直属の部下。Ⅱではバリアン配下に。
ゴーシュ(四宮豪) Mr.ハートランドの部下その1。「ノリ」が口癖。
ドロワ(深水由美) Mr.ハートランドの部下その2。冷静な性格。
天城ハルト(三瓶由布子) カイトの弟。人格破綻しており、人の悲鳴のみを欲する。
オービタル7 (前野智昭) カイトの付き人ロボット。

トロン一家

Dr.フェイカーへの復讐に燃えるバイロン・アークライトとその家族。
その野望はフェイカーに届くことなく潰え、その後は遊馬たちに協力する。
トロン(國立幸)  トロン一家家長。フェイカーに裏切られ子供の姿になった。
(山本匠馬)  トロン一家の長男。
(細谷佳正)  トロン一家次兄。極東デュエルチャンピオン。
(池田恭祐)  トロン一家三男。オーパーツを好む中性的な少年。

バリアン世界

アストラル世界と並ぶもう一つの異世界。高次元の能力を持つ精神世界で全体的に赤い。
アストラル世界と敵対し、それと同時にナンバーズ回収の為に人間世界にも攻勢にでている。
ドン・サウザンド(壤晴彦???) バリアン世界の神。ベクターの心臓と同化していてベクターをこき使う。
ドルベ(平川大輔) バリアン七皇のリーダー格。ギラグ、アリト、ミザエルを人間界に差し向けた。
ギラグ(高口公介) ナンバーズを強奪するべく、バリアン世界からやってきた謎の男。
アリト(比上孝浩) ギラグに続くバリアン世界からの刺客その2。
ミザエル(大河元気) 七皇の1人。3人目の刺客であり、第2の「銀河眼」使い。
ベクター(???) 七皇の一人で、Dr.フェイカーやトロンを利用し、ナンバーズを集めさせていた。
メラグ(???) ナッシュとともに忽然と姿を消した、ナッシュの実の妹。
ナッシュ(???)ドルベが頼りにし、探しているバリアン。かつての七皇のリーダー。

アストラル世界

ランクアップした魂のみが行くことができるとされる、青を基調とした精神世界。
バリアン世界と敵対しており、Dr.フェイカーによる人間世界からの攻撃を受け、アストラルを送り込んだ。
エリファス(浜田賢二) アストラル世界の代表で、ランクアップ至上主義者。カオスの力に汚されたアストラルの記憶を消去しようとする。
・エナ(合田絵利) アストラル世界の住人の1人。アストラル世界の救済を遊馬に頼む。

闇デュエル界の四悪人

Mrハートランドと共にバリアン世界に与し、遊馬たちの刺客として人間世界に送り込まれる。
4人で悪事を働いていたようだが、詳細は不明。
蝉丸(松田健一郎) セミの怪人の様な姿へ変化し、人間の記憶を奪う能力を持つ。
クラゲ先輩(安原義人) クラゲの怪人の様な姿へ変化し、触手から毒を相手に注入する能力を持つ。
蚊忍者(矢部雅史) ハートランドと共に『害虫ブラザーズ』として名を馳せた四悪人の一人。

準レギュラーキャラ、ゲストキャラなど

ハートランド学園

北野右京 (前野智昭) 遊馬の中学校の数学教師。
セイ(大室佳奈) 小鳥の友人。青髪の子。
サチ(石嶋久仁子) 小鳥の友人その2。茶髪ロングの子。
神代璃緒(潘めぐみ) 凌牙の双子の妹。
花添愛華(南里侑香) 華道部の部長。

デュエル庵

・六十朗(赤星昇一郎) 修行寺「決闘庵」の主・遊馬の祖母と仲が良い。
・闇川(山本匠馬) 六十朗の弟子。

その他

神月アンナ(持月玲依) 遊馬のかつてのクラスメイト。
奥平風也(井口祐一) エスパー・ロビンの中の人。
陸王(桐井大介) 不良兄弟の兄。
海王(福田賢二) 不良兄弟の弟。
ジン(成田剣) 怪しげな占い師。
片桐大介(宮野真守) プロデュエリスト。「エンジョイデュエル」を信条とするが…。
蝶野さなぎ(宝木久美) デュエルアイドル。

呼称表

が\に遊馬アストラル凌牙カイト小鳥
遊馬アストラルシャークカイト小鳥
アストラル遊馬シャークカイト小鳥
凌牙遊馬アストラルカイト小鳥
カイト遊馬アストラル凌牙小鳥
小鳥遊馬アストラルシャークカイト


主題歌

OP

「マスターピース」(1話-25話)
作詞 - Maki Nagayama & mitsuyuki miyake
作曲 - HIKARI、hiroto suzuki & mitsuyuki miyake
編曲 - HIKARI 歌 - mihimaru GT

「BRAVING!」(26話-49話)
作曲・編曲 - su-kei 作詞・歌 - KANAN

「魂ドライブ」(50話-73話)
作詞 - 竹森マサユキ 作曲 - カラーボトル&赤堀真之
編曲 - 赤堀真之 歌 - カラーボトル

「折れないハート」(74話(Ⅱ1話)-98話)
作詞・作曲 - 高取ヒデアキ 編曲 - 籠島裕昌 歌 - 高取ヒデアキ

「鏡のデュアル・イズム」(99話(Ⅱ26話)-123話)
作詞 - 只野菜摘 作曲 - 増谷賢 編曲 - 佐藤清善 歌 - petit_milady

「Wonder Wings」(第124話(Ⅱ51話)-146話(Ⅱ73話))
作詞 ‐ 藤林聖子 編曲 ‐ 土肥真生 作曲・歌 ‐ ダイアモンド☆ユカイ

ED

僕クエスト」(1話-25話)
作詞・作曲 - 鬼龍院 翔 歌 - ゴールデンボンバー
歌詞の一節最近アニメが面白いが話題を呼んだ。

「切望のフリージア」(26話-49話)
作詞 - 夕霧 作曲 - 風弥~Kazami~ 編曲 - DaizyStripper/Sinri 歌 - DaizyStripper

「Wild Child」(50話-73話)
作詞 - YUKA 作曲 - 編曲:K.MASAKI 歌 - moumoon

「アーティスト」(74話-98話)
作詞 - 智 作曲 - 瑠伊 編曲・歌 - vistlip

「GO WAY GO WAY」(99話-123話)
作詞 - 渡會将士 作曲 - 竹尾典明 編曲・歌 - FoZZtone

「Challenge the GAME」(124話-146話)
作詞 - 石川聡 作曲 - 石川聡、杉原亮 歌 - REDMAN

漫画版ZEXAL

遊戯王ZEXAL

2011年Vジャンプ2月号から漫画連載が開始された。単行本は全9巻。
原作・監修:スタジオ・ダイス、ストーリー:吉田伸、漫画:三好直人

アニメとキャラ設定はほぼ同じであるが、カイトとの初デュエル以降はオリジナルのストーリーが展開し、漫画オリジナルのナンバーズハンターやナンバーズが登場している。
詳しくは漫画版ZEXALを参照。

遊戯王D(デュエル)チーム・ゼアル

2012年最強ジャンプ5月号から漫画連載が開始された。単行本は未発売。
原案・監修:高橋和希、漫画:友永晃浩、協力:ウェッジホールディングス

主な登場人物は遊馬、アストラル、ナンバーズクラブのメンバー。上の漫画版やアニメとは異なり、遊馬や登場人物は実際のOCGのカードを使用したデュエルを行っている。(実際のOCGカードの画像が使用されている。カード効果のテキストなどもOCG準拠)そのためか

・ナンバーズは普通のカードで、普通のモンスターで戦闘破壊可能。
・ナンバーズ所有者とのデュエルで遊馬が敗北してもアストラルは消滅しない。
・本編にてシャイニングドローで創造されたZWはこちらでは普通のカード。

など、世界観、設定は上の漫画やアニメと大きく異なる。

関連イラスト

最近アニメが
42


バトンタッチ
一周年おめでとう



ARC-Vにて

遊戯王ARC-Vに「エクシーズ次元」が登場しており、その次元がZEXALの主な舞台「ハートランドシティ」と酷似している。
街の外観もARC-Vの「ハートランド」とほぼ同じである。

後に「エクシーズ次元編」で、カイト本人も登場した。
また、神月アレン神月アンナと名前や使用デッキが酷似している。

余談

よく間違われるが、呼び方はゼクザルは間違い。

元々遊戯王のキャラクターは髪型が突飛抜けてるが、このシリーズのキャラクター達は歴代でも一番突飛抜けてるキャラクターが多いと一部で言われている。

関連タグ

遊戯王 遊戯王OCG 遊戯王DM 遊戯王GX 遊戯王5D's 遊戯王ZEXALⅡ(セカンド) 
遊戯王ARC-V 漫画版ZEXAL 遊戯王5DX  遊戯王5DXAL

ナンバーズ(遊戯王) エクシーズモンスター 遊戯王OCGの種族一覧 遊戯王OCGの特殊カテゴリー一覧

遊戯王100users入り 遊戯王ZEXAL100users入り
遊戯王ZEXAL小説10users入り 遊戯王ZEXAL小説50users入り 遊戯王ZEXAL小説100users入り

遊戯王ZEXAL女性向け - 腐向け用タグ。必ず区別をつけよう!

エクシーズ次元←ARC-Vに登場する世界観が似ている世界

他の記事言語

Yu-Gi-Oh! Zexal

pixivに投稿された作品 pixivで「遊戯王ZEXAL」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 45369156

コメント