ピクシブ百科事典

ぶい

『遊戯王ZEXAL』の登場人物。三兄弟の長男。
目次[非表示]

一般的な数字としての「5」とアルファベットの「V」 については、当該記事を参照。

(ブイ)は『遊戯王ZEXAL』の登場人物である。
声優は山本匠馬

概要

トロン一家」の長男の兄に当たる。かつてはDr.フェイカーの助手を務めていたが、とある理由からDr.フェイカーに復讐を誓った。
読みは「ブイ」であって「ファイブ」ではない。正しい表記はアルファベットの「V」ではなく、5を変換した時に出るローマ数字の「Ⅴ」である。

歴代遊戯王シリーズの中でも稀有な正統派イケメンキャラ。遊戯王シリーズはおろか他の作品でも中々見られない、地面に着くか着かないかまで伸びている銀髪ロングの持ち主。
ゲーム版の人物紹介によると、その美形さから町を歩けば視線を無意識に感じる程で、またピアノが弾けるなどデュエル以外でも多才である。ちなみに裏切られた現在もDr.フェイカーに対しては敬語で話す。

TVアニメ41話でアストラルが『身長185cm、体重70kg前後、青い瞳』と言っていることから、彼の公式設定は身長185cm、体重70kg前後であると思われる。また、TVアニメ50話で委員長の双眼鏡と思しき物に映されたデータによると20歳である事がわかる。
トロンへの忠誠心は非常に高く、トロンへの非礼に憤る場面も見られている。
実弟いわく、「兄貴は俺よりえげつない」らしい。

本名はクリストファー・アークライト。父であるバイロン・アークライトと共にDr.フェイカーの助手を務めていた。
また、カイトのデュエルの師匠でもある。
しかし、異世界の扉の調査中にバイロンと一馬が失踪。後にバイロンがトロンとして戻ってきたことでDr.フェイカーが全ての元凶であることを知り、トロンの復讐に協力するためにフェイカーの下を去り、敵対することとなる。フェイカーの息子であるカイトとハルトも憎悪の対象としていたが、内心は彼らに自分の兄弟の面影を重ね、本当の兄弟のように思っていたようである。

WDC決勝大会では「奈落の~」と名の付くバーンカードで敵をあしらい、モンスターの召喚はしなかった。途中一度だけモンスターを出そうとしたが、トロンに止められている。
その後、スペースフィールドでカイトと対決。カイトの手の内を知り尽くしたデュエルで追い詰めるが、唯一、Ⅴが存在を知らなかったカード「未来への思い」の効果によって超銀河眼の光子龍を呼び出されてしまい、敗北。
最終的には紋章の力を失い、Ⅲ同様に昏睡状態となる。出番が来るまでにずいぶん長かった割にはあっけない幕切れであった。
その後、遊馬がトロンを倒し、トロンが今まで奪った魂を解放したことで弟共々生還する。

感情的になりやすい弟たちと異なって沈着冷静な青年であり、後述のネタ扱いはともかくまともな人物だと思われていたが、WDC決勝トーナメント中遊馬から予期せぬダメージを受けた際にブチ切れかけていたので、上記の通りえげつない人でひょっとしたらかなり危ない人物の可能性を疑われていた。

と、思ったら三兄弟揃ってZEXALⅡにて再登場。
ハートランド郊外の沖に潜伏させていた潜水艦から、何らかの目的を持って遊馬達を観察しており、遊馬がMr.ハートランドの罠にはまりかけた時にを送り込んで助太刀を行った。また、ハートランドの放った虫を寄せ付けなくするバリアー装置や、紋章の力をノーリスクで使えるようになるブレスレット等も開発し、弟を影からサポートしていた。

兄キャラらしく弟や弟子のカイトそして遊馬にも基本的には優しく接しているが、回想シーンでカイトと一週間不眠不休デュエルというむちゃくちゃな実験をしているなど、デュエルに関しては弟の発言通りえげつない事も判明した。
弟Ⅲとともに遊馬の追っ手を防ぐためまたヌメロンコードを引き出すため、月に行こうとするカイトを送るためミザエルと戦うも敗北し死亡扱いになってしまう。

後に復活した時にもヌメロンコード発動の際に一番大きく描かれていたり、遊馬とアストラルのデュエルの際にも解説として他キャラよりやや優遇されていた。

最終回では天城家とトロン家で共同で異世界の研究をすることになり、父トロンやフェイカーとともにカイトやハルトを見守っていた。
そして最後に「今こそ私たちが動く時!!」と、一期での受動的な行動から一転ノリノリで家族と空を飛んでいた。

使用モンスターは惑星探査車や太陽帆船など、宇宙に関連した機械族モンスター主体のデッキ。兄弟と違い、特定のカテゴリのモンスターは使用していない。所有ナンバーズはNo.9天蓋星ダイソン・スフィア。規格外の大きさを持つモンスターで、劇中に登場しているNo.の中では最大の大きさだと思われる。(ダイソン球とは恒星をカバーのように覆うことで、星の発するエネルギーを宇宙空間に拡散させず利用するための構造物であるため、最低でも太陽を覆い尽くすサイズであるのは間違いない)
後期では彼が開発した魔法カード「RUM-アージェント・カオス・フォース」を兄弟と共に使い、彼はCNo.9天蓋妖星カオス・ダイソン・スフィアを使用した。

ネット界隈でのⅤ兄様の扱い

初登場時に自ら動くことを拒否した台詞を発し、その後しばらくデュエル描写が一切なかったせいで「ニート」と呼ばれ罵られている。
51話にて全員参加型のデュエルコースターに参加したときも、積極的にライバルを蹴落とすⅣやシャークと違い、「今はライフを温存すべき」としてやはり進んでデュエルはしなかった。(近づいてきた対戦相手はバーンカードで容赦なくワンキルしていたが)
(実際は上記の通りナンバーズに関わる前から天城家の元に就いており、バリアン戦にそなえ兄弟のためにサポートし、エピローグでもフェイカーの元で研究に復帰している)

また、TVアニメ40話のBパート最後で天城カイトの弟である天城ハルトを連れ去ったことから、「誘拐犯」「ショタコン」といった不名誉な愛称までつけられ(これも地位の高い人の息子のためか「ハルト様」呼ばわりしている)、51話ではデュエルコースターの魔法カードゾーンで「治療の神ディアン・ケト」を引いたが為に「熟女好き」「BBA趣味」と新たな愛称がつけられた。
そのため、しばしばネタキャラとして扱われていることが多い。
しかし、PIXIV内での彼のイラストの量はどうやら彼の登場量に比例しているようだ。

関連イラスト

Ⅴ兄様
orz


みつあみが美しすぎて
ⅢⅣⅤ


私のネタ絵を描く者は地獄の業火に包まれる

笑 止


銀髪ロング・長身・控えめな性格など、前述の通り遊戯王シリーズの中で屈指のイケメンキャラではあるが、ファンサービス色の強いや、ぱっと見では男の娘に見えるに比べると、ネタ要素など控えめなのに上記故にネタキャラとして描かれていることが多い。悔しいでしょうねぇ

関連タグ

遊戯王ZEXAL トロン一家  

財前晃遊戯王VRAINSにおける中の人繋がり。

pixivに投稿された作品 pixivで「Ⅴ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2064201

コメント