ピクシブ百科事典

Mr.ハートランド

みすたーはーとらんど

「遊戯王ZEXAL」の登場人物。
目次[非表示]

担当声優は小杉十郎太

概要

Dr.フェイカーの直属の部下であり、天城カイトをナンバーズハンターとしてこき使う。

WDC終了後、遊馬ハルトを助けに来たカイトや凌牙の前に立ち塞がるが、オービタル7の活躍で乗り物が壊れ、アストラル世界に向けられていたスフィア・フィールド砲の発射台へと落下し生死不明となる。底知れない雰囲気とは裏腹にアニメ史上稀に見る呆気ない最期であった。

口癖は「Fantastic!(ファンタスティック)」

そして遊戯王ZEXALⅡでも、満を持して復活! どうやら落下した後に、バリアン世界に引きずり込まれ、ベクターの手によって再び蘇ったのだった。
そして、復活した条件として、バリアン達にナンバーズの情報を提供した。
……復活したのはいいが、なぜかハエの姿にされてしまっている。どうしてこうなった

Mr.ハートランド様ご生還でございます!!!!!!!!!!!!!



その後、第112話でベクターに呼び寄せられた後は、バリアンの力を注ぎ込まれると再び人間の姿を得る事になったのだが……
ベクターが良かれと思ってか、日曜の夕方におっさんの素っ裸を披露して復活させると言うファンタスティックなファンサービスを行ってくれた。

112話感想


しかし、ファンタスティックなハートランドは自分の腕やベクターの翼などで見せない構図をファンタスティックに行い、ファンタスティックに白タキシードに早着替えしたので某所からン熱血指導ゥ!!が来る前に事なきを得た……はずである。
その後、No.1と部下として蝉丸他2名を与えられ、遊馬からナンバーズを奪うように命令され再び人間界に現れたのだ。
尚、この際発せられた蝉丸の言葉から察するに、Dr.フェイカーに出会う前は彼は闇デュエル界の四悪人の1人として君臨していたデュエリストであった模様である。

カイトやゴーシュ、ドロワなど目下の人間には過酷な戦闘を課したりと割とやりたい放題やっている。一方Dr.フェイカーやベクターなど目上相手にはあからさまに媚びてヨイショ気味。中々露骨な人柄である。

漫画版

Dr.フェイカーの側近を装っていたが、実際には病死したDr.フェイカーの研究利益を横取りしようとしていた詐欺師。
彼個人に権力や求心力はないようで、Dr.フェイカーが生きていると見せかけ、その権威によって部下たちを動かしていた。
またアニメ版と違い本物のナンバーズを所持しており、作中でNo.82ハートランドラコNo.52ダイヤモンド・クラブ・キングを使用した。

関連タグ

遊戯王ZEXAL

pixivに投稿された作品 pixivで「Mr.ハートランド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 148472

コメント