ピクシブ百科事典

クラゲ先輩

くらげせんぱい

クラゲ先輩とは、遊戯王ZEXALⅡに登場する偉大なる先輩である。

概要

CV:安原義人
かつてMr.ハートランドらと共に「闇デュエル界の4悪人」と呼ばれたデュエリストの一人。
ベクターがハートランドに託したナンバーズを所持している。
流石にクラゲ先輩が本名ということはないだろうが、EDクレジットにもしっかり「クラゲ先輩」と書かれている。凌牙やⅣからは「クラゲ野郎」と呼ばれている。

普段はつば付きの帽子を被ったウェーブがかった髪の男の姿をしているが、正体を現すとクラゲ型の怪人に姿を変える。身体から無数の触手を伸ばし、その触手を人間の首元にさすことで毒を注入することができる能力を持つ。

やたらと年功序列にこだわり、「お前どこ中だコラ」など一昔前のヤンキーのような独特な口調で喋る。ハートランド曰く「水属性デッキ使いとしては最強」であるらしく、水属性最強を自称している神代凌牙とその妹である神代璃緒をターゲットとし、兄妹に毒を注入する(ちなみに凌牙は水属性最強を自称したことは一度もなく、ハートランドがクラゲ先輩を煽るために誇張したものと思われる)。その状態で凌牙にデュエルを挑み、凌牙のナンバーズを奪おうとするがそこにが乱入。「後輩は先輩を立てるモンだ」という先輩ルールによって凌牙とⅣが初期ライフ2000、クラゲ先輩が初期ライフ8000スタートの2体1の変則タッグデュエルを挑む。
ステルス・クラーゲンの分裂効果と水属性に対するメタ効果によって凌牙とⅣを追い詰めるが、最後は凌牙とⅣのコンビネーションの前に敗北する。

ナンバーズはⅣによって回収され、そのまま退場・・・かと思いきやその直後、実は凌牙と璃緒が両親を失った交通事故の加害者であったことが彼の口から話される。曰く、その時家族は全員死んで生き残りはいなかったはずだといい、凌牙がその言葉の真偽をを確かめる間もなく、錯乱しながら消滅した。

使用するデッキはクラゲをモチーフにしたモンスターを使用する水属性デッキ。また、水属性モンスターへのメタ効果を持つカードを多く使用しており、水属性最強と言われる所以はここにあるようである。エースモンスターは「偉大なる先輩」こと《No.4猛毒刺胞ステルス・クラーゲン》。

ZEXALの登場人物の中でも一際濃いキャラであるⅣの再登場回であったにもかかわらず、そのⅣに負けず劣らずのキャラの濃さで視聴者にクラゲ最強伝説を刻み付けたある意味恐ろしい敵である。その上蝉丸同様の噛ませキャラかと思いきや、凌牙の過去に関わっているという予想以上に重要なポジションにいるキャラであった。
ちなみに、クラゲは何億年もの昔からその存在が確認されている生物であり、人間はおろか様々な生物の先輩と言える存在である。
また、彼を演じている安原義人氏は70年代から声優・俳優として活動している大ベテランであり、遊戯王の登場人物を演じている声優の殆どにとって先輩にあたる人物である。劇中での傲岸不遜な態度もこれらを踏まえればわからないこともない・・・かもしれない。

なお、原作の遊戯王でクラゲのモンスターを使用したのは梶木漁太であり、「海の月と書いてクラゲ」と言った。
つまり、彼の名前は海月なのかもしれない。

関連タグ

遊戯王ZEXAL クラゲ Mr.ハートランドメガネを掛けたナース(遊戯王ZEXALⅡ)クラゲ先輩に刺されたナース

pixivに投稿された作品 pixivで「クラゲ先輩」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 150342

コメント