ピクシブ百科事典

バリアン

ばりあん

バリアンとは、アニメ『遊戯王ZEXAL』に登場する異世界の名称、及びそこに所属するものたちの通称である。
目次[非表示]

概要

遊馬たちの住む人間界と、アストラルが住んでいたアストラル世界と並ぶ第3の世界、バリアン世界の住人。理由は不明だがアストラル世界と敵対しており、アストラルと、彼の記憶であるナンバーズを狙っている。

肉体は持たず精神体のみの存在であり、バリアン世界ではマントに仮面をつけた姿をしている。人間界では仮の肉体を用いて活動する必要がある上、スフィアフィールドを用いないと本来の力を発揮することができず、切り札であるカオスエクシーズモンスターも使うことができない。
そのためRUM-バリアンズ・フォースというカードを用いて人間を洗脳して遊馬と戦わせ、ナンバーズを奪おうとしている。しかしギラグの度重なる失敗から一時的にスフィアフィールドを作り出す「バリアンズスフィアキューブ」というアイテムを使用するようになる。
最終的にベクターの罠によって、バリアン世界で遊馬達を迎え撃つことになった。

バリアン世界の存在はオービタル7の動力源「バリアライト」等の存在から示唆されていたが、本格的に登場したのはDr.フェイカーとの決戦時。フェイカーはバリアン世界の使者の一人「ベクター」に操られており、バリアン世界が第1期の黒幕であることが明らかとなった。
そしてフェイカーが倒されたことにより、第2期から本格的に活動を開始する。

最初に登場したのは5人だけであり、それ以外の住人がいるのかは不明であったが、闇デュエル界の4悪人やナッシュ達の臣下達と言った住人達の存在も判明した。
ドルベは一連の戦いをバリアン世界のためと言っており、侵略には深い理由がある模様。

最初に登場したバリアン達は「バリアンの七皇(ななこう)」と呼ばれるバリアン世界を危機から守ろうとしている存在らしい。
しかし現在、なんらかの理由で七人の内二人が行方不明となっている。
また現在登場しているバリアン達の名前は北斗七星を構成する7つの星のラテン語表記に由来しておる。
また、後にこの世界が生まれた当初にはバリアンの神ドン・サウザンドが存在していたが、最近までは深い眠りについていたようである。

正体

バリアン世界の正体とは、かつてアストラル世界がさらなるランクアップのために自ら切り捨てたカオスの力(生きるために必要な欲望全般)そのものである。
その事にドン・サウザンドは激しく憤り、またアストラル世界ももはや異物となったカオスの力を完全に消し去ろうとする対立が現在にまで至る。
そして、バリアンの七皇を始め、バリアン世界に所属するものたちはかつて人間であったが作中の描写を見る限り、どうやら非業の死を遂げた者達が集い転生を果たしているようである。
過去にナッシュとベクターが起こした一連の戦争、特に闇のデュエルで犠牲となった死者達が共にバリアン世界へ向かった事により、それまで小さな存在だったバリアン世界は急速に力を付けたのである。
七皇達はナンバーズが眠る遺跡の伝説の当事者であったという過去を持っており、アリトの容姿やドルベの伝説への知識はこれに由来していると思われる。
本人たちにその記憶はないが、その伝説に触れると何かが心と共鳴するような不思議な感覚に襲われるようだ。

また、ベクターやドン・サウザンド、Mr.ハートランドを始とした闇デュエル界四悪人と言った存在たちばかりがクローズアップされ、悪の世界と見られがちであるが、実際にはナッシュやドルベを始め、バリアン世界存亡のために争ってこそいるが元来は善良な存在も数多く存在しているため、一概にそうとは言い切れない。
(現に、アリトとの再戦時にアストラルは七皇の過去を振り返り、『純粋にして高潔、アストラル世界に転生して然るべき存在』と評価している)
また、更に明かされた衝撃の真実として、過去の闘いでアストラルに破れたドン・サウザントは封印される間際に分身体を残し、七皇達の前世の時代に現れては本人、又は親近者に接触してはバリアン世界の糧、そしてアストラル世界への転生を阻害するために記憶を改竄し、恨みや無念を抱えた復讐者としてバリアン世界へ転生するように仕向けていたのであった。
これが事実だとすれば、ナッシュとベクターが起こした戦争すらもドン・サウザンドに仕組まれていた可能性が高い。

構成員(「バリアンの七皇(ななこう)」


ドルベミザエル
ドルべ
バリアン騎士()
ギラグアリト
ギラグ回良かった!
アリトくん
ベクター真月零
真ノ月
ナッシュ神代凌牙メラグ神代璃緒
ナッシュ
❤

バリアンと遺跡のナンバーズ

遺跡のナンバーズはバリアン七皇の記憶が関わっている。神代兄妹がバリアンであることを思い出させたのもそのカード。また、各バリアン七皇に対応した遺跡のナンバーズとその人のカオスナンバーズを戦わせることでバリアン七皇は本来の記憶を取り戻し、同時にドン・サウザンドの呪いから解放される。

対応するナンバーズと伝承

2014年2現在にドン・サウザンドの呪いが解けたものは☆表記。

ドルベ→No.44 白天馬スカイ・ペガサス

英雄として讃えられ、ある日故郷に帰っていったが彼の部下の騎士が力に溺れ英雄に反逆しようとする。戻ってきた英雄は無抵抗のまま何もできずに倒れたが、英雄の愛馬が立ちはだかる。

ミザエル→No.46 神影龍ドラッグルーオン(☆)

ひとりの勇者と一匹のドラゴンは共に仲間同士で一緒に土地を守っていったが、スパイの祈祷師がドラゴンに「このドラゴンは災いをもたらす」と濡れ衣を着さす。勇者は誤解を解かそうとするが信じてくれない。ついには一緒に自決しようとするが祈祷師の国の兵士によって殺され、その地は滅んでしまう。

ギラグ→No.64 古狸三太夫(☆)

戦国時代、喜楽壮八という武士は戦中にタヌキ(ポン太)を助けた。そのタヌキは恩返しとして影武者になり、彼らの国の軍に大いに貢献してくれた。しかしある日、喜楽壮八はタヌキを解雇させる。軍は負け、タヌキもざまあと最初は思っていたが、後に喜楽壮八の家臣の裏切りを見越して、あえて逃したと知ることとなる。

アリト→No.54 反骨の闘士ライオンハート(☆)

とても強かったある拳闘士がいた。彼には彼の国の王子とライバル関係で、共に絆を築き上げてきた。ある日、コロッセウムで雌雄を決そうとした時、王子の側近は王子の名誉のために拳闘士に濡れ衣を着さす。拳闘士と王子は無実を述べようとしたが拳闘士は処刑されてしまう。

ベクター→No.65 裁断魔人ジャッジ・バスター(☆)

ある島国に王子が生まれた。彼は優しい性格で、死後にはアストラル世界に行かれるのが約束できるほど。また、赤ちゃん時代にはそのナンバーズが宿っていた。
しかし、彼の父親は残虐な王様で、隣国と仲良くすることは好まず侵略しようとしていた。そんな父親は純粋な王子を殺そうとするが母親がかばい死亡。直後に父親も病死してしまう。
その王子は父親譲りの残虐性で、片っ端から処刑していった。後に彼も自らの命を絶つこととなる。

ナッシュ→No.73 激瀧神アビス・スプラッシュ

ある日、ナッシュ王の軍とベクター軍が戦っていた。ベクター軍は神を召喚、ナッシュ軍はピンチになってしまう。すると妹が浄化させるために海に身を投げてしまう。彼女は命を落とし、復習を誓った彼は親友のドルベや、道中に会った、妹そっくりな少女「イリス」とともにベクター軍に向かう。ベクターと「闇のゲーム・デュエルモンスターズ」を行い、見事にベクターに勝ったが、そこには倒れた自軍の兵士やイリスがいた。

メラグ→No.94 極氷姫クリスタル・ゼロ

ナッシュとほぼ同じ。彼女が海に身を投げた時このカードが現れた。

余談


元ネタは「七つの大罪」という説も有力らしいが、真相は不明。

ナッシュ・・強欲

人間体である神代凌牙が「シャーク」と呼ばれていた(シャークトレードという
言葉から)、当初の「大事なものを奪う」というのが由来。

メラグ ・・色欲


ドルべ ・・傲慢

彼が操る光天使のモチーフが「王」関連な事が由来。傲慢=ルシファー
堕天使の「王」と呼ばれており、Xモンスターが金色なのもうなづける。また、彼は当初
人間を見下していたのも理由。

ベクター・・嫉妬

当初の彼はトロン一家に目を付けており、その絆をも崩壊させた。これは前世の悲劇から
きていたというもの。また、遊馬を騙しアストラルに疑念を抱かせたのは、アダムとイヴ
の楽園追放の元ネタであるという説も。

アリト ・・怠惰

任務を忘れて恋愛に勤しんだり、恋愛対象が変わるなどが由来。この大罪に位置する悪魔が元は
性愛を司とっていた事からも来ている。また、彼はカウンター戦法が得意という事も由来。

ギラグ ・・暴食

なぜか大食いだったり、精霊を丸呑みしたりしていた事が理由。この大罪に位置するモロク
は可愛いもの、小動物が好きで、ギラグ自体もそれを連想させる発言をしていた。

ミザエル・・憤怒

辛酸をなめる度に憤怒していたため。また、この大罪に位置する幻獣がドラゴンであり、前世の
彼がギリシャ風の容姿なのは、位置する悪魔が元はギリシャ神話の女神であったため。


関連イラスト

我ら、バリアン七皇



関連タグ

遊戯王ZEXAL アストラル(遊戯王) Dr.フェイカー トロン一家
ドン・サウザンド

pixivに投稿された作品 pixivで「バリアン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1564292

コメント