ピクシブ百科事典

儀式の人

ぎしきのひと

「儀式の人」とはニコニコ動画にMGSシリーズのプレイ動画をアップロードしているユーザー。
目次[非表示]

人物概要

ID名は「走るダンボール箱」。MGSPW以降の動画投稿は新ID「VIC_SARU」を使用している。
プレイヤーとしてトップクラスの腕前を持ち、敵兵士を手玉に取る「ネタプレイ」に定評がある。編集で小ネタを仕込んだり、カットした無線音声を背景で流したりと、視聴者を楽しませる工夫も怠らない。
MGS3のプレイ動画中で、面妖な仮面を被り、トーチを用いて踊る姿を見せ、それがまるで焔の精霊を召喚する儀式であるかの如く見えた為、視聴者からは畏怖の念を込めて「儀式の人」と呼ばれている。かの小島監督もその動画は巡回済みらしく、公式番組で触れていたことがある(間違えて「葬式の人」と言っていた。言われた本人は「コジプロの方でも知っているとは思わなかった」「新しいあだ名が増えて嬉しい」とコメントしている)。

『舞』

上記の通り、「儀式の人」という名前は動画中で見せる演舞のような動作に由来している。
具体的には「右手に松明を持ち、壁にもたれてしゃがみながら松明を左右に振り回す動き」
オプションとして、猿の仮面ワニのかぶり物を装着したり、上着を脱いで半裸になったりすることもある。

/鍛え~抜こうランララン\


また、松明を振り回しながら高速回転したり、奇妙なステップでゆっくり歩きながら松明を上下させたりする動きも「儀式」と呼ばれる事がある。

儀式三大秘術

儀式の人がよく使うテクニックの通称。タグとしてつけられる場合も多い。

仮死焼く

仮死薬と松明を併用するプレイ。松明を点火している状態で仮死薬を使用し、倒れたスネークに気づいて確認のため近寄ってきた敵兵を焼き殺す。さらにその異常に気づいて近寄ってきた敵兵も連鎖的に焼かれてしまう(すぐそばに味方の焼死体が転がっていても)。ザ・フィアーに対しても有効。
他にも、桟橋や足場の下に潜り込み、松明を掲げて焼き殺す、通称『床下暖房』という亜種も存在する。

エロイモア

エロ本とクレイモアを組み合わせたトラップ。エロ本とクレイモアを隣接して設置しておき、エロ本に釣られてきた敵兵を爆殺する。ホモのライコフや科学者、メンテナンスクルーはエロ本に反応しないため効果がない。
他にも、自身の睡魔を利用してクレイモアを爆発させ、他のトラップと連動させて敵兵をぶっ飛ばすネムイモアや、火力支援要請を利用するという亜種も存在する。

マシン・ナガン

モシン・ナガンを高速連射するテクニック。MGS3では発砲の瞬間にクイックリロードの操作をすると、ボルトアクションの隙がなくなり高速連射が可能になる。さらに装填もされるため弾切れしない限り撃ち続けることができる。弾数無限なら、文字通り無限に連射を続けられる。

その他用語

儀式三大秘術ほどではないが、儀式の人を語る上で欠かせない要素。

後方支援

動画内の敵兵達は、何故か敵であるスネークに後方支援を任せる傾向がある。

山猫部隊

オセロット配下のエリート部隊……のはずだが、儀式の人が絡むと何故か視覚と聴覚が凄まじく衰え、スネークが目の前にいるにも拘わらず素通りし、あろう事か全然隠れていない状態を至近距離で見ても「気のせいか」「何もない」とスルーするという無能ぶりを見せる。挙げ句の果てにはスネークと仲良く会話したり、協力しあったりする場面もある。
誰が呼んだか『馬鹿猫部隊』

一応フォローすると、儀式の人の手にかかれば全ての敵兵が無能と化す。中には監視カメラやクレイモアなどといった無機物までも及ぶ。

火力支援要請

通称メテオ
敵兵を尋問すると入手できる無線番号。この番号にかけると、現在いるエリア一帯を爆撃させる事ができる。一度使うと破棄されて二度と使えなくなる。
まさか敵も、味方から爆撃されるなど夢にも思わないだろう。
なお、素直に番号を話せば気絶ないし無力化だけで済むが、最後まで喋らなかった兵隊には『死』が待っている。ただし、喋っても気分次第で殺される。
警戒解除要請の無線番号も存在するが、火力支援より使用頻度が少ない。

サンタ・リアリティ・ショック

『戦場のメリークリスマス』シリーズで見られる。
赤い服を着た男を目視した人間は、遺伝子に刻まれた子供心によって急激に睡魔が襲い、眠りにつく。
なお、なかなか寝ようとしなかったり、サンタさんに欲しいものを答えなかった兵隊には、永遠の眠りがプレゼントされる。

事故紹介

コブラ部隊の面々が名乗りと同時に自爆する現象。
ジ・エンドに至っては、ボニゾヴィエ倉庫にて儀式の人の狙撃によって暗殺されてしまう。

宇宙CQC

『亜空間CQC』とも呼ばれる。
スネークが構えると、距離的に届かないはずの敵兵がまるで吸い寄せられるかのようにスネークの懐に瞬時に収まってしまう摩訶不思議なCQC。
他にも、敵兵が壁越しにスネークの動きに合わせて吹っ飛んだり、スネーク自身も滑るように移動しながらCQCを決めたりするなどバリエーションもある。アフリカハシリバコこと、ヴェノム・スネークもこの技を使用できる。
ソリッド・スネークもFOXHOUND時代にビッグ・ボスから学んだが、『犯罪者から教えられた技だから』と使用を控えていた。しかし、見よう見まねの間違ったCQCを使い始めた兵を見て、MGS4で使用を解禁。年老いている身にも拘わらず、キレのいい完璧な宇宙CQCを繰り出した。
ちなみに、CQCはザ・ボスとネイキッドが二人で編み出したものだが、この技についてザ・ボスはまったく関与していない。

ラスヴィエット

儀式の人が山猫部隊と戯れる遊び場となる場所。

ボルシャヤ・バスト中継基地

通称『公園』。
敵兵だけでなく、広場に停めてある軍事ヘリや武器庫など、儀式の人の遊び道具にされてしまう。

グラーニニ・ゴルギー研究所

通称『実家』。
複数の侵入経路、非常ベル、武器庫、たくさんのドアと前述の中継基地より豊富な遊び道具があり、多くの敵兵や研究員達が儀式の人に翻弄されてしまう。
南部にはザ・フィアーが待ち構えている。

グロズニィグラード

上記のグラーニニ・ゴルギー研究所よりも広く、ライコフやジョニーといった遊び相手が多く、進行上装備が整っている事もあってかできる事が多く、こちらも『実家』と呼ばれる。

BIG SARUの意志を受け継ぐ者達

オールド・スネーク

MGS4の主人公。
銃弾が飛び交う激戦の真っ只中を暢気にマラソンしたり、ドラム缶に入って転がりながら敵兵を轢いたり坂道を上がったり、あまりにも堂々とした姿に敵兵はおろか月光すらも素直に道を開けてしまう。マコーレー・カルキンさながらのホームアローン戦術も使用する。
焔の精霊を信仰するビッグボスとは違って、こちらは太陽神を信仰しており、太陽銃を天に掲げて太陽おおおおおお!!と叫びながら高速回転するという新たな『舞』を披露する。

MGS2ではソリッド・スネークとして登場。若い頃でもやはり、堂々とした姿に敵兵どころか監視カメラですらスルーしてしまう。
しかし、下記の雷電から度々悪ふざけを受けるなど、苦労人な一面を見せる。

雷電

MGS2の主人公で、ライコフ少佐のそっくりさん。ノードにアクセスする際に、チャットを使って視聴者に挨拶する律儀さと、冷却スプレーで敵兵に嫌がらせしたりファットマンのハゲ頭に麻酔銃で毛を生やしたりとお茶目な一面がある。
ただし、エマにセクハラや暴力を行い、彼女からの罵倒を喜ぶというド変態。そのせいか、ラストでローズマリーにボコボコにされる。
クレイモアが反応しないレールガンをチョン避けするなどフォーチュンもビックリな幸運ぶりを見せる。
忍者のような素早くスタイリッシュな動きをするため、いつもの『舞』もスネーク達に比べてカサカサと動くので、少々気色悪い。人によってはトイレ前で漏れそうに悶えているようにも見える。
MGS4では一転、とても影が薄くなっている。

ヴェノム・スネーク

MGS5TPPの主人公で、別名『アフリカハシリバコ』。
アフガニスタンやアンゴラ地域で生息が確認される、ダンボールに似た生き物。
野生の動物でありながら道路や軍事基地内などによく出没し、装甲車やトラック、戦車が通りかかると二本足で立って走ってきたり、地面を滑りながら移動して近付いてくる。時には戦車の上に乗ったりするが、生息地域ではいつもの事らしい。
また、美少女に擬態するという報告もある。
しかし、この生物が確認される地域では人や車両、コンテナや備品が神隠しにあったかのように消えたり、突如上空から箱や動物、装甲車や戦車が降ってきたりとした怪奇現象が発生する。関係性は不明。
ヘリコプターを嫌っており、近付くとロケットランチャーをぶっぱなしたり、戦車を落としたり、爆弾を設置した車を空に飛ばしたりして撃ち落としてくる(人呼んで「対空車撃」)。
また、ビッグ・ボスに酷似した姿に擬態する事もでき、左手からロケットパンチや電気ショックを放ち、デコイマインを投擲武器として使用する。
煙を好むらしく、いたる所で喫煙したり、スモークグレネードで煙まみれにした車を運転したり、果てには爆発した車両を背にキメ顔で立っていた様子が確認されている。

関連タグ

メタルギア

pixivに投稿された作品 pixivで「儀式の人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 678060

コメント