ピクシブ百科事典

キャンサー・バブル

きゃんさーばぶる

キャンサー・バブルとは、『流星のロックマン』のキャラクター。
目次[非表示]

概要

CV:水田わさび
キャンサー・バブルとは、『流星のロックマン』のキャラクター。
モチーフは蟹座
ゲームに登場するFM星人と地球人の電波体は大抵FM王ケフェウスの命令で地球侵略のためにやってきたFM星人が人間の孤独の心に付け込んだ姿なのだがこのキャンサー・バブルはフォレスト・ウルフクラウン・サンダーゴート・カンフー等と同じく地球で侵略活動をしていない。
挟見千代吉キャンサーが電波変換した姿で、名前の通りバブルを使って戦う。
流星のロックマン2でもストーリーには直接関わらず、挟見千代吉に話しかけることで、戦闘が可能になる。
肝心の強さはというと…攻撃が強いだけで正直バトルカードが揃えばバスティングレベルSランクを狙う事など容易い。
確かに命中すると泡に包まれるバブルポップ、非常に回避しにくい上にガードブレイク付きのブーメランカッターなど攻撃は強力ではあるものの、ヤツは屈指の強ボスと名高いクラウン・サンダーよりも攻撃力とHPが低いうえに、弱点属性である電気属性のバトルカードは攻撃範囲が広く、インビジブル貫通や麻痺追加などの効果を持つものが非常に多い為、カウンターを一回も取らなくても、大ダメージを食らってる状態であったとしてもSランクを狙えるというわけである。(ぶっちゃけブーメランカッター以外の攻撃はガードできる。)
大体ホタルゲリとプラズマガン、ボルテックアイがあればなんとかなっちゃうのだ。しかも2からはステルスレーザーが登場し始めた為よりインビジ状態への追い討ちが楽々となった。カニの癖に紙装甲なのか己は…。
それに対抗して2のキャンサーはバブルポップにサワニガーを仕込む地味な嫌がらせをしてくる。バスターで破壊しようとすればサワニガーが突撃、ガードしようものならガードブレイクで大ダメージを負ってしまう。

宿主の千代吉の影響で響ミソラファン

ちなみにゲーム版での口癖は『チョキ』、アニメ版では『ブク』。

デザインはカットマンバブルマンロックマンX2バブリー・クラブロスがモチーフと思われる。

アニメ版

挟見千代吉がゲーム版ほど強気な性格では無いためか、キャンサーがゲーム版の挟見千代吉の性格を引き継いでいる。
終盤では挟見千代吉に化けて生活しており、戦闘時に電波変換する。最後まで生き残ったFM星人の一人であり、第2期ではほぼキャンサー・バブルの姿でいる事が多く、ロックマン達の味方として描写されている。
ポジション的にエグゼのバブルマンに近い。


漫画版

兄を交通事故で失った影響でメラマンダを操ってビル火災を起こしたが、彼を放って置けないロックマンの心意気に感動し、ロックマンの弟分となる。ちなみに漫画版では口癖は無い。腕から放水する能力が追加されている。



関連タグ

挟見千代吉 キャンサー 響ミソラ

関連記事

親記事

流星のロックマン りゅうせいのろっくまん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「キャンサー・バブル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13991

コメント