ピクシブ百科事典

カットマン

かっとまん

「カットマン」は、カプコンより発売されたゲーム「ロックマン」に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. ロックマンシリーズに登場するボスキャラクター。→本項で説明
  2. スーパー戦隊シリーズの作品「バトルフィーバーJ」に登場する悪役組織、秘密結社エゴスの戦闘員。
  3. 卓球において、ボールにバックスピンを与える打法「カット」を多用する選手。
  4. 野球において、外野手から投げられたボールを中継する内野手の事。



概要

DRN.003
元々は森林伐採用のロボットでロックの弟的存在。頭部に装着している特殊武器「ローリングカッター」は合金の「セラミカルチタン」製。身軽な上に、雨風に強い。その引き換えに衝撃に弱くなってしまい、スーパーアームが弱点になっている。また、ジャンケンが苦手であり、チョキはグーに弱いというじゃんけんの法則を利用した弱点となっている。
またそもそも防御力自体が低く、ロックバスターやファイヤーストームでも大ダメージが入る。

こちらのジャンプに対してジャンプし、攻撃もなんだか特徴的だった気がするが、そんなことは一切無視してハメ倒せる。というのも、「ロックマンの攻撃を受けると怯む(ノックバックする)」という、ロックマンシリーズ全体を見ても非常に珍しい特性を持っているため、適当にバスターを連発しているだけで倒せてしまう。もちろんそれでもカッターで反撃をしてくるが、弾速は遅く連発もできないため回避は容易。怯み中にジャンプで回避すればもうこちらに負けはなくなる。
スーパーアームを使う場合は勝手が多少異なるが、ジャンプして空中の敵に投げつけることを意識すれば苦戦はしないだろう。

入手できる特殊武器

ローリングカッター

はさみの形をしたブーメラン状の武器。セラミカルチタンでできている。
一定距離飛んだ後ロックマンの元に戻ってくる。ガビョールを倒すことができる特殊武器。
エレキマンを3発で倒すことが出来る。

以降の活躍

GB版の「ロックマンワールド」に登場。弱体化が著しい他の3体と比べ、あまり本家とパターンが変わらず、キャラが大きくなった(攻撃が避けにくくなった)事や防御力が他のボスと統一された事から相対的に強さ的な意味での立ち位置は向上している。

AC版の「ロックマン・ザ・パワーバトル」シリーズにも2作続けて登場。
「パワーバトル」では難易度の高いモードだとローリングカッターを2つ投げてくるが、攻撃パターン自体は前か後ろにジャンプしつつこれを放つのを繰り返すだけという単純なもの。チャージショットで怯ませて追い払えるのであまり強くない。
弱点はリーフシールド(射出)で、ローリングカッターはクラッシュマンの弱点。
「パワーファイターズ」では空間をも切り裂いて身を隠したり、基本的にはそこから攻撃してくるが、挑発だけして引き下がったり、低確率で豪鬼の人形を投げてきたりとネタ枠を担当している。
肝心の強さはといえばやはりさほどのものではない。特に弱点武器のスラッシュクローを使うと一発でダウンを奪うため、文字通り指一本で粉砕できてしまう。
ローリングカッターはシェードマンの弱点。

セガサターン版「ロックマン8」で隠しボスとして戦うことができる。その際、過去にロックマンに倒された事を未だに根に持っているかのような発言をする。
「スーパーアドベンチャーロックマン」では、メタルマンフラッシュマン
タップマンとの対決で負けた際に助けに来る。関西弁で話す。

ロックマンX8」では、オプティック・サンフラワードのステージである条件を満たしていると、ドット絵の姿で戦うことができる。
しかし、体力は通常のボスに比べ、かなり低めに設定されており、Σブレード程度の攻撃力があれば一撃で倒せてしまう。南無。

ロックマンロックマンのカットマン

CV:高木礼子
一人称は基本的に「オイラ」(一部で「ボク」と言っている)で、語尾に「~っス」をつける口癖がある。
ロールを「ねえさん」、ガッツマンを「ダンナ」、その他ロックマン含むライト製ロボット達を「アニキ」と呼ぶが、アイスマンは「舎弟」と呼び、彼に対しては強気な姿勢をとっている。
正義感が強いのだが、何事も信じてしまいやすく周りに流されやすいため、仲間達からは「頭のキレは悪い」と言われてしまう。
また、他のナンバーズ達がワイリーの改造によって邪悪な意思が芽生えて暴走しているかのようなセリフを放つ中、カットマンだけは「ロックマン(またはプレイヤーが操作するナンバーズ)が悪い戦闘ロボットに改造されてあちこちで暴れ回っている」というワイリーの嘘に騙されていいように利用されてしまっており、ただ一人だけ思考回路の改造を免れていると思われる描写となっている。

ボスとしては、行動パターンが原作と比べると若干異なり、ローリングカッターを投げ付ける際の前置きモーションが省かれていきなりカッターを投げる事が時々ある他、ジャンプ中にも上空から投げ付ける事がある。
大技は、床、壁に沿う巨大なローリングカッターを投げつける。難易度・きつきつ時はスピードが速くなり、1回の発動につき2回投げつける。

プレイヤーとしては、ロックマンだと1つしか出せないローリングカッターをカットマンの場合は
2つ出す事ができる。空中で壁(氷の壁を除く)に触れているときにジャンプボタンを押すことで、
壁を蹴ってさらにジャンプする事ができる。
壁からのジャンプの角度は固定になっており、ロックマンXエックスみたいに壁を登ることはできない。

ロックマンメガミックスのカットマン

性格は名前と同じくキレやすく、江戸っ子と言うイメージになっている。
そのためか、読者だけでなく作者自身も気に入られているほど人気が高い。
ボディーはほぼロックマンと同じで、以前はカットマンがロックマンだと勘違いされた時期があった。
ライトナンバーズの中ではリーダー的な存在で、ロックマンとは仲が良い。
愛用武器であるローリングカッターは常に頭から取って投げるが、これが壊れたりなくしてしまった場合は、バスターから新しいのを取り出し、頭に戻すらしい。
最近ではラッシュと行動する事が多くなり、ギガミックス2巻ではラッシュと合体して、スーパーカットマンに変身した。
これがきっかけで自分の設計はロックマンと同じである事から、最終回では致命的な状態に陥っているロックマンを救うために自らを犠牲にするが、データを気絶中のロールに転送させた事で一命を取りとめ、無事新しいボディと供に復活した。

Archie Comics Mega Manのカットマン

『ロックマン編』から初登場し、それまではワイリーの手によって敵ロボットとしてロックマンに立ち向かったが、後にライト博士の修理によってロックマンをサポートする仲間として登場するようになる。
性格はお調子者で、ロックマンとは仲が良いが、アイスマンとはたまに喧嘩する事があるらしく、その設定はカートゥーン版とロクロク版を合わせた感じになっている。

カットマン.EXE

チョッキン


ロックマンエグゼ2に登場するネットナビ。自立型ナビでオペレーターがいない。
原作と比べると身体のパーツが減ってややスマートな体型になっている。
ネットマフィア「ゴスペル」のナビの一体で、アジーナ攻略部隊の副隊長。一人称は「僕」。
シャドーマンが壊滅させたアジーナスクエアに残党狩りに来たところ、ロックマンと遭遇、戦闘し、デリートされた。
ロックマン側のエリアに出現したハサミを移動させて攻撃してくる。ハサミに当たったときのダメージは大きめに設定されている。一発一発の攻撃力はかなり高いが反面動きは鈍いのでノーダメージで倒すことも容易。
TAS動画ではガッツシュートによる無印の原作再現のような瞬殺をされてしまうなど、ストーリー上での小物臭を除いても扱いはあまり良いとは言えない(アニメ版ではかませ犬扱いは無く比較的改善されている)。
アニメ版では彼の兄弟が登場、ロックマンにリベンジをしようとしたが基本コミカルなので対した結果は出せなかった。

関連イラスト

ちょっきんちょっきんちょっきん!

カットマン

関連記事

親記事

ライトナンバーズ らいとなんばーず

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「カットマン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 774843

コメント