ピクシブ百科事典

ファイヤーマン(ロックマン)

ふぁいやーまん

ゲーム『ロックマン』シリーズに登場するキャラクター。
目次[非表示]

ファイヤーマンとは、『ロックマン』シリーズに登場するキャラクターの名前。
英語名のFiremanは派生キャラのファイアマン(エグゼシリーズ)と同じだが、
日本語の表記が違うので使い分けられる。

概要

DRN.007
元々は廃棄物処理用のロボットで、
特殊武器「ファイヤーストーム」により7000~8000℃の炎を自由に操ることができる。
情熱的な性格だが、怒りっぽいのが欠点である。
こちらが一定の距離を置いたり攻撃すると、ファイヤーストームで攻撃してくる。ファイヤーストームが通った跡には一時的に火柱が立ち、次の攻撃が回避しづらくなる。
弱点武器はアイススラッシャー

入手できる特殊武器

ファイヤーストーム

前方に1発の炎を発射するのと同時に、ロックマンの周囲に1発の炎が回転する武器。
攻撃と防御の両方に使えるため、いわばシールドシステムの原型である。

ロックマンロックマン』のファイヤーマン

CV:いずみ尚
一人称は「オレ」。見た目どおり熱い性格で、良くも悪くもヒーロー道一直線。
正義の炎で悪を焼き尽くし、
どんなに不利な状況に陥っても「熱い展開」、
または「これを乗り越えてこそ真のヒーロー」と解釈し臆することなく立ち向かう。
しかし、人の話をあまり聞かない傾向があり、他人からウザがられることも少なくない。
また、ロールアイスマンといった可愛い子(性別不問)に対しては目の色が変わってしまうほど萌えるクセがあり、
ロボットの中では強気なロールを唯一恐れさせたロックマンロックマンの中で、ある意味凄い奴かもしれない。

ボスとしての動きや攻撃方法はFC版とほぼ変わらないが、こちらはファイヤーストームが通った跡に火柱が立たないので攻撃が回避しやすくなっている。しかし、難易度が「きつきつ」になるとジャンプをして空中と地上といった二段重ねの連続攻撃もしてくるようになる。
大技は、ロックマンX8メルトクリーパーを思わせるような地を這って進み火柱を放つ攻撃を使う。難易度が「きつきつ」なると、火柱が壁まで届いたときに一回だけ逆方向に折り返すようになる。
彼の前に幾多ものオイルマンの屍が積み重なったであろう事は想像に難くない。
弱点武器はFC版と同じアイススラッシャー。

プレイヤーとしては非常に強力で、ファイヤーストームがロックマン使用時より大きく破壊力抜群。さらに3連射できるので、適当に連射するだけで破壊の限りを尽くして、あっという間に地獄絵図と化すのは想像に難くない。(特にオイルマンステージ。彼との戦闘も含む。)
その尋常じゃない火力は本当にゴミ処理用ロボなのか、むしろ社会のゴミ処理用ロボなのではないかと、正直ライト博士の開発コンセプトを疑いたくなるほどである。
さらに専用アクションとして雪床ブロックに接することでブロックを溶かすことができる。
水に触れると頭の炎が消えてしまい、。ファイヤーストームが弱体化、具体的には回転する炎しか出なくなるする上に、雪床ブロックが溶けなくなってしまう。


しかし、基本的に炎のトラップに触れてもダメージを受けない上に、頭の炎が消えている場合は再点火することができる。

ロックマンメガミックスのファイヤーマン

デザインとしては原作版とは変わらないが、戦闘や仕事以外には頭の炎を消したり、
マスクを解除したりと言う、有賀版風にアレンジされている。
熱血漢と言う性格は今も残されているが、時には冷静な性格になり、
例え警察ロボから逃亡中でありながらも気を取り乱さないほど落ち着くと言う一面を持つ。

Archie Comics Mega Manのファイヤーマン

『ロックマン編』から初登場し、当時はワイリーの手によって敵ロボットとしてロックマンに立ち向かったが、後にライト博士の修理により、ロックマンをサポートする仲間として登場する。当初は戦闘開始早々から『アイススラッシャー』一撃で倒されると言う呆気ない負け方を披露した。
性格はロクロクと同じように正義感の高いが、逆にロリコン設定は取り除かれている。また、有賀版と同じように熱血漢でありながらも冷静な一面も加わっている。

関連イラスト

F.STORM

ファイヤーマン


ファイヤーマン

【ロックマン】あじな真似を!!



関連タグ

ロックマン ロックマンロックマン

その他に炎を扱うロボットたち
ヒートマン フレイムマン バーナーマン マグママン


関連タグ(総合)

炎の妖精 松岡修造 愛すべき馬鹿
ファイアーマン(表記揺れ) ファイアマン(エグゼシリーズのモチーフキャラ)

pixivに投稿された作品 pixivで「ファイヤーマン(ロックマン)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1551

コメント