ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ゲーム「ロックマン」シリーズに登場するキャラクター。
初出はロックマン5
ロックマン5のこのボスのデザインは、漫画「アイシールド21」や「ワンパンマン」の作者(作画担当) 村田雄介の親友である。ロックマン3の頃に村田雄介にボス募集の話を教え、お互い競い合う様に募集しあい、奇跡の同時採用されたというエピソードを持つ。

ロックマン」のスターマン

スターマン - ありがとう -


ロックマン5 ブルースの罠!?」に登場する、ワイリーが造ったロボット。
彼の命令によって、地球軌道上の衛星基地を占拠している。
現在では使われていないこの基地の、改造工事の現場監督も兼任させられている。

ロマンチストだが思い込みが激しい性格で、夢のないロボットとは折り合いが悪い。
上記の任務のため、おしゃれを気にする時間もないと悩んでいる。
趣味はオペラ観賞とミュージカル鑑賞。おしゃれ好きで特に光るモノを好む。
一説ではシャドーマンと同じ地球外のロボットをワイリーが改造した存在らしい。
射出武器としても使えるバリア系の武器「スタークラッシュ」を使う。

宇宙だからかウォーターウェーブに弱く、スタークラッシュをかき消すことが出来る。
また、ウッドマンのようにバリアに手を突っ込めばギリギリ攻撃を加える事が出来たり、そうでなくても接近戦に持ち込めばすぐバリアを解除出来たりと、ロックマンシリーズのイケメンボスにしては珍しくあまり強くない。

彼を倒すと手に入る「スーパーアロー」が便利なので、最初に倒すボス候補としても十分考えられる。

ちなみに将来の夢は宇宙の果てに恋人を連れて旅行する事らしい。恋人がいるのか、それともこれから作る予定なのかは定かではない。

特殊武器

スタークラッシュ

星型のバリア系の武器。
解除して攻撃にも使えるなど感覚としてはリーフシールドに近いが、敵の弾なども防げる点や、移動ではなく攻撃ボタンで射出する点が違う。
クリスタルマンステージなどで重宝する。
グラビティーマンとプレスマシン型のワイリーマシンに有効だが、弾速の遅さや弾の大きさによる弾かれやすさなどが影響してやや当てにくい。

スーパーアロー

もれなく付いてくる特殊武器(?)。画面上に三発まで撃てるが、飛ぶまでにラグがある。吸盤付きの矢であるが、壁に貼り付けて足場にできたり矢に乗って飛行が可能。…推進装置が無いのにどうやって飛んでいくのかは永遠の謎。一応敵にダメージを与える事が可能でとあるボスに有効。
実は乗って飛んでいくのは『2』のアイテム2号と全く同じ挙動である。

ロックマンメガミックスのスターマン

イケメン風な原作とは違い、有賀版ではナルシストと言う設定にアレンジされている。
バラを口に加えている事が多い。下まつげがチャームポイント。
スター・ゴールドと言う異名を持った時給戦隊アルバイターのリーダー。
(ただし、リーダーらしい事はしていないらしい。イエローではなくゴールドとしている辺りに彼のナルシストぶりが窺える。)
遊園地でアルバイトしている時は、コーヒーカップの案内人を担当している。
「モードB」においては便宜上5番目と名乗っているが、実際はバリアによって他の7体の援護をする。

「ギガミックス」の『バーニングホイール』ではレース中の事故に見せかけるためのワイリーロボット達に指示を与えるために、衛星の管理をしていた。なお、くわえたバラは真空である宇宙で音声通信するための道具(バラを伝って口の中の振動が声に変換されるため、モゴモゴとした含み言葉になるが真空中でも一応の会話通信ができる)と説明されていた。
『暗黒の月』では、ロックマンを守るために、スペースルーラーズのマーキュリーとウラヌスに立ち向かうが、その健闘は虚しく、破壊されてしまう。
『光る明日へ』で、他のフィフス・ナンバーズと共にコサック博士に回収され、ワイリーにより修理される。スペース・ルーラーズとの最終決戦では、シェードマンの奇策で、スカル衛星に接続され、ロックマン・シャドーマン・リングマンを大気圏離脱時の高熱から守るバリアの役割を担った。最後の最後までいつもの笑顔を崩さず、カリンカには「緊迫感に欠ける気がする」、シェードマンには「こういう時にはかえっていいんじゃないか」と評された。最終決戦の後にロックマン・リングマン・フォルテの回収を行ったのも彼である。
一人称はミーで、オネエ口調だがロールのファンとの事なので多分ノンケ。

余談だが、「スタークラッシュ」は攻撃展開時、「スターバリア」は防御展開時の表記らしい。

ロックマンエグゼ」のスターマン

「ロックマンエグゼ トランスミッション」が初出。
担当声優は氷青女史。
アニメ版にも登場している。

4.5の喜怒哀楽スターマン


デザインは正に星然としていた本家に比べ、流れ星リトルグレイを組み合わせた少年のようなナビにリ・デザインされている。
少年のような性格をしており、一人称は『ボク』。
トランスミッションではWWW残党の教授の配下、アニメ版ではシェードマン配下のダークロイド、またはデューオから贈られたアステロイドとして登場するも、どれも悪役ばかりである。

主な攻撃手段は隕石を降らせる「メテオ」(キラキラメテオなどの派生バージョンもある)や星型の鏃が付いた「スターアロー」、三日月型のカッターを発射する「ムーンダンス」など。

アステロイドとして登場した際にはオペレーターの「安藤ロメダ」の星占いを手伝っており、その能力を活かしてロメダを人気占い師に仕立て上げた。占いの大御所と共演する際に「今年下半期に起こる事件の予言」というテーマを与えられた為、彼女の頼みで隕石を降らせる…が、ロメダ本人としてはロマンチックな流星群程度のものを望んでいたものの、スターマンは訂正に応じず、最期はCFロックマンのバリアブルソードでデリートされた。地球に接近した隕石もどういうわけだか、地球にぶつかる寸前で自ら回避した。


ちなみに味方側のナビとして登場したのは『4.5リアルオペレーション』のみで、宇宙に関するセリフを交えて、星占いをしてくれる。(ちなみに、アステロイドとして登場したアニメ版3期でも星占いをするも、オペレーターの願いを曲解して隕石を降らせようとする役所だった。)

4.5のみ味方として登場するナビはプラントマンがいる。(その上、扱いもスターマンとよく似ている。)

関連タグ

ロックマン ロックマン5 ロックマンエグゼ

関連記事

親記事

ワイリーナンバーズ わいりーなんばーず

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「スターマン(ロックマン)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「スターマン(ロックマン)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 69604

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました