ピクシブ百科事典

ドリームウイルス

どりーむういるす

犯罪組織「WWW」が産みだした「最強のウイルス」
目次[非表示]

概要

ロックマンエグゼ」にて登場した人造ウイルスにして本作の最終ボス。
ネットワーク犯罪組織である「WWW(ワールドスリー)」が人工的に作り出したウイルスである。昆虫と人型を折衷したような外見をしており、体躯も大型。WWWが総力を挙げて生み出したウイルスであり、そんじょそこらのナビ程度では戦いにすらならない程の力を持つ怪物である。

WWW総帥のワイリーが軍事衛星を制圧し、人類間の終末戦争を起こす事を目的に開発される。ハッキング用ロケットにドリームウイルスを潜伏させた上で軍事衛星に撃ち込むことで、衛星を暴走状態に陥れ、世界中を火の海に変えようと画策していた。

「夢のウイルス」という名だけあり、ドリームウイルスには「ドリームオーラ」という強固な防御プログラムが搭載されており、ダメージが100未満の攻撃を全て無力化してしまう。
ドリームオーラはWWW所属のナビ達が集めたファイアプログラム、アクアプログラム、エレキプログラム、ウッドプログラムの4つのエレメンタルチップを融合させて誕生した最強の防壁であり、ウイルスの範疇を超えた力を持つ。
尚、この防御能力は何者かにコピーされた形跡が見つかっているらしいのだが……。

漫画版ロックマンエグゼでは

ゲーム版とほぼ同じく、WWWが軍事衛星をハッキングする作戦の切り札として登場した。
ゲーム版と違い、ドリームオーラ作成の為に組み込んだ4つのプログラムは不完全であり、攻撃を受ける度に消滅していたが、復活するスピードが高速であるため断続的に発生しているように見えていた。

ゲーム版と比較して少々弱体化したかに見えたが、作中ではハッキングへの防衛に当たったオフィシャル側の総攻撃を物ともせず、逆に全滅に追いやりハッキング攻撃を行うという化け物じみた力を発揮。
しかしシンクロ率を限界まで高めたロックマンと熱斗によりオーラの内部に侵入され、オメガキャノンの直撃を受けデリートされた。

アニメ版では

wwwが開発したという設定は無くなり、普通のウイルスより少し強い程度の扱いとなっている。
実体化して熱斗らに襲いかかったが、同じく実体化したロックマンによりデリートされる。
「BEAST」では膨大な数で襲いかかってきた。
後作で量産型に成り下がってしまった元ラスボス……どっかで見たなぁ、そんなの


戦闘時

相手エリアの中央から全く動かず、長時間のチャージの後にロックマンのいる位置に応じて各種の技を出してくる。
他にもエリア最前列にドリームビットを2体まで呼び出してくる。
チャージ中はドリームオーラを身に纏っているが、攻撃の瞬間だけオーラが消失する。
オーラを纏っている時に100ダメージ以上の攻撃を当てると次の相手の攻撃が終了するまでドリームウイルスは完全に無防備になる。
攻撃方法はビーム発射、隕石攻撃、3×2マスのソード攻撃、小型ウイルスのドリームビット召喚など多彩である。どれも攻撃力が高く、油断すれば一気にこちらの体力を削られてしまう。

……と、まぁぱっと見は確かに迫力あるラスボスなのだが、何分ゲーム自体がシリーズ一作目であるが故にゲームバランスがまだまだ粗削りだったため、「100ダメージ以上の攻撃手段の用意」ぐらい大して困らない程度にはプレイヤーの火力が整っているのに対してドリームウイルス本体のHPはたったの1000しかないという有様で、実際には割とあっさり倒せてしまう。ただでさえ直前のイベントでロックマンも(実質的にラスボス戦限定効果ながら)かなりパワーアップしてるし。

ちなみに、プログラムアドバンスの一つである「ドリームソード」はドリームウイルスのソード攻撃が元であり、後の作品にプログラム・アドバンスとして継承された。
(ドリームオーラも後の作品でバトルチップとして使用可能)

ドリームビット

ドリームウイルスを模した小型ウイルス。エグゼ2以降では度々登場する。
エレメントチップの影響か、それぞれ属性を持つタイプが存在している。
恐らく「1」の最後に逃げ延びたのだと推定されるが、無属性タイプはオリジナルと同じくドリームオーラをまとっていた。(逃亡中に進化した可能性有り)
エグゼ3では飼育可能なウイルスの1種でもあり、召喚するバトルチップもある。
ただ、エグゼ4からは確認されておらず、恐らく根絶したと思われる。

ドリームウイルスR

『ロックマンエグゼ トランスミッション』で登場するウイルスであり、元WWWの幹部である「教授」により作成された。
彼はワイリーを崇拝しており、意思を持つウイルスである「ゼロ」を利用してあらゆるネットワークやネットナビから蓄積した情報を元にドリームウイルスを再構築、強化した姿。

外見もより大型化し、禍々しい深緑に変色。全属性の攻撃をしてくるなど正にドリームウイルスの究極形態である。ドリームオーラも強化され、通常形態を凌駕する圧倒的な性能を持つ。

第二形態も存在し、巨大な外殻を捨て、コアを抱えた赤い蛹のような姿をしている。
攻撃方法は少ないが、一部の攻撃によるダメージが300という破格の攻撃力を持つ。
(ロックマンエグゼではHPは1000あればかなりタフな部類に分けられ、300ダメージは壊滅的な被害をもたらす。)

関連タグ

ロックマン
ロックマンX
ワイリーマシン:ドリームウイルスはある意味エグゼ版ワイリーマシンと呼べる

pixivに投稿された作品 pixivで「ドリームウイルス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7025

コメント