ピクシブ百科事典

光彩斗

ひかりさいと

光彩斗(ひかり さいと)は、『ロックマンエグゼ』の登場人物である。
目次[非表示]

概要

光熱斗の双子の兄。一卵性双生児。
心臓病「H・B・D」によって幼くして命を落とす。
その後、光祐一朗によって疑似人格プログラム「ロックマンEXE」として蘇生する。

本編中でヘルメットを外すことはなく、頭髪を晒した姿は『ロックマンエグゼ5』の改造カードで初めて登場した。父親の髪型とそっくりである。

熱斗のネットナビとして

倫理的にもアレなためか、この事実はゲーム『ロックマンエグゼ』の終盤で明らかになる。
熱斗がロックマンを双子の兄だと知れば、自分を手足のように使ったり、
危険な目に遭わせるのをためらってしまうだろう。それではネットナビである意味が無い。
現実世界で生きられなかった自分が、弟と同じ時間を共有できている。
それだけで十分幸せだ。兄としてではなくても、熱斗の側にいられればそれでいい。

そのため彩斗は事実を伏せ、祐一朗もそれを受け入れた。
以後、兄の彩斗ではなく、熱斗のネットナビ、ロックマンとして振舞い続ける。

この事実を知った熱斗のショックは大きかったものの、これまで以上の絆で結ばれた。
それからも普段はネットナビとオペレーターという関係は変わっていない。

熱斗の兄として

いつもは「朝だよ、熱斗くん」などと世話を焼く彼だが、
重要な局面でのみ、「熱斗」と呼び捨てにし、兄としての顔を覗かせる。
熱斗の方は真実を知ってしばらくの間は彼を「彩斗兄さん」と呼んでいたが彩斗の意思を尊重し、
彼が兄としての顔を覗かせた時だけ呼ぶようになった。

なお、アニメ版ではこの事実は最後まで明らかにされていないため、ロックマンが彩斗だったことも明確にせず、熱斗が一人っ子でなく兄弟がいたというエピソードも一切無く、顔を見せることはない。

人からプログラムへ

光祐一朗は擬似人格プログラムの作成に苦心していた。
人間のような自然な思考や反応、心の動きがどうしても再現できない。
そこで目を付けたのが、プログラムに人間のDNAを投影することだった。
「オペレータとナビが同じDNA構造を持っていたら、心の動きもまた似てくるのではないか? 自然な反応や共感を生み出し、心を通わせる事ができるのではないか?」

理論は正しかった。祐一朗は人間らしいネットナビを生み出すことに成功する。
しかし、95%という壁が立ちはだかる。
95%までは人間のDNAと完全に似せることができたが、残りの5%がどうしてもできない。

そこに、まだ幼い彩斗の死が訪れる。嘆き悲しむ祐一朗だったが、ひとつの着想を得る。
「彩斗には熱斗という双子の弟がいる。ならば二人のDNA構造は同じはずだ」
祐一朗は苦悩の末、メモリ拡張プログラムである「エクサメモリ」を開発し、彩斗の遺伝子をナビとしては膨大なデータに変換し「エクサメモリ」にインストール、そのデータをネットナビに組み込み、「ロックマン」として蘇らせることを決断し実行した。
生み出されたロックマンの性能は、旧来のネットナビの性能を遥かに凌駕するものだった。

サイトバッチ

ロックマンに組み込むプログラム。本来の表記は「saito.bat」。
熱斗と彩斗は同じ遺伝子構造を持ち、それをデータ化して組み込んだのがロックマンという存在である。
しかし、完全に同じにするとデリートされた際にフルシンクロした熱斗にもダメージが及ぶ恐れがあったため、0.001%だけプログラムを改竄している。
その0.001%の違いを埋め、完全に彩斗と同じにするのがこのパッチファイルである。

EXE1でマジックマンの攻撃を受けデリート寸前まで追い込まれたロックマンを復活させるために使用された。この時初めて熱斗は父親からロックマンの誕生経緯と、ロックマンが自分の兄「光彩斗」であるという事実を知らされる。

効果は作品によって異なるが、ロックマンを強化するという点では共通している。
強大な力の代償にロックマンの体に負荷がかかるため、デメリットを伴うことが多い。
1のみ最終決戦のイベントでのパワーアップとなっており、通常プレイでは使用できない。
そのためかデメリットの無い強化となっている。
2以降からは通常プレイでも使用でき、2ではサイトスタイル、3、4ではナビカスプログラム、5では改造カード「光彩斗」として、6ではギガチップとして登場。

関連イラスト

たとえデリートされたって
Saito.BAT


生まれてきてくれてありがとう
君たちは僕の宝物


関連タグ

ロックマンエグゼ 彩斗 ロックマン 光熱斗 熱斗 光兄弟

pixivに投稿された作品 pixivで「光彩斗」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 196553

コメント