ピクシブ百科事典

ダークロイド

だーくろいど

ダークロイドとは、ゲーム「ロックマンエグゼ4」「ロックマンエグゼ5」およびアニメ「ロックマンエグゼAXESS」 「ロックマンエグゼStream」に登場する敵ネットナビの総称。
目次[非表示]

概要

ゲームではロックマンエグゼ4から登場する敵性ナビ、全員が自立型ネットナビでオペレーターを持たない。
ダークチップシンジケートネビュラに所属しダークチップを売りさばき広めようとしている。

倒しても闇の力により復活する、特にシェードマンが復活しまくるのが有名。というか4ではシェードマンしか出ない。
設定としてダークチップを惜し気もなく使用する。ただし、全く影響が無いわけではなく。いずれは闇の力に飲まれて消滅するという公式設定が存在する。

ロックマンエグゼ5にてネビュラが本格的に動き出し漸くシェードマン以外のダークロイドが登場する。
ネットワークの各エリアを占拠し、チームオブブルース(チームオブカーネル)と敵対する。

ちなみに、ダークマンは関係ない。
そして、レーザーマンDr.リーガルのナビではあるがダークロイドではない。

アニメ

ロックマンエグゼAXESSから登場。
電脳世界の奥深くから大量発生した一種のデータ生命体。ゲーム同様、自立型ネットナビでオペレーターを持たない。
ゲームとの違いは、ネビュラとダークロイドが明確に別組織で手を組んでいるという点。
シェードマンが首領をしている。
ダークチップを使う点も同じだが暴走し他のダークロイドに始末されたり介錯されたりする事もある。

首領であるシェードマンの方針によってDr.リーガル率いるネビュラと結託し、彼の開発したディメンショナルエリアを用いて現実世界に実体化しており、最終的にはネビュラを裏切った上で人類を滅ぼし、ダークロイドのみによって支配された世界にしようと目論んでいた。
しかし、所詮はシェードマンの力のみによって統括されていたに過ぎなかった為に、次第に失態を繰り返すシェードマンに、他のダークロイド達は見限る様になり、最終的にダークシンクロチップを餌にされる形でDr.リーガルのネットナビであるレーザーマンに忠誠を誓う事になっている。

最終的に、殆どのダークロイドが死亡し、シェードマンもレーザーマンによってあっけなく倒された結果、起こす事件がイタズラレベルでしかないバブルマンだけを残して組織は崩壊した。
ただし、バブルマン以外にも僅かながらダークロイドが生存しており、それらは後にダークロックマンの配下として登場している。

アニメのダークロイドは、ボウルマンとスワローマン以外は、
・ゲーム版のダークロイド(ダークカーネルは除く)
・トランスミッションオリジナルのナビ(大園ゆりこのナビのニードルマンは除く)
・3のWWWのナビ(フレイムマン1期に登場したドリルマンは除く)
・4のトーナメントで戦ったナビの内ソウルユニゾンが発現しなかったナビ(ケンドーマンタップマンは除く)
となっている。

ダークロイド一覧

ゲーム
シェードマン
ブリザードマン
クラウドマン
コスモマン
ダークロックマン
ダークブルース
ダークカーネル

アニメ
シェードマン (CV:中村秀利
ビーストマン(CV:松本大
バブルマン (CV:芝原チヤコ
フラッシュマン (CV:保村真
ボウルマン (CV:大川透
プラントマン (CV:吉野裕行
バーナーマン (CV:三木眞一郎
デザートマン (CV:梁田清之)
ビデオマン(CV: 西村知道
グラビティマン (CV:下山吉光
スパークマン(CV: 風間勇刀
ダークブルース (CV:松風雅也
ソードマン (CV:稲田徹)、桐井大介)、最上嗣生))
ブライトマン (CV:小西克幸
コールドマン (CV:川田紳司
スターマン (CV:氷青
ダークロックマン (CV:木村亜希子
ブリザードマン (CV:陶山章央
クラウドマン (CV:志村知幸
スワローマン (CV:谷山紀章
コスモマン (CV:田中総一郎

関連タグ

ロックマンエグゼ4
ロックマンエグゼ5
ロックマンエグゼAXESS
ロックマンエグゼStream

アステロイド
ゾアノロイド

関連記事

親記事

ロックマンエグゼ4 ろっくまんえぐぜふぉー

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ダークロイド」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ダークロイド」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 745

コメント