ピクシブ百科事典

キラーフロスト

きらーふろすと

DCコミックスのキャラクター『Killer Frost』のカナ表記。該当する人物が複数存在する。
目次[非表示]

概要

DCコミックスに属する多くのヒーローヒロインと戦っているヴィラネスの称号。特にファイアストームという炎熱超人の代表的な宿敵

熱運動学的クライオキネシス(thermokinetic cryokinesis)の能力を持ち、周囲の空間や任意の対象物から熱エネルギーを奪い、吸収した熱を冷気エネルギーに変換して放出。大気中の水分を凝結させ氷塊を生成し、人間を凍死させるなど、『霜の殺人者』の名に相応しい危険な超人である。

原作コミックでは三人の女性科学者によって継承されており、並行世界の生成やアニメ化などに際して人物像が変化することも多い。
KillerFrostおよびkiller_frostのタグも使用されている。

人物

初代

本名クリスタル・フロスト(Crystal Frost)。
初登場は1978年、"Firestorm, The Nuclear Man #3"。
ハドソン大学の物理学博士だったが、実験用の強力な冷凍室に閉じ込められてしまい、冷気の超人として覚醒。
ファイアストームは高校生ロニー・レイモンドと大学教授マーティン・スタインという二人の人間が融合することで生まれる超人であり、クリスタル・フロストはスタイン教授の門下生で、恋人でもあった。
DCコミックスの悪の超人チームであるシークレットソサエティ(Secret Society of Super Villains)の創設メンバーでもある。1984年、"The Fury of Firestorm #21"で死亡。

TV版『ヤングジャスティス』と、2018年の長編アニメーション作品"Suicide Squad: Hell to Pay"に登場したキラーフロストは初代と同じくクリスタル・フロストが本名となっているが、超人化した経緯や人物像・容姿等はほぼ別物になっている。

二代目

本名ルイーズ・リンカーン(Louise Lincoln)。
先代クリスタル・フロストの教え子であり、クリスタルの死亡と同じエピソードで新たなキラーフロストを襲名。冷気の能力とともにファイアストームとの敵対関係も継承している。ただしファイアストームと恋愛関係にあった時期もある。

キラーフロストとしての活動期間が最も長く、原作準拠でキラーフロストといえば初代であるクリスタルよりも二代目であるルイーズを指す場合が多い。スーサイド・スクワッドを含む多くのチームにもルイーズが参加している。

TV版『ジャスティスリーグ』『ブレイブ&ボールド』と、長編アニメーション作品『スーパーマン/バットマン:パブリック・エネミー』(2009年)、『バットマン:アサルト・オン・アーカム』(2014年)に登場したキラーフロストがルイーズ・リンカーン。ゲーム版でもキラーフロストが起用される場合は主にルイーズである。

三代目

本名ケイトリン・スノー(Caitlin Snow)。
初登場は2013年、"The Fury of Firestorm: The Nuclear Man #19"。
ルイーズの活動が長期化し、背景世界の再構築も受けて複雑化した設定を。一旦リセットした新キラーフロスト。

DCスーパーヒーローガールズ』シリーズ、実写ドラマ『ARROW』『TheFlash』『レジェンド・オブ・トゥモロー』『スーパーガール』、TVアニメーション『ジャスティス・リーグ・アクション』に登場したキラーフロストがケイトリン・スノー。

関連タグ

アメコミ / DCコミック
villainess / 敵女
フロスト
冷気 / 氷雪 / 氷属性

関連記事

親記事

DCコミック でぃーしーこみっくす

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「キラーフロスト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5738

コメント