ピクシブ百科事典

目次[非表示]

メンバー


概要

正式表記は「NonSugar」。「NonSuger」と間違われがちであり、公式ですら間違えたことがある。
トライアングルの活動を一時休止した真中のんが、ウサチャと奮闘した末新たに結成したユニット。
厳密には異なるものの、シリーズ初の全員小学生で構成された3人ユニットである。また、トライアングルを除けば、小学生だけでありながら、小学6年生以外で構成されている唯一の3人ユニットでもある(のんは小4、ちりは小5、ペッパーは小1)。
生贄…ではなく、マネージャーは引き続きウサチャ

モチーフは動物とじゃんけんで、のんはウサギとチョキ、ちりは孔雀とパー、ペッパーはライオンとグーにそれぞれ見立てられている。何故じゃんけんがモチーフなのかは、「ライバルがどんな手を使ってきても勝てる」ということらしい。

本編で3人揃って初接触したのは116話。
のんとちりは接触こそしていたが互いに反発しており、のんとウサチャはチームメイトを探すも「まずちりは却下」という姿勢であった。
そこにペッパーがパラ宿へ現れ、3人が遭遇し揉めかけたところをウサチャが「これまでに見たことがない全く新しいチームが見えた」と、グー・チョキ・パーの三すくみに見立てこの3人に可能性を見出だす。
その後も接点が多く、ウサチャの熱心さとジャニスの後押しもあってチーム結成が現実味を帯びてきた。
のんとちりはなんだかんだで親交を深めつつあり、のんとペッパーはお目付け役・付けられる役として学園で関わりがあり、ちりはペッパーを拒否している…という状況だったので結成までには時間がかかると思われたが、120話にて初めて現実世界で3人揃う。
ちりはペッパーを嫌がっていたが、月川家の温室に咲いているキングプロティアが元で通じ合い、ちりは生け花を作り上げる。ここで3人揃って打ち解け、ウサチャの熱意もあってプリパラ外でチームを結成した。プリパラ内のちりは当初難色を示したものの、「ルールは守るべき」とジャニスや自身の祖母に諭されチーム結成を受け入れた(ここでノンシュガーの初めてのチーム曲である「シュガーレス×フレンド」を披露する)。
半ば強引に結成したようなものなのでプリパラ内でのチーム仲は良好とは言い難いものだったが、123話の無人島サバイバルにてチームの絆を無事深め、その後も困難を乗り越え現在チームの絆は強固なものになっている。

第4回神アイドルグランプリにて無事優勝を果たし、ファイナルではそらみスマイルに破れベスト6に終わっている。

続編のアイドルタイムではパパラ宿に舞台が移り、彼女達の出番は計5話である。他のユニットが神アイドルの使命として各地のプリパラに派遣されていたり1人修行の旅に出たりそのメンバーを探す旅に出たりパラ宿プリパラを破壊したためパパラ宿に飛ばされたりプリパリを本拠点としていたりしている為、ノンシュガーがパラ宿プリパラで一番のユニットという形になっている(最終回ではガァルマゲドンがパラ宿に帰還したため彼女らと争う可能性も)。

放送終了後、『Pripara Friendship Tour 2019 プロミス!リズム!パラダイス!』(プリパラツアー)の2019年3月16日公演ではノンシュガーによる朗読劇があり、久々に本編らしいノンシュガーが登場(キャラクター単体としてもプリパラの外のちりの出番は貴重であった)。マナー講座を通して、ノンシュガーの仲の良さを改めて示す内容であった(下のイラストがおおよその内容である)。

ノンシュガーマナー講座編



放送終了後の新曲展開

プリパラは放送終了後もライブを通して活動を続けているのだが、特に動きが多かったのはノンシュガーである。

アニメが放送終了してから半年後に開催された『プリパラ&キラッとプリ☆チャンAUTUMN LIVE TOUR み~んなでアイドルやってみた!』(オータムライブ)。これでプリパラは最後のライブなのではと一部では絶望視されてる中で、ノンシュガーはまずトライアングルの曲である『かりすま〜とGIRL☆Yeah!』のカバーを披露。トライアングルの曲をノンシュガーが歌ったと言うだけでも大きな衝撃だが、さらに約2年ぶりとなる新曲スパイシー♪ホット*ケーキ!!!』を披露する想定外の事態。念願の新曲がサプライズで披露されたと言うこともあって、ライブ会場はかなりの熱狂に(特に初回である大阪の昼公演はネタバレが全くなかったこともあって、発狂するレベルに近いほどであった)。Twitterではノンシュガーに関するワードがトレンド入りを果たすほどであった。

さらにプリパラツアーの4月28日公演では新曲『リザーブ・ザ・リバース!』を引っ提げて登場。半年前に新曲が披露されたばかりであったため、他チームと比較しても異例のペースであった。

9月11日にはプリパラの新曲を集めたアルバム『プロミス!リズム!パラダイス!』が発売。プリパラツアーなどで披露された新曲を収録したこともあり、ノンシュガーからは3曲も収録されると言う好待遇っぷりを見せつけた。また、この発売を記念したリリースイベントが9月28日に開催されることになり、これはノンシュガーだけが出演することになった。

2020年1月10日、待ち望まれていた単独ライブイベント『約束のてへペロピタですわ!』の開催が決定。大阪・東京の2都市公演となる。新曲もさらに制作されることになった
チーム単独ライブはWITHに次いで2例目であり、女子プリチームとしては初めてになる。
当初は4月・5月に開催される予定であったが、新型コロナウイルスの影響で開催が自粛されたため、開催は無期限延期された。

こう書くと、人気があったからこそ、ここまでたどり着いたように見えるが、実態としてはそう簡単な話ではなかった。

不遇の代名詞からの逆転劇

ノンシュガーがメインキャラクターとなっていたのはプリパラ3年目の後半にあたる半年程度であり(のんはトライアングルの時期を含むので1年にはなるが)、4年目にあたるアイドルタイムプリパラは舞台やメインキャラクターが大きく変更された関係で冷遇されることになった。他のプリパラチームは割と登場する機会があり、同じ小学生チームであるガァルマゲドンは途中からメイン級の扱いだったが、ノンシュガーが登場したのはパラ宿に戻った2回と終盤ぐらい(なお、最終回ではガァルマゲドンの帰還をパラ宿のアイドルを祝うシーンがあるのだが、ノンシュガーはモブキャラ同様に小さく描かれていた)。これはゲームの扱いならびにグッズの展開にも表れている。
他にもうっちゃりビッグバンズが同様に扱いが悪く、ノンシュガーだけが不遇だった訳ではない。だが、他のそういったチームと比較して(特に大きいお友達には)人気があり、3年目放送中には新主人公への期待論もあったほどであるため、3年目の目玉がアイパラでサブチーム同然の扱いを受けたと言う点で、不遇なチームとしてかなり際立つことになった。

ソロ曲を誰も持っていないことも不遇と言われる理由でもある。アニメ放送終了時点でソロ曲(筐体のみに存在するソロ曲を含む)を持っていないのはノンシュガー以外ではドロシーレオナジャニスWITHとむしろ少ないほうで、ドロシー、レオナの2人はデュオ曲が存在すると言う点を考慮すれば、かなり異様であった(WITHは放送終了後にソロ曲が作られている)。うっちゃりビッグバンズですら、全員にソロ曲があるにも関わらず。
ノンシュガーは友達と言う部分が全面的に押し出されたことや、キャラクターの登場から結成までが速かったこと、アイドルタイムプリパラへのリニューアルの関係でソロ曲を作るタイミングがなくなってしまったものと思われる。
(ただし、のんはトライアングルとしてのソロ曲があるため、厳密に言えば無い訳ではない)

他にも下記のような例がある。

  • アイドルタイムプリパラ時点での筐体ゲームではプレイ中にキャラクターにランダムでエスコートしてもらう要素があったのだが、エスコートする側のキャラクターにノンシュガーは最後まで追加されなかった。
  • アイドルタイムプリパラ時点での新作グッズの数がプリパラ3年目に比べて大幅に少なかった(ただし、アニメ3年目を基に作られた「パラネタ」と言うブランドのグッズはそれなりにあった)。
  • 「キャラウムカフェ」とのコラボ(2017年10月31日~12月3日)では、描き下ろしキャラクターにのんしかおらず、ちりとペッパーが不在。
  • アニメイトとのコラボで描き下ろされたチアガール衣装では、5人登場することが発表され、らぁらゆいシオンあろまと出てきて、ひびきはチアガール衣装を着ないからと期待されていた中で、最後に出てきたのは学ランを着たひびき。
  • 「アニメイトカフェsisters」とのコラボ(2018年4月26日~5月20日)では、プリパラからはチームのリーダーのみが描き下ろされていたが、のんはラインナップに含まれなかった。

そんな公式からの扱いがよろしくない状況の中で、『プリパズ』については2回もランキング形式のイベントが開催されていたほか(これによる描き下ろしもあり、後々グッズも発売された)、二次創作については活発だったため、この間は本筋以外の部分でファンは耐えることになる。

だが、放送終了後になり、上記のように声優側の動きが活発化するとともに、ファンの動きも活発化。そのまま始まった「チーム対抗スペシャル大会」(2018年12月~2019年2月)では予想をひっくり返して1位に輝くことになる(詳細は当該項目参照)。
これにより、ジャニスの「やみよのエデンコーデ」をプリティーリメイクした新コーデ贈られ、これによるグッズ制作・販売が行われた(2019年10月から稼働している「プリパラ オールアイドルシリーズ」にも「ノンシュガー○○エデンコーデ」(○○にはキャラ名。ブランドは各キャラのお気に入りブランドになる)として2020年2月稼働のライブ5弾で実装されている)。
それだけでなく、この1位を記念して「AMO CAFE(プリズムストーンカフェ)」でプリティーシリーズ初となるチームの単独カフェが開催され、こちらはこちらでまたグッズが制作・販売されることになった。

また、プリティーオールフレンズガァルマゲドンのメンバーと共に追加され、2019年7月より順次グッズが発売。ノンシュガー3人の新作グッズが当面安定的に出ることが保証された。ノンシュガーとして追加された訳ではなく、オルフレオリジナルの3チームに各1人参加する形となったが、チームでセット売りされているグッズは少ないため、さほど問題ではなかった。
アニメガ限定のカメラサインシリーズやダッシュストアコラボでは平然とノンシュガーがセットにされており、結局公式側としてはノンシュガーはまとめて扱ったほうが良いと判断されているようである。

こうして放送中の不遇な扱いと打って変わって、ノンシュガーは放送終了後のほうが目立った動きをすると言う特殊なチームと化した。

楽曲

曲名作詞作曲編曲備考
シュガーレス×フレンド松井洋平本多友紀酒井拓也
GoGo!プリパライフ三重野瞳菅原幸枝菅原幸枝ゲーム筐体曲
かりすま〜とGIRL☆Yeah!宮嶋淳子hisakuni高橋修平(1)
スパイシー♪ホット*ケーキ!!!松井洋平本多友紀本多友紀上述のオータムライブで初披露。
リザーブ・ザ・リバース!真崎エリカ本多友紀本多友紀上述のプリパラツアーで初披露。


(1)『かりすま〜とGIRL☆Yeah!』は、元はトライアングルの曲であり、ノンシュガーが歌うにあたって歌詞の変更とアレンジがされている。オータムライブでは2番省略の短縮バージョンであり、フルバージョンはプリパラツアーで披露されている。カバー曲ではあるものの、プリパラツアー4月28日公演では昼夜で『スパイシー♪ホット*ケーキ!!!』と入れ替えて披露されていることから、新曲と同等の扱いをされているようである。

関連イラスト

アイドルは
いろんな色のflower✿


ノンシュガー
のんしゅがー



余談

  • 本作同様にアイドルを扱った作品である『WakeUp,Girls!』にて真中のん太陽ペッパーの担当声優が共演していたが、まさか再び、アイドルコンテンツでこのような展開になるとは予想外だったに違いない(のん役の田中はサブキャラクターからの昇格であるが、ペッパー役の山下はオーディションで決まったものであり、偶然である)。アイドルタイムプリパラの19話では奥野香耶永野愛理が出演した。次作のキラッとプリ☆チャンでは小学生3人組アイスモナカきなこ味役に奥野香耶(あいす)と永野愛理(もなか)に加え、高木美佑(きなこ)が出演した。
  • 中の人も仲がよく、特に月川ちり役の大森がTwitterを始めるようになってからはその仲の良さが目立つようになっている(大森はInstagramも開設している)。真中のん役の田中、太陽ペッパー役の山下がWUGの公式ブログ(週1更新、WUG活動終了と共にブログも終了)とラジオ・Web番組ぐらいしか情報源が無かったため、リアルタイムで発信できる大森のTwitterはかなり貴重なものであった(現在は田中はTwitter・Instagram、山下はInstagramを開設している)。ちなみにTikTokも公式に先駆けて使っており、他の2人も何度か登場している。
  • 直接描写された訳ではないが、トリコロールとはメンバーのブランドタイプが同じなためか関わりが深い。のんは同じラブリー系アイドル・ファルルの大ファンで、ちりは同じセレブ系アイドル・紫京院ひびきをチームに勧誘した事がある。さらにペッパーも自分の母ライオンを手懐けた同じナチュラル系アイドル・緑風ふわりに会いたがっている節がある。
  • のん以外の二人は、苗字は二大天体、名前は香辛料から来ている(アニメージュ2017年1月号93ページより)。ちりは唐辛子(インドをはじめとした英語圏での俗称もしくは略称はchili)を使用した『chili sauce』(チリソース)。ペッパーは先述の唐辛子を含む場合があるが、狭義は胡椒である『pepper』(ペッパー)。『甘くない』という意味のノンシュガー結成を見越した上で『辛い』調味料をモチーフとしたネーミングであるが、アニメ一期及び二期に初出したキャラクターの名前がそれぞれ二通りの法則(一期は音階&方角、二期は色&五感)に即している事を踏まえれば合点が行くだろう。
  • サイリウムジュエルマイクによる音声の中に「この子はしちみ!謎だらけのアイドル!」という音声がある。この「しちみ」もやはり香辛料をイメージさせるものであることから、音声判明当初は同じく音声で存在が判明した「ちり」「ペッパー」と共にチームになるのではと考えられていた。しかし「しちみ」はノンシュガー結成前はおろか物語に全く登場せず、本当に「謎だらけのアイドル」になってしまった。こういった玩具は発売の半年前に音声が収録されるらしく、しちみはメンバー名の没案であったことがアニメ雑誌にて判明している(なお没案は、他にも『しょう子』(胡椒の反対)等もあったことも判明している)。トライアングルは2クール目以降も登場し、新チームは「ちり」「ペッパー」「しちみ」の3人になる予定だったのではとの考察もあったが、ノンシュガーは元からのんをセンターに据えて考えたチームであることが製作側から語られたため、この説は否定されることとなった。
  • チームスペシャル大会では1位となったが、その前年に開催された「ドリームチーム選抜総選挙」ではのん6位、ちり19位、ペッパー27位であった。のんについては4位のらぁら、5位のみれぃと共に「ま~ぶるみらぁのんず」としてグッズ化されたが、全体としては順位は低い(そののんも中間発表では順位が低く、結果発表までに順位を大きく上げてギリギリ滑り込んだ形である)。
  • プリパラのチームだけでなくプリティーシリーズのチームで単独コラボカフェの開催を決めたのは、2020年2月時点でノンシュガーとWITHだけである。また、ノンシュガーが初めての開催である。過去にプリパラやプリティーシリーズのコラボカフェが開催されたことは何度もあるが、基本的に開催時点での全キャラクターを出していたため、チーム単独のカフェは過去には一度もなかった。
    • WITHとノンシュガーは放送終了後の展開に割と共通している部分があることもあり、中の人としてはそれぞれチームをライバル視している部分もある模様。ちなみに朝・昼・夜と言う部分ではキャラクターとしても共通する部分がある。
    プリティーシリーズの次作・キラッとプリ☆チャンの2年目エンディングテーマ『じゃんけんキラッと!プリ☆チャン』はじゃんけんをモチーフにした曲であるが、ファンサービスの一環なのかノンシュガーのモチーフであるウサギ・孔雀・ライオンが背景に描かれている。


関連タグ

プリパラ
そらみスマイル
ドレッシングパフェ
そらみドレッシング(宿敵関係)
アロマゲドン(2期3クール目まで)→ガァルマゲドン(2期4クール目から)
トライアングル
トリコロール
マイ☆ドリーム
セインツ

外部リンク

ニコニコ版

関連記事

親記事

プリパラ ぷりぱら

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ノンシュガー(プリパラ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 800370

コメント