ピクシブ百科事典

目次[非表示]

牛の品種

体高:雄 160cm、雌 141cm
体重:雄 1,100kg、雌 650kg

大型のウシ品種。下半身が発達した楔形の体型、短いが特徴。

白黒の斑模様が特徴的だが、白の斑のホルスタインもいる。斑模様のパターンは様々だが、口先・四肢の先端・尾は必ず白(または赤)の配色となり、前述の体色の特徴から「六白牛(ろっぱくぎゅう)」とも呼ぶ。

日本にはアメリカの「ホルスタイン・フリーシアン(Holstein Friesian)協会」から導入され、次第に後半を省略して「ホルスタイン」と呼ばれるようになった。欧州では「フリーシアン(Friesian)」と呼ばれる事が多い。

オランダ・フリースラント州原産の優秀な乳牛が、ドイツ(Schwarz Bunte)、イギリス(British Friesian)、デンマーク(Danish Black and White、Pie-Noire)など各地で品種改良を受けて現在に至る。

乳量は圧倒的で世界の乳牛の九割を占めると言われ、牛と聞くと即座に連想されるほど有名な品種。乳牛として有名だが、肉量もかなり多い乳肉兼用品種である。日本でも去勢雄のホルスタイン肉がかなり流通しており、国産牛で、「和牛」と明記されてない牛肉は、まずホルスタインのものと思って間違いない。

牛娘

牛娘のイラストが描かれる際には、牛のイメージを醸し出す為に本種の駁(ばく)文様、あるいはそれに似たパターンの白黒模様があしらわれた装束(ビキニなど)や意匠が用いられる事が多い。

巨乳の女性の代名詞

いわゆる「巨乳」という言葉が誕生した頃によく使われたが、現在はあまり使われない。

余談

女性漫画家の荒川弘は「自画像が牛」ということで有名だが、白黒斑のあるホルスタインを自画像にしているのは「ホルスタイン=乳牛=ほぼ雌牛というイメージだったので(※あくまでも酪農従事者の視点です)、ホルスタインにしていた」ため、時折寄せられる「男性作家だと思われていた」のは本人曰く「カルチャーショックだった」そうである。

関連タグ

牛娘 巨乳 ミルクタンク  乳牛 牛柄 Gateway
ミルタンク 及川雫

関連記事

親記事

乳牛 にゅうぎゅう

pixivに投稿された作品 pixivで「ホルスタイン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3503757

コメント