ピクシブ百科事典

ジャージー牛

じゃーじーうし

イギリスのジャージー島を原産とする乳牛。 やや小柄だが、濃厚でバターやチーズに適した牛乳が搾れる。

ジャージー牛とは、偶蹄目ウシ科家畜である。

概説

原産はイギリスジャージー島
体毛は茶褐色で、一般的な乳牛であるホルスタインと比べるとやや小柄である。

一般的に乳牛として利用されており、乳汁の分泌量は少ないものの一度出し始めると分泌期間が長く、長期に亘って搾乳が可能になる。
牛乳は脂肪分が多く濃厚で、カロチンを含むためやや黄色みがかっている。特に脂肪の粒子が大きいためバターの精製に適している。
またジャージー島では、この牛の毛を毛糸に利用しており、それをメリヤス編みで作成したセーターが広く利用されている。これがスポーツウェアで知られるジャージの原点とされる。

国内では明治時代に酪農が開始された折、群馬県アメリカから輸入したものを切っ掛けに、主に全国の高原地帯で広く飼育されていった。
現在ではホルスタインに押され、全国生産量の1%に満たないものの、地域振興の一環で観光スポットなどでは濃厚な味わいを活かし、土産品の乳製品アイスクリームに利用されている。

関連タグ

ウシ
乳牛 牛乳
イギリス 酪農 ジャージ
バター チーズ ヨーグルト アイスクリーム

関連記事

親記事

乳牛 にゅうぎゅう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ジャージー牛」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1109

コメント