ピクシブ百科事典

リンドブルム

りんどぶるむ

ドイツやスウェーデン等に逸話を残すドラゴン。 二枚の翼と一対の前足、蛇のような長い胴体をもつ。 デンマークにはこのドラゴンを主軸とした物語が存在する。
目次[非表示]

リンドブルムとは、欧州伝説に残るドラゴンの一種である。
綴りは【Lindworm】ないし【Lindwurm
飛竜もしくは犬竜と呼ばれる。

概要

 のような長い胴体に一対の前足、蝙蝠のようなを持つドラゴン。
 主にドイツ周辺・スカンディナヴィア半島にその伝承を残し、特にスカンディナビア半島では19世紀までその目撃例が存在した。

 リンドブルムのブルム【worm】とはワーム(ワイアーム)のことであり、このドラゴンが古代伝承のドラゴンと中世伝承のドラゴンの中間域で生まれた存在であることを示唆している。
 ゆえに、年代の古い伝承のリンドブルムは翼をもたず、飛行することができなかったとされており、よりワイアームに近い存在として描かれている。
 ドイツやスカンディナヴィアのリンドブルムは鏃のような尾を持つ飛竜とされる一方、イギリスの伝承に語られるリンドブルムは翼をもたないとされるものが多い。この翼をもたないリンドブルムはリンドドレイク【Linddrake】とも呼ばれている。

 また後世になると、「稲妻流星はリンドブルムが発したもの」という伝承も登場してくるようになる。

リンドブルム王子

 デンマークに伝わる伝承。
 子宝に恵まれない王妃が、魔女の助言で薔薇を食べて双子王子を授かるが、その際に忠告を守らなかったために一方の王子がリンドブルムとして生を授かってしまう。
 リンドブルムの王子は父に自分子であることを認めてもらおうと懇願するも、王は頑としてこれを拒否する。これに怒った王子は「自分の花嫁を探してくれなければ父上を食い殺す」と脅しにかかる。王は仕方なく花嫁探しを始めるも、どの花嫁候補も王子の姿を見て恐れを成し、誰も彼を愛そうとしなかった。そのたびに王子は怒りに任せて花嫁候補たちを食い殺していった。
 やがて王子がリンドブルムであることが国中に知れ、花嫁に相応しい相手が見つけられなくなった頃、羊飼いの美しい娘がいると聞いて王は彼女を指しだすよう、彼女の両親に命を下す。娘は死を覚悟して花嫁となりに向かうが、その道中で怪しい老婆(実は王妃に助言をした魔女)から不思議な助言を受ける。
 王子のいる館に着くと、娘は老婆からの助言を実行した。すると翌朝には誰も見たことが無いような美しい人間の王子がいたという。
 その後二人はめでたく結婚したという。

解説

 いわばデンマーク版『美女と野獣』と言える物語。
 欧州各地に類似する伝承が存在し、またこの原点にも続編が存在する。

イギリスには、『スピンドルストンの醜い竜』という話がある。

関連イラスト

独り想う
リンドブルム



関連タグ

ドラゴン
飛竜 モンスター

pixivに投稿された作品 pixivで「リンドブルム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 89349

コメント