ピクシブ百科事典

カトブレパス

かとぶれぱす

ナイル川上流に棲息すると言われた伝説上の生き物。
目次[非表示]

概要

姿はスイギュウに似ていて、豚の頭を持ち、頸がまるで中身の無い腸のように長くぐにゃぐにゃしているのが特徴。恐ろしげな外見に似合わず性格はおとなしい。
視線に毒を持ち、睨まれた相手は即死すると言われる。
尚、カトブレパスとは「下から伺い見る」と言う意味のギリシア語に由来する名前。

カトブレパス



古くは「聖アントワーヌの誘惑」など宗教絡みの作品に登場する程度だったが、昨今ではゲーム「ファイナルファンタジー」シリーズで召還獣や中ボスとして登場するのを始め、様々な分野でキャラクターに採用される機会が増え、少しずつではあるが著名度も上がっているようだ。

近年では視線で即死させるという能力がバジリスクと被るために、石化能力と解釈される場合もある。

フィクションでの扱い

ファイナルファンタジーシリーズ

初出はFCの『ファイナルファンタジー3』で翼が生えた牛のモンスター。『ファイナルファンタジー5』では伝承に忠実な姿で特定の場所に出現し、倒すと手に入るドロップアイテムを使用すると呼び出せる隠し召喚獣である。『8』以降はベヒーモスの色違いで登場することが多かったが、『ファイナルファンタジー15』では単眼で巨大な首が長い古代哺乳類のような姿で登場した。初期作のリメイクにも登場しバジリスク系の色違いである。

女神転生シリーズ

シーア―クかな


初出は『真・女神転生デビルサマナー』で種族は”妖獣”。伝承に忠実な姿で青い色をしていたが続編の『ソウルハッカーズ』以降は黄色系に変更になった。

瞳のカトブレパス

カトブレ


2007年に週刊少年ジャンプで連載されていたが、短命に終わってしまった漫画。作者は荒木飛呂彦の弟子の田中靖規。主人公である「志村時生」が宿している魔物で、時計のような単眼で時を止め、命を止める力をもつ。

フルボッコヒーローズ

フルボッコヒーローズXよりカトブレパスちゃん


片方の目を封印した牛の獣人少女。「邪視のカトブレパス」に進化する。

TOKYO天魔 -DEVIL SLAVE-

R-18のブラウザゲームで眼帯をした牛女の魔獣として登場。pixivユーザーのマフェン氏が仕事絵で担当している。

ぼくとドラゴン

pixivユーザー海野大輔@フリーランス氏が仕事絵で担当している。(転載不可)

CYBERONE

pixivユーザーイシバシヨウスケ氏が仕事絵で担当しているエボニー・カトブレパス。

エボニー・カトブレパス


類似した怪物

ゴーゴン

D&D』に登場する石化ブレスを吐く青銅の皮膚を持つ牛の魔物。カトブレパスがモデルといわれる。

ストーンカ

上記の「ゴーゴン」に似た『女神転生』シリーズなどに登場するブルガリアの伝承だとされる雷鳴を引き起こす青銅の皮膚の牛の魔物。しかし、いまだに原典が確認されていないため、近代の創作として石化能力から「石化させる」→「ストーン化」と名づけられた可能性がある。なお「ストーンカ」という言葉のスペルを検索すると、ジャガイモの害虫「コロラドハムシ」のポーランド語がヒットする。

ハンババ

ホルヘ・ルイス・ボルヘスの「幻獣辞典」の描写により牛の魔物とされるようになった。
メソポタミア神話では恐怖の象徴として「彼が誰かに目を向けたとき、それは死を意味する」と描写される。切り落とされた頭部は、袋に入れ持ち帰られたというメデューサの神話との共通点もある。

関連タグ

幻獣 水牛 ヌー 
邪視 
バジリスク ゴーゴン

pixivに投稿された作品 pixivで「カトブレパス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 166606

コメント