ピクシブ百科事典

ちん

中国の伝承に登場する猛毒の妖鳥。
目次[非表示]

ぬらりひょんの孫』の登場人物は別ページで解説。⇒鴆(ぬら孫)

概要

緑色の羽毛と真っ赤な嘴を持つ妖鳥。大きさはサギほどで姿はやサギ、キジフクロウなどの鳥類に似ていると言われ、定説は無い。

オスを特に「雲日」(うんじつ)、メスを「陰諧」(いんかい)と呼ぶ事もある。

毒蛇や砂子虫など毒のある生き物を好んで食す。
肉は勿論、骨や羽毛に至るまで全身に猛毒を持っている。その威力は鴆が飛んだ跡は作物が全て枯死し、獲物を咥えれば唾液に含まれる毒で獲物が溶け、排泄物が石にかかれば石が砕け散る程で、口に含めば五臓六腑が爛れて死に至る。
その毒気のあまりの威力から毒の代名詞とされ、「鴆殺」と言えば毒殺、「鴆を市する」と言えば毒物の闇取引、「鴆杯」と言えば毒を自ら呷る事を指した。
毒羽を酒に浸す等の形で、暗殺に利用されることもあったという。

この毒の解毒にはの角が有効であり、皇帝や貴族は犀角の杯をこぞって求めたといわれる。

一つ目の牛のような姿で蛇の尾を持つ「」という幻獣は歩くだけで河を涸らし、草木を枯らし、疫病を流行らせる恐ろしい存在だが、鴆はこの獣を襲って食べてしまう天敵であるといわれる。

ちなみに、近年ニューギニア島で羽毛に毒を持つピトフーイという鳥が発見され、もしかしたら古代中国ではすでに知られており、モデルになったのでは?と考えられている。

関連イラスト

鴆
鴆
鴆 


創作での扱い

女神転生シリーズ

初出は中国系の悪魔が独自の姿で多く登場した『デビルサマナー』で種族は”凶鳥”。姿は漢方薬にも使われるタツノオトシゴに似たカラフルな鳥で、登場作品ごとに差異はあるが、伝承のとおりベノンブレスや毒針などの毒攻撃を得意とする。『真・女神転生Ⅲ』では種族は”妖獣”で3D化された。

冬はあったかお鍋だよね!全員集合ー!


陰陽師(ゲーム) ⇒

毒羽攻撃を持つ式神。

鸩


衛府の七忍

徳川家康が毒を採取するために駿府城地下で飼う巨鳥。

探偵学園Q

九頭龍匠の作品である掛け軸に羽根が使用されており殺人に使われる。

カミヨミ

「沈黙の毒編」で暗殺に羽根が使われた。

鴆-ジェン-

文善やよひ作のBL漫画。毒を羽根に蓄えるほど美しくなる鳥人である鴆と、兄を鴆に殺されたが飼育を引き継ぐことになった将軍との人外×将軍の愛憎の物語。

鴆CHIN 戦国妖女伝説 

西條栄一作の戦国時代を舞台にした漫画。

女媧~JOKER~

大西港一作の異形の三国志漫画。呪術で強化された鴆が登場。

関連タグ

中国妖怪 幻獣 架空鳥類  暗殺
ヘビクイワシ:色や無毒な点を除けば共通点の多い鳥類。ただし、鴆との伝承地とはかなり離れたアフリカに生息している。
ステュムパーリデスの鳥:こちらも排泄物に毒があり、現地人を困らせていたとある。

pixivに投稿された作品 pixivで「鴆」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 776844

コメント