ピクシブ百科事典

ストーンカ

すとーんか

ストーンカとはブルガリアに伝わるといわれる牡牛の怪物。
目次[非表示]

概要

※メイン画像左
ブルガリアの伝承に登場するといわれる怪物で、青銅のような皮膚を持ち、大地を揺るがす雷鳴のような咆哮を上げる牡牛である。雷雲の化身であるともいわれる。

実は…

このような伝承につきものの怪物退治の英雄譚などは伝わっていない。というか上記の概要以上の情報は知られていない。

なお、あの佐藤有文編著の1973年に発行された児童書『世界妖怪図鑑』が初出であるという説がある。
この書籍では怪牛ストーンカという名で紹介されており、ユーゴスラビア中の家畜を鋭い二本角で殺しまわっていた不死身の魔牛であるという。
魔力で人や罠を察知してしまうため退治が出来なかったが、馬の皮を被って隠れていた勇者が、黄金の剣で倒したという。

いまだに古文書等の原典が確認されていないため、1974年に発表されたTRPGダンジョンズ&ドラゴンズ』に登場する青銅の牛の怪物ゴーゴンの姿と能力をモデルに、「石化させる」→「ストーン化」と名づけられたのかもしれない。(上記の児童書の方が発行時期が早いので、睨まれた者は即死するという牛の魔物カトブレパスがモチーフなのかもしれない)

なお「ストーンカ」という言葉のスペル(Stonka)を検索すると、ジャガイモ害虫「コロラドハムシ」のポーランド語(Stonka ziemniaczana:ジャガイモテントウムシ)がヒットする。

創作での扱い

女神転生シリーズ

初出はFCで発売された初代『女神転生』で種族は”魔獣”。エジプト神話の”聖獣”アピスの色違いの2足歩行の灰色の牛といった姿で登場し、中堅の仲魔といった位置づけである。

デジタル・デビル・ストーリー女神転生Ⅱ』では金子一馬デザインの人面でひび割れた皮膚を持つ牛として、『真・女神転生』では蛇の骨のような尾を持つ単眼の赤い牛として描かれている。

魔神転生』ではラクチャンゴの色違いの隈取がある牛。
『魔神転生Ⅱ』では単眼の牛(※メイン画像)として登場し、エンディングで「あ、上から石が!ストーン!ってもう古いか?」と言って去っていく。

本シリーズに登場するものが日本のゲーム文化の中で、モンスターとして登場するものの原典であると考えられる。

ドラゴンコレクション

青い鎧のような体を持つ雷をまとった単眼の牛の魔物。

キズナモンスター

単眼の青い牛の魔物。

幻獣姫

CV:大谷理美
雷撃を使う魔物娘。

関連タグ

幻獣 魔獣 
女神転生 仲魔

類似した怪物
カトブレパス ハンババ ゴーゴン 

pixivに投稿された作品 pixivで「ストーンカ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18

コメント