ピクシブ百科事典

ウガルル

うがるる

ウガルルは、古代メソポタミアの図像であり、エヌマ・エリシュに登場する怪物。ウガルルムとも呼ばれる。
目次[非表示]

概要

「巨大な目」「巨大な嵐の獣」を意味する。

エヌマ・エリシュにおいてティアマトが生み出した11の怪物の一体で、巨大なライオンの姿や、ライオンの頭を持ち、短剣や斧、鎚鉾などを持つとされる。
その他にも足などが他の動物のものとされたりもする。
古代メソポタミアにおいてライオンは王権を示す動物であったため、それを象徴する存在と言われる。
熱をもたらすといわれ、また、宮殿や家などに彫刻や人形として埋め込まれることで、悪から守るとされている。


創作におけるウガルル

まちカドまぞく

ウガルルちゃんらくがき


詳しくはウガルル(まちカドまぞく)を参照。

関連記事

親記事

メソポタミア神話 めそぽたみあしんわ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ウガルル」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ウガルル」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 220512

コメント