ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

タングリスニル

たんぐりすにる

北欧神話に登場する聖獣。相方のタングニョーストについても記述。(メイン画像は東京放課後サモナーズ版)
目次 [非表示]

概要

北欧神話に登場するヤギの聖獣で、相方のタングニョースト(歯ぎしりする者)と共にトールの戦車を牽引する。

意味は「歯のある食用家畜の子」(新紀元社刊『虚空の神々』に書いてある)

古今東西、神の戦車を引く獣はチャリオットが存在する文化圏にはあるあるな要素であるが、この二体は他の神話の輓獣にしては珍しい役割を持っている。それはトールの食料になってしまうという点である。

戦車を引く大事な動物なのに食べちゃうのか!?と突っ込まれるが、トールはミョルニルを振るう事で彼らを再生させてしまうので問題はない。しかし、あくまで骨と皮が残っていたらの話であり、骨の髄を傷つけるなど、必要以上に骨を損傷させてしまうと復活後の歩き方に支障を来たしてしまう。

彼らが旅先で泊まった百姓一家の兄妹(シャールヴィ兄と「勇敢、快活」の意のロスクヴァ妹)が彼らの骨を切ってしまった事でトールが怒り狂った(「骨を切るな」とトールさん言ってなかったのも悪いんだけど)ので、百姓一家は息子と娘を従者に貰う事を条件に許してもらったという逸話がある(なので2匹ともども片足が悪い上、足が速い兄貴は中活躍している)。


創作作品のタングリスニル

 ヘラクルス神闘衣のモチーフになっており、彼の持つ武器の名前もトール神のミョルニルに由来している。


アニメ版にて北欧神話に関するモンスターなどが属するカテゴリーのカード、極星獣タングリスニとして登場。遊戯王OCGとして販売もされている。


関連タグ

北欧神話 トール チャリオット

関連記事

親記事

トール とーる

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 109093

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました