ピクシブ百科事典

アレクサンダー(FF)

あれくさんだー

「アレクサンダー(FF)」とは、FF6以降に登場する召喚獣である。
目次[非表示]

概要

ファイナルファンタジーシリーズに登場する召喚獣。
FF6以降の作品で登場する巨大な機械の姿をした召喚獣で、「アレキサンダー」と表記されることも。

巨大な動く城というある意味で規格外な召喚獣であり、召喚すると『聖なる審判』で敵を焼き尽くし、聖属性ダメージを敵全体に与える。

デザインのモデルはFF4に登場したバブイルの巨人を描いた天野喜孝によるイラストが元になっている。

初登場がFF6と召喚獣にしては遅めなものの、以降のほとんどの作品に登場しておりその圧倒的な存在感からか召喚獣でもシリーズに共通して高ランクに属することが多くその人気は高い。
シリーズ通してストーリー後半で入手する事が多い召喚獣だが、ホーリーと並ぶ数少ない聖属性攻撃であり、敵に安定したダメージを与えられる為、後半入手の割には使用率は高め。
しかし、FF9以降はそのデザインのインパクトからか、ボスやイベント専用のキャラとして登場する事が多くなり、聖属性の召喚獣枠は他の召喚獣に譲る事が多くなった。

但し、「アレキサンダー」はバハムートラグーンの最強召喚獣・「神竜王アレキサンダー」を指す場合もあり、混同には注意が必要だろう。

FF6

今作が初登場。
カイエンの「夢」をクリアした後に入手できる魔石。
ホーリーを習得できるが、ティナセリスもレベルアップで習得可能な魔法。

FF7

スノウを倒すと入手できる召喚マテリア。

FF8

イデア(2回目)にドローすると入手できるG.F.。

FF9

イベントのみに登場する。
白い翼を生やしていて、伝説の召喚獣とされている存在。

FF11

表記は「アレキサンダー」。
「アドルガンの秘宝」ミッションに関わる重要なNPCで、そのミッションのラスボスでもある。

FF13

表記は「アレキサンダー」。
ホープの専用召喚獣。従来とは違い2本足で移動する。

FF14

表記は「アレキサンダー」。
理想郷を求めるアウラの一族が召喚した大型蛮神。本作のアレキサンダーは時間操作能力を持つ。

半熟英雄

同社のシミュレーションRPGの『半熟英雄』では、『アレクさんだ!』と言う、セルフパロディのエッグモンスターが存在する。
見た目は『ほぼほぼアレクサンダーだが、顔だけは白人男性の顔の雑コラ』と、色々とブッ飛んでいる。

関連イラスト

アレクサンダー
アレキサンダー
アレクサンダー
聖なる審判



関連タグ

アレクサンダー ファイナルファンタジー
召喚獣(FFシリーズ) 召喚獣

この記事のカテゴリ

キャラクター・人名 ゲーム

関連記事

親記事

召喚獣(FFシリーズ) ふぁいなるふぁんたじーにとうじょうするしょうかんじゅう

兄弟記事

コメント