ピクシブ百科事典

アシボビュック

あしぼびゅっく

アフリカ南部に棲む琥珀、もしくは竜涎香を生成する怪鳥。

概要

アシボビュックの他アシボブクとも呼ばれる。

アフリカ南部モザンビーク近くのユシック諸島に棲むといわれるほどの大きさの怪鳥で、無人島の岩礁で休憩をとる。
そのときに排泄された糞は日光で乾き、島の空気で清められた後に海に流れ、海岸に打ち上げられたものが美しい琥珀となるのだという。
欲深い者はこの鳥の棲む場所を探し出し、糞が出る瞬間にかすめ取ろうとするのだというが、それがうまくいったためしはないとされる。

その糞を魚が飲み込んで吐き出したものも琥珀になるが、重くて色が黒ずんだ質の低いものになりはてる。

この怪鳥については17世紀にJ.F.クロブによって書かれた『琥珀の歴史』に記述されており、
ロイス・ギュイオン著の『教訓』には、16世紀フランスの修道士トゥヴェの『宇宙誌』の記述として中近東およびギリシャ人、ユダヤ人の伝承であると紹介される。

この琥珀とはグアノ(鳥糞石)のことでは無いのかと考察されており、香りが良いとも伝承されることから本当の琥珀ではなく、当時はどのようにできるのかが不明であった竜涎香フランス語でアンブル・グリ:灰色の琥珀である)のことではないかといわれている。

関連タグ

幻獣 怪鳥 アフリカの妖怪
琥珀 竜涎香

関連記事

親記事

幻獣 げんじゅう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アシボビュック」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 67

コメント