ピクシブ百科事典

バニップ

ばにっぷ

バニップ(Bunyip)とはオーストラリアに伝わる怪物である。
目次[非表示]

概要

別表記は「バニップ」「バンイップ」「バニープ」など。
オーストラリアのニューサウスウェールズ州(東部)やクィーンズランド州(北東部)の河川や沼や池に棲息するとされる人食いの怪物

語源についてはヴィクトリア州(南東部)の北西部ウィメラ地方のワーガイア族の言葉で「黒鳥のように長い首を持つ」という意味の「Bunib」とする説が大阪大学の藤川隆男教授によって唱えられている。

藤川教授の著作『妖獣バニヤップの歴史』ではこの地域に「バニープ・バニープ(Buneep buneep)」という名称の土地があることも紹介されている。
このように名前やおおもとの伝承はオーストラリアの中でも東部に属しており、もともと別の言語や文化を持つ他地域のオーストラリア先住民にも共有されているわけではない。

藤川教授によれば19世紀中盤、1845年の『ジロング・アドヴァタイザー』紙の新聞記事に登場した、怪物の出現を語る記事がきっかけで、オーストラリア全土の水辺の怪物の名称として、他地域の先住民にも使われ、地域を問わない先住民の語彙として白人入植者たちに受け取られ広まることになったという。その為東部以外のアボリジニはこの呼称を「水に住む怪物を表す英語」として、白人入植者は「先住民の使う一般的な名称」として認識していたと『妖獣バニヤップの~』には書いてある。

「オーストラリアでの怪物の目撃談」に広く用いられたためか、その姿についてはカバワニのように形容されたりクトゥルフ神話に出てくるような姿に描かれたりと一貫性がない。だが、大きな鳴き声を放つ、という点では共通している(バニップの声と言われたサンカノゴイは、現地では「バニップバード」という)。

観光地であるニューサウスウェールズ州のブルーマウンテンにある「スリーシスターズ」という奇岩にもバニップ繋がりの伝説がある。

これまでに正体の候補として挙げられてきた生物だと、例えばヒョウアザラシゾウアザラシイリエワニやオーストラリアミズオオトカゲ、絶滅種や絶滅未確認生物/EMA だとメガラニアディプロトドンティラコレオ等々、果ては恐竜説もある。
  古生物学者のリチャード・オーウェンは、T・ミッチェルの発見した「バニップの骨」と称するものを詳細に検討し、古代の絶滅有袋類として「ディプロトドン」と命名した(一応「水棲有袋類」は大嘘というわけでなくて、南米にミズオポッサムという水生のがいるからバニップさんがそういうのである可能性はないではない)。

  • オーストラリア北部には獣脚類型のUMAの伝承もあり、近海にも古生代の爬虫類を思わせるUMAやメガロドンの目撃情報もある(「海バニップ」の目撃情報はあるものの、それとは別に南方熊楠柳田國男へあてた書簡の中で、河童について考える時に水の怪物繋がりでこの伝承を上げ、これの正体について「サメが淡水でそこそこ生きられる」可能性に言及している)。


関連タグ

モンスター UMA バンイップ

外部リンク

バニップ - Wikipedia

pixivに投稿された作品 pixivで「バニップ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5946

コメント