ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

印旛沼の怪獣

いんばぬまのかいじゅう

福岡秋月藩の黒田甲斐守の家来で、印旛沼の掘割工事を命じられた山田忠左衛門が提出した報告書にその記述がみられる怪物。

概要編集

福岡秋月藩の黒田甲斐守の家来で、印旛沼の掘割工事を命じられた山田忠左衛門が提出した報告書にその記述がみられる天保14年(1843年)に千葉県にある印旛沼に出現したとされる怪物


全長は1丈六尺(約4.8m)、顔周りが一丈(約3m)、鰭のような手の先にある爪の長さは一尺(約30cm)、口は五尺(約1.5m)、目は四斗樽ほどの大きさが有り、鼻は低く、のような顔つきをした全身が真っ黒な容姿をしていたとされる。また、地元の博物館に展示されている復元模型では、アザラシの様なヒゲが生えている(参照)。


記述によれば印旛沼と利根川の水路の工事を行っている最中、弁天山近くのある底なし沼から濁水が吹き上げて来たので監視していた所、突如として大嵐となり、辺りが暗闇に包まれて光ったかと思うとこれが出現した。


怪物は暫くの間大きな岩に腰掛けていたが、突然雷の様な音を立てると監視中の役人と家来の14~15人は即死してしまったという。生き延びた3人も重病になったとされる。


印旛沼には複数の竜に関する伝説が存在するが、この怪獣との関連性は不明。


関連タグ編集

水妖 日本妖怪

海のおばけオーリー - お化けとアザラシつながり。上記の博物館でも関連付けられている。

バニップ - 類似性のあるアザラシ系の危険な存在。

関連記事

親記事

日本妖怪 にほんようかい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 385

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました