ピクシブ百科事典

概要

埼玉県神奈川県に伝わる妖怪。カタカナでケッカイと表記されるほか、長野県ではケッケという名で呼ばれている。

妊婦から産まれることがある事がある産怪の一種であり、一説には舌が二枚あり、毛が逆さに生え牛に似た顔の毛むくじゃらの姿をしているとされる。

これが家の縁の下に潜り込むと、産婦の命が危険にさらされる為、それを防止する目的で出産の時に縁の下に屏風を巡らせる風習が存在する地域がある。

また、産み落とされるとすぐに血まみれのまま動き出して逃げようと囲炉裏の自在鉤を昇り出し、これに逃げ切られると産婦は死んでしまうと伝わっている地域もあり、それを阻止するために前もってしゃもじを用意しておいて、血塊が出現して自在鉤を昇り始めたらすぐに叩き落すように伝えられている地域もあるという。

関連タグ

産怪 日本妖怪 妖怪 
モチーフ奇形児

関連記事

親記事

日本妖怪 にほんようかい

兄弟記事

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました