ピクシブ百科事典

マフート

まふーと

古代エジプトやオリエント地域の装飾に描かれる首の長い獣。
目次[非表示]

概要

古代エジプトメソポタミアの化粧石版や柱などに彫られている、首がのように長いネコ科姿の幻獣
普段は大きなのような姿であるが、獲物を捕らえるときには首が体長の3倍も伸びる。

エジプト神話では特に登場エピソードは知られていないが、作家・草野巧によって紹介され日本では知られるようになった。

近年のオカルト説では初期のエジプト王朝時代まで、首が長い獣が生き残っていた証拠であるとされる。

実は・・・

マフート(Makhdet)とは古代エジプトの司法権を司るイクニューモン(エジプトマングース)の女神マフデトの別名で、首が長い獣の本来の名前ではないとされる。

この装飾自体は英語サーポパード(serpopard:蛇首猫)と呼ばれており、これはサーペント(大蛇)とレパード(豹)を組み合わせた近代の造語である。

図像はというよりは雌ライオンの特徴があり、首は蛇のように長いが鱗や二股に割れた舌は見られない。

考古学においてこの姿は、エジプト王朝に支配されない国外勢力の象徴(カオス)とされ、エジプト王がそのカオスを押さえつけ飼い慣らすことを願って彫られたものであると考察されている。

そのためなのかエジプトではこの獣が拘束されている姿や、他の動物を攻撃している様子が描かれており、それに対してメソポタミアでは生命力の象徴であり2頭セットで首を絡ませている姿が描かれているのだという。

創作での扱い

  • ファイナルファンタジー10:マカラーニャ湖とマカラーニャ寺院に出現する甲羅種族(亀)のモンスター。この地域は寒冷地であるが何故か氷結系に弱い。
  • バトルスピリッツ:首長虎マフートとして登場。
  • エル・アラメインの神殿:星野之宣による短編漫画。古代エジプトでピラミッドなどの巨石文明が衰退した理由とは...

関連タグ

エジプト神話 幻獣
ネコ科

カトブレパス ろくろ首 ながいねこ 
 竜脚類

関連記事

親記事

エジプト神話 えじぷとしんわ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「マフート」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26

コメント