ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

もしかして→カチーナ・タラスク

概要

別表記として「タラスクス」や「タラスキュ」などがある。


ローヌ川近辺の森に住んでいた六つの足と甲羅を持つドラゴン

頭部はライオン(山猫)の頭や人頭に形容されることが多い。中世のキリスト教説話集『黄金伝説』では「半獣半魚の竜」と記される。


レヴィアタンがガラティア(現在のトルコ中央部)にいた獣オナクス(ボナコン)との間にもうけた子供で、海を渡ってはるばるフランスまでやってきた。


人肉を喰らい、狩りの場合は水中に身を隠し、川辺を歩く人々を襲ったりを沈めていた。

逃走する時は灼熱を広範囲に撒き散らす。『黄金伝説』では「投石器のように」と形容されており、

シャワー状ではなく一塊の粘るような糞を発射するのを繰り返す戦法を用いていたと考えられる。


新約聖書の登場人物でフランスにキリスト教布教に来ていた聖女ベタニアのマルタは、困った住民の頼みを聞き入れると、住処の森にドラゴン退治に出た。

人間を食っていたタラスクに対し、彼女は聖水十字架を用いて降参させ、腰帯で縛って無力化した。

人々は動けなくなったタラスクをでフルボッコにして殺したという。


このエピソードは多数ある話のうちの一つで、「人を襲わないおとなしい龍だったが人々に虐められ死んでしまった」という話も伝わっている。

タラスコサウルス

タラスコサウルスという獣脚類の恐竜は、タラスクから名付けられた。


水木しげるの妖怪画は二つ確認されており、「タラスキュ」名義で描かれたバージョンは地図らしきものをくわえたひょうきんな顔付きのドラゴン、もう一つは伝承通りの人間を加えたデザインの二種。

ちなみに、前者が掲載された『世界の妖怪大百科』では聖女マルタを勇者セント・マルタと表記しており、印象が大幅に変わっている。


創作におけるタラスク

なるたる』のタラスク

スパゲッティ・シンドローム

ロバート・フランクリンが出会った「竜の子」。


ワイルドアームズ』のタラスク

【全て筆で描く】毒撃鎧殻亜竜

シリーズ作品全てに登場するモンスター


Fate/GrandOrder』のタラスク

センシティブな作品

聖女マルタの召喚する竜。詳しくはマルタ(Fate)を参照。


バディファイト』のタラスク

剛竜タラスク(バディファイト)

ブースターパック 第4弾「轟斬轟く!!」の剛竜タラスク。


D&D』のタラスク

最強クラスのドラゴンと肩を並べうるぐらいの厄介なモンスターとして登場。

普段は地中奥深くで眠りについているが、一度その山のような巨体が目覚めると本能の赴くままに彷徨って辺り一面の動物や植物を喰らいつくす。

甲殻はドラゴンの鱗並みに強靭で物理攻撃はおろか光線状の攻撃すらも反らしてしまい、更にはどんな傷でも瞬く間に塞いでしまう驚異的な再生能力を誇る。精心も強靭で魔法に対する抵抗も強いため洗脳呪文や即死呪文といった搦め手も通用しづらくシンプルに強い。

要は、極めて高いレベルのプレイヤー・キャラクターの相手としてデザインされたモンスターと思って概ね間違いない。


女神転生』のタラスク

邪龍タラスク

初出は『真・女神転生2』で種族は”邪龍”。神話に忠実な姿で『葛葉ライドウ』では数千年生きてきたという「大タラスク」が登場した。


ドラゴンズドグマオンライン』のタラスク

亀のような大型ドラゴン。


ファイナルファンタジーシリーズ』のタラスク

初出は『FF11』の「イフリートの釜」に出現するノートリアスモンスター。『FF12』ではチェイン数21以上の状態で「ツィッタ大草原」と「終焉と旅立ちの庭」に訪れると出現するレアモンスター。『FF14』 では「高地ドラヴァニア」でレアF.A.T.E「爆着の甲竜タラスク」として空から回転しながら出現する。


サンサーラ・ナーガ2』のタラスク

タラスクスとして登場。第四階層「マハルローカ」の海中に出現する六本足の古代魚のような竜。


関連タグ

幻獣 ドラゴン 多脚 合成獣


キリスト教


ペルーダガルグイユ…似たような要素を持つご近所さん。

関連記事

親記事

ドラゴン どらごん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 420417

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました