ピクシブ百科事典

ガルグイユ(ドラゴン)

がるぐいゆ

ここではフランスの伝承に伝わるガルグイユについて解説する。

概要

ガルグユともいわれる大のみの名を冠するフランスのルーアン地方の伝説に伝わるドラゴンの一種。

長い甲羅ヒレを持つ巨大な姿をしており、体の中に大量のをため、これを一気に吐き出して洪水を引き起こすという恐るべき能力を持っている。水を吐くのは世界中の竜やシーサーペントや蛇神や爬虫類または両生類神に見られるが、洪水を起こすのは珍しい。
そのため、人々から恐れらていたが、十字架に弱く、また水中で暮らしているのにも拘らず、にも弱いという弱点を持っている。

なお、以降の部分はペルーダなど他のドラゴンと混同されている可能性もあるが、ガルグイユは洪水を引き起こすだけではなく、日本河童の様に、に近づいた家畜を引きずり込んで喰らってしまう習性があり、そんな状況を見かねたとある聖職者がガルグイユを屠ったという伝承が有るそうで、この伝説からガーゴイルの名前の原点になったとされる。

関連イラスト

ガルグイユ(無印)
ドラゴン  ガーゴイル ファンタジー

コメント