ピクシブ百科事典

クールマ

くるーま

ヴィシュヌの10ある化身の1つである大亀。

概要

ヴィシュヌ神の第2の化身
の姿をしており、不死の甘露を求めて神族魔族が乳海の大撹拌を行った際にヴィシュヌ神がこの姿となって撹拌棒として使われたマンダラ山を海底で支えたとされる。

ちなみにヒンドゥー教の聖典の1つである『マハーバーラタ』では亀王アクーパーラがこの役目を担っており、クルーマがンダラ山を支えたという話はもう一つの聖典である『ラーマーヤナ』での話である。

関連項目

ヴィシュヌ インド神話

pixivに投稿された作品 pixivで「クールマ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 57

コメント