ピクシブ百科事典

ピグチェン

ぴぐちぇん

南米の伝承に伝わるドラゴン、あるいは大蛇の一種。メイン画像は女体化アレンジ。

概要

ピウチェーンとも表記されるチリの民話やマプチェ族の伝承に伝わる毛に覆われた翼を持つ大蛇、あるはドラゴンの一種。また手足がある、尻尾が魚のヒレのようになった姿とされる事もある。

アンデス山脈の麓、パタゴニア地方の森に生息しているとされ、主に家畜を襲ってその血を啜るといわれ、時に人間を襲う事もあるとされるが、基本的には人間側から攻撃を受けない限りは襲ってくることは無いらしい。

ちなみにその名は“人間を枯らすもの”という意味で、血を吸われて干からびた状態で発見されることからこの名前が付いたらしい。

その硬い体毛から空気や水を伝って触れただけで焼けただれてしまい、酷い場合には死に至らしめる猛毒を発生させているといわれている。また、鳥や魚、蛙に変身できる能力を持つともいわれる。

その為、不用意に近づくと危険だが、普段は体を覆う突起を使って木の枝に擬態しているのでなかなか難しいが、ピグチェンが潜んでいる木の付近は犠牲となったものたちの血で赤く染まっているので、注意深く観察すれば判別できるという。なお、人間から攻撃を仕掛けない限りは人を襲うことは無いらしい。

なお、基本的に不死身に存在とされているが“マチ”と呼ばれるマプチェ族のシャーマンたちは唯一これに対抗する事ができ、その方法とはピグチェンが棲んでいる木を見つけ出して逃げられない様に大きな布で木を囲み、木に火を付けることによって撃退するという。

関連タグ

ドラゴン 大蛇 南米妖怪

関連記事

親記事

大蛇 だいじゃ

兄弟記事

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました