ピクシブ百科事典

アリカント

ありかんと

アリカント(Alicanto)とは、チリの伝説に登場する金属を食べるという怪鳥。
目次[非表示]

概要

チリのアラウカノ族に伝わるアタカマ砂漠に棲むという金属の鉱脈を食べる夜行性怪鳥で、を食べているものは金色に、を食べているものは銀色に輝くとされるが、一般的には埋蔵量が多いを食べているのか、銅緑色に輝くもののほうが多いともされる。

そのため身体が重く、空を飛ぶことはできないが、普段から重さに慣れているために、空腹なアリカントはとても素早いといわれるが、満腹の時は這うのもやっとの状態になるとされる。

山間部に生息しており、鉱夫やならず者は一攫千金を求めて金色や銀色のアリカント探し出し、金鉱脈や銀鉱脈を見つけるために後を付けるが、心が正しくない者がアリカントに気づかれると、崖におびき出されたうえに身体の光を消して隠れられてしまい、暗闇の中で滑落死させられてしまうという。

心正しい者はエンティエロ(穴を掘るという意)という宝のある場所に導かれるとされ、チリの銀鉱山として有名なフアンゴドイは、アリカントによって導かれて発見された場所であるといわれている。

創作での扱い

チリ本国や海外ではフェニックスに似た聖鳥のような姿で描かれることが多いが、日本ではアルゼンチン出身の作家ホルヘ・ルイス・ボルヘスの『幻獣辞典』で知られるようになり、七面鳥ドードー鳥のようなずんぐりむっくりした姿が想像されている。

金鉱石の近くにいるドードー鳥のような姿の妖怪画が描かれた。
仲間の一人ホープ・エストハイムの武器の装備アビリティ・ブレイク不可能なブーメランの名前として登場。

関連イラスト

Alicanto
アリカント



関連タグ

南米妖怪 チリ 幻獣 怪鳥 金属性

パイビリカ 大百足

関連記事

親記事

南米妖怪 なんべいようかい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「アリカント」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 161

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました