ピクシブ百科事典

ヨーウィー

よーうぃー

ヨーウィーとはアボリジニの伝承に登場する幻獣、もしくは獣人のようなUMA。
目次[非表示]

概要

pixivでは伝承の姿のイラストのみが投稿されているが、現在「ヨーウィー」と言うとUMAのことを指すことが多い。

幻獣のヨーウィー

アボリジニの伝承に登場する幻獣で、カブトムシのような昆虫の脚、トカゲの頭と体にの尾を持つと伝わっている。
洞窟の奥に住み、夜になると這い出してきて家畜を襲って食べてしまうと言われている。
足音がカサコソと騒々しいのでつかまえようと飛び出しても、とても素早く捕まえることは出来ない。

UMAのヨーウィー

UMAとしては全身茶色の毛におおわれた、成人と同じくらいか3mほどもある獣人で、主にオーストラリア南東部において1795年頃から移民による目撃例がある。
元々はアボリジニが「ガバ」と呼んでいた存在で、移民たちは『ガリバー旅行記』に登場する邪悪で野蛮な毛深い人型種族からとった「ヤフー(Yahoo)」と呼んでいた。それがいつのころからか「ヨーウィー(Yowie)」と混同されて定着してしまったようである。
1912年には目撃したというチャールズ・ハーパー氏によって、凶暴そうな猿人のようなスケッチが描かれその姿が一般化した。
その後、1970年に、オーストラリアの未知動物研究家であるレックス・ギルロイ氏が、ブルーマウンテンで1.5mほどの大きさの甲高い鳴き声をあげる獣人と遭遇したとの報告を行い、1976年頃にもいくつもの目撃例があったと言われる。
一般的にはオオカンガルーか、アボリジニを見間違えたものであると言われている。

なお、ギルロイ氏は原人であるメガントロプスの生き残り説を唱えている。

また、オーストラリアには3万年ほど前までEMA (絶滅未確認生物)として、ウサギに似た顔の身長が3メートル近くもあった巨大カンガルーが存在したという話があり、1978年にも目撃例がある。
もしかしたらそれも関連性があるのかも知れない。

創作での扱い

アボリジニの伝承を元にしたトカゲ系か昆虫系のモンスター、もしくはドラゴンとして登場することが多い。また女体化したキャラクターも存在する。

初出は『デビルサマナー』で、種族”妖虫”の中堅として虫の脚を持つ白蛇のような、アボリジニの伝承を元にした姿で登場した。
レベル3の地属性である爬虫類族。相手ターンのドローフェイズをスキップする効果モンスターであり『遊戯王DM』の「闇遊戯vsビッグ1」戦で大下が使用した。
ファイナルファンタジー10』の「盗まれた祈り子の洞窟」登場する種族トカゲのモンスターで通常攻撃に沈黙+石化の付与能力を持つ。
ファイナルファンタジー11』では「クフタルの洞門」に出現する、緑色のラプトル族のノートリアスモンスター。「オステアローブ」や「デザートブーツ」の材料「ヨーウィーの皮」をドロップする。
FFTA2』ではクエスト「ジングパール解禁」のボスの流砂のヌシ。アントリオンが成長したような巨大ユニットでかなりの強敵である。
オーストラリア版チョコエッグである食玩「ヤウイ」の名前とキャラクターはUMAがモチーフである。

関連タグ

オーストラリア アボリジニ カンガルー 幻獣 獣人 UMA

バジリスク ミ=ゴ

pixivに投稿された作品 pixivで「ヨーウィー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 156

コメント