ピクシブ百科事典

メリュジーヌ

めりゅじーぬ

「メリュジーヌ」とは、フランスの伝承に登場する蛇女。 またはそれモチーフとして創作された、ゲーム『ファイナルファンタジー5』に登場する敵モンスターである。
目次[非表示]

概要

  1. フランス中西部ポワトゥー地方の町・リュジニャンにあった古城の起源にまつわる伝説の登場人物。
  2. ゲーム『ファイナルファンタジー5』に登場するモンスター。1.がモチーフとなっている。


フランスの伝承

メリュジーヌ(Melusine)は、人間であるアルバニアと、泉の妖精プレッシナの間に生まれた娘とされている。普段は美しい娘の姿をしているが、出生時に呪いを受けており、毎週土曜日になると下半身が水蛇の姿になってしまう。
成長したメリュジーヌは、リュジニャン領主レイモンと恋に落ちる。メリュジーヌは「土曜日に自分の姿を決して見ないこと」という誓約を交わした上でレイモンと結婚する。
愛し合い、幸せに暮らす2人は10人の子供をもうけたが、人間と半妖のあいだに産まれた子供たちのうち、8人は異形の性質を持ち、気性も荒かった。
あるとき、レイモンは禁を破って土曜日にメリュジーヌの姿を見てしまい、彼女の正体を知る。しかし、レイモンはそれでもメリュジーヌを妻としつづけた。
だが、二人の間に生まれた息子達が殺人を犯したと聞いたとき、レイモンは激昂して「お前が蛇だからだ」「化け物女!」と妻をなじる。
愛する夫の言葉に傷ついたメリュジーヌは川に飛び込んで行方をくらました。すると、その後レイモンが治めるリュジニャン家の一族は急速に衰退してしまったという。
また、メリュジーヌが住んだというリュジニャン城(実在)も、1574年に砲撃を受け破壊された。

なお、一説では、メリュジーヌを表す「」「」「」は繁栄を象徴しているといわれており、「メリュジーヌ(Melusine)」という名も「Mère(母)」と「Lusignan(リュジニャン)」の合成語であると考えられている。

メリュジーヌの血縁者


エリナスアルバニア国王


プレッシナ / プレッシーナ妖精

息子
ユリアン(後にキプロスの王になったという)
ウード(外見と顔が炎のように燃えて見える)
ギイ(後にアルメニアの王になったという)
アントワーヌ(片頬に獅子の足が生えている)
ルノー(一つ目)
ジョフロワ(大牙が一本あり)
フロモン(鼻の上に毛で覆われたアザがある)
オリブル(三つ目)

ファイナルファンタジー5』のメリュジーヌ

エクスデスの配下の一人。
生死不明になっていた仲間のレナに取りついて、バッツたち一行を襲う。
しかし飛竜が捨て身の攻撃をしてくれたことでメリュジーヌは分離し、そのまま戦闘になる。
戦闘では「バリアチェンジ」で4種類に形態を変え、炎・氷・雷の属性魔法で攻撃してくる。

メリュジーヌさん


何よりも身体にを巻きつけているだけの美女という容姿が特徴的で、バルバリシアFF4)やチャダルヌークFF6)らと同様、スーパーファミコン時代のファイナルファンタジーシリーズを代表するエロ敵として認知されている。

関連イラスト

メリュジーヌ
暁の4おやじ



関連タグ

フランス
伝承 伝説 異類婚姻譚
半妖 水妖 蛇女

外部リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「メリュジーヌ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 415165

コメント