ピクシブ百科事典

メドウーサ星人

めどうーさせいじん

メドウーサ星人とはウルトラマンタロウに登場する宇宙人の名称である。よくメド「ゥ」ーサ星人と間違えられる。
目次[非表示]

メドゥーサ星人の正しい名前表記。メドゥーサ星人というのはメドゥーサ(メデューサ)と混同した誤りであり、ほとんどの図鑑や本編でも徹底して「メドウーサ星人」と表記されており、「メドゥーサ星人」という表記は誤りであることがはっきりと確認できる(なお、2005年や2015年の図鑑においてもメドウーサであることを確認)。

私は蝶のように舞い、蜂のように刺すのだ!

データ

別名身長体重出身地CV
醜悪星人50m8万tメドゥーサ星西川幾雄


第37話『怪獣よ故郷へ帰れ!』登場

概要

メドウーサ星座を全て自分たちだけの物にするため争いを起こし、メドウーサ星座を乗っ取った宇宙人で、その事態を知っている逃亡怪獣ヘルツの口封じをするため地球へと飛来した。

主な戦力は状の両腕と生物仮死状態にすることが出来るメドウーサ磁気で、この能力を使用し、ヘルツがやって来た近くに住んでいる老人を仮死状態にして彼の死亡を偽造し、証言者が居ないことを良い事に、彼の孫娘である「めぐみ」に擬態した上で調査にやって来たZATを誑かし、ヘルツを凶悪な怪獣だと虚言を吐き、悪い怪獣だと思い込ませて彼らに始末させようと企む(まどろっこしい作戦だが、なるべく自分たちの手を汚さず、相手を利用し、ZATを悪者に仕立て上げ、ついでに地球をも侵略しようとしていたのかも知れない。結構悪辣である。醜悪星人と呼ばれる所以でもある)。
しかしZATはそれを鵜呑みにせず、慎重な姿勢を崩さなかったため、この方法が無理だと判断するや否や、今度はZATの森山隊員を襲って憑依し、ZATのスーパースワローでヘルツを直接抹殺しようと企むが、タロウに阻止されてしまい、ヘルツが見守る中、激闘の末、最期はストリウム光線で木端微塵に吹き飛ばされ絶命した。

余談

ちなみにメドウーサ星座なる星座は実在しない。恐らくモデルはペルセウス座メドゥーサの首部分(特に変光星のアルゴル付近)と思われる。


関連タグ

ウルトラマンタロウ 逃亡怪獣ヘルツ メドゥーサ星人(誤表記)

pixivに投稿された作品 pixivで「メドウーサ星人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1201

コメント