ピクシブ百科事典

クリュサオル

くりゅさおる

クリュサオルとはギリシャ神話の登場人物の一人。
目次[非表示]

概要

海神ポセイドンと蛇の髪を持つ怪物メドゥーサの息子に当たり、ペルセウスが撥ねたメドゥーサの首からペガサスと共に生まれ出たという。
名前の意味は『黄金の剣』を持つ者という意味だが、謎が多い怪物で、姿に関しては黄金の剣を咥えた馬であるとも、剣を携えた巨人であるとも、メドゥーサに似た怪物であるとも言われており一定していない。
本人が謎だらけな割に、彼の娘であるエキドナ有名どころのモンターを多数産み出しており、存在感の薄さは否めない。

また、彼の剣はエドマンド・スペンサーの長詩『妖精の女王』においてティタノマキアジュピターが使った『クリセイオーの剣』として登場し、この剣は騎士アーティガルへと受け継がれた。(ぶっちゃけた話、妖精の女王はアーサー王伝説が元ネタである為、エクスカリバーと役割は大して変わらない。)


フィクションでは

聖闘士星矢
ポセイドン編からインド洋の柱を守護する海将軍クリュサオルのクリシュナの鱗衣のモチーフとして登場。
ただし、得物は剣ではなく、になっている他、装着者の元ネタインド神話由来故か、クリュサオルというより仏像に近いデザインになっている。

Fate/Grandorder
ゴルゴーンの絆礼装『クリューサーオール』として登場。
メドゥーサにはライダー版の宝具騎英の手綱ペガサスが息子として存在している事は既に分かっていたが、今回の絆礼装により、型月時空でもクリュサオルが誕生している事が確定した事になる。
姿形は馬でも無ければ、巨人でも無く、少女のような物を内包したコアから触手が生えたような姿をしている。(触手はゴルゴーンの髪の毛で、コアが本体という意見も。)
それはともかくとして、ヘラクレスが12の試練に挑戦しているので、エキドナが娘にいる事は確実だろう。

関連タグ

怪物 ギリシャ神話

pixivに投稿された作品 pixivで「クリュサオル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9

コメント