ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

エレンスゲ女学園

えれんすげじょがくえん

エレンスゲ女学園とはアサルトリリィに登場する架空の女学園でガーデンの一つ。
目次 [非表示]

概要編集

東京六本木にある新興のガーデン。

新進気鋭のCHARM開発メーカー「アウニャメンディシステマス社」が経営母体で関東を代表する親G.E.H.E.N.A.主義でもある。

このガーデンは適性や身体能力よりもヒュージ打倒の意志の強さ」を重視しており、他ガーデンでは採用しないような魔力総量がリリィ基準に満たない者でも入学可能で、その後のトレーニングや強化でリリィになれるという異色のガーデンでもある。


学院には独自の制度として「序列制度」が存在する。

これは学園独自の基準で選んでおり、序列1位から7位までのリリィがレギオンの隊長に任命され、特に1位のリリィはトップレギオン「ヘルヴォル」の隊長に任命され、ヘルヴォル隊長は所属メンバーを8位以下のリリィから自由に選ぶことが可能。

ただこの学園の序列は学外の評価やリリィスペックと合わないことも多く、基準には謎が多い。


またもう一つの制度として「マディック」と言うものが存在する。

これはCHARMの起動に必要なスキラー数値が50に満たない者をマディックと言う戦闘員として入学させるもの。ミドル級までのヒュージならば一般的な銃火器でも有効な打撃を与えられるため、マディックは市民の避難のための時間稼ぎやリリィたちの露払いを行う。

また学園には様々な方法でマディックからリリィになるための道が用意されているらしい。

マディックから毎年1名は上位7大レギオンの隊長が出ている。隊長クラスはスキラー数値で80前後が平均なので、一流のリリィと言って良い。


実践第一を掲げる近年急成長中のこの学園は出撃を重視しており、他ガーデンの管轄地域に外征宣言も無く勝手に出撃しており、この行為が原因でガーデンの品格を疑われることもある。 校風等がよく似ている相模女子高等学館と提携を結んでいる。

他ガーデンからすれば、東京都内でのラージ級までが相手ならば特に問題は無いが、ギガント級が出現した場合は9人以上でのノインヴェルト戦術がギガント級を倒すための最低要件の戦場に5人単位のレギオンであるエレンスゲのレギオンがあると、エレンスゲのレギオンを救出するためにさらにレギオンを出撃させるなどで足を引っ張ることになるため、外征宣言無しの出撃が嫌われている。


またエレンスゲの理想とするリリィ像の象徴を「楯の乙女(スキャルドメール)」と呼んでおり、その名を冠した擬似姉妹契約制度が『楯の乙女制度』である。これは上級生と下級生で契約を結び、「楯の姉妹」と呼ばれる関係になる。


尚、親G.E.H.E.N.A.主義故か、色々とえげつない面がある。


登場人物編集

ヘルヴォル編集

エレンスゲ女学園のトップレギオン。

エレンスゲ女学園ではレギオン名を代々継承する制度があるが、かつてのヘルヴォルは戦力偏重の編成で結束を考慮しておらず、その結果として日の出町での戦いにて指揮官の采配ミスや敵の過小評価、人材運用などの問題が重なり、多くのリリィや民間人がヒュージに殺害されると言うとんでもない大惨事を起こしてしまう(当然ヘルヴォルも主要メンバーが大勢殺されて壊滅状態に)。

エレンスゲと先代ヘルヴォルが起こしてしまったこの日の出町の惨劇がきっかけで世評が悪化し、多くの人から忌み嫌われており、同じ親G.E.H.E.N.A.ガーデンの中でも最大規模でもあるシエルリント女学薗の生徒からも憎まれている。

その悪評を返上すべく序列1位となった一葉はヘルヴォルを再結成し、リーダーである彼女の自他共に認める能力をベースに強さより結束重視で編成した。しかし現在の腐敗したエレンスゲからすればそんなヘルヴォルはイレギュラー同然な存在であり、エレンスゲの腐敗体質の象徴するクエレブレからは嫌われている。

Yes! ヘルヴォル GoGo!

ブシロード版舞台第二弾にて全員が勢揃いしている。またアニメ第九話にて1カットだけだがスポット登場している。

ヘルヴォル隊長!

年齢:15歳 / 誕生日:8月13日 / 血液型:A / レアスキル:レジスタ

ヘルヴォルの隊長。序列1位。

真面目で正義感が強い委員長タイプだが、うっかりミスが玉に瑕。

大惨事を引き起こしたかつてのヘルヴォルに対して結束力重視でヘルヴォルを再編。犠牲を顧みないエレンスゲのやり方を変えようと考えている同校の良心とも言える存在。

嬉しみ藍ちゃん

年齢:15歳 / 誕生日:3月27日 / 血液型:B / レアスキル:ルナティックトランサー

見た目同様に性格は幼く、ヘルヴォルのマスコット的存在。序列47位。

自分の欲求に正直でとても自由だが、憎めないタイプ。寝るのが好き。エレンスゲを運営するアウニャメンディシステマス社の研究所出身で胎児のときにヒュージ細胞を埋め込まれた生まれながらの強化リリィ。

恋花様の誕生日なので

年齢:16歳 / 誕生日:5月4日 / 血液型:A / レアスキル:フェイズトランセンデンス

言動はフランクで姉御肌な性格。ムードメーカー。 序列13位。

気楽に構えて見えるが知性は高く、戦術理論等も身に付けている。

中等部時代は旧ヘルヴォルに所属していたがそこで酷い思いをしたため、努めて熱くならずにチームを鼓舞するよう振舞うようになった。

セーラー

年齢:16歳 / 誕生日:11月7日 / 血液型:O / レアスキル:ブレイブ

頭の回転が速く気が利き、洞察力も優れている。序列14位。

口数が少ないことからクールな印象を与えやすいが、実は可愛いものが大好きで自分より小さい子は抱きしめてしまう。

ヘルヴォルから千香瑠様

年齢:16歳 / 誕生日:10月2日 / 血液型:AB / レアスキル:ヘリオスフィア

心優しい性格でみんなのお姉さん的存在。序列は84位。

料理が得意で、よくみんなに振舞っている。 盤石の守備・戦術理解でレギオンの要となる存在で、リリィとして高い適性を持つ。

百合ヶ丘女学院吉村・Thi・梅は友人。また過ごしたのは中学生までだったが、一柳梨璃と同じく山梨出身である。


クエレブレ編集

序列2位のレギオン。

かつてのヘルヴォルのように市民の避難が完了していない地域での大規模戦闘の展開や施設破壊によるヒュージの足止め、もしくは打倒など結果のみを求める身勝手な戦いをする最低最悪なレギオンである。

現在の腐敗したエレンスゲの象徴とも言え、G.E.H.E.N.A.の過激派との繋がりが最も深く、問題の大半を占めている。

こんなレギオンだが結束力はあるにはあるらしい。


しかしその真実は、たとえ泥にまみれようとも非道な実験からリリィの尊厳を守るために戦うレギオンであり、実はクエレブレの方が腐敗したエレンスゲを変えるために組織されていた反ゲヘナ過激派レギオンであることが判明した(「運命のトリニティ」や一部イベントストーリーも参照)。

クエレブレ

松村優珂

レアスキル:ヘリオスフィア

クエレブレ隊長。序列2位。マディック出身の1年生。

アイドルリリィと言ってもおかしくないと評されるほど優れた容姿の美少女。

苛烈な性格であり、現ヘルヴォルに対して批判的。一葉やヘルヴォルメンバーに人名ではなく序列でしか呼ばないなど挑発的な態度を取り、険悪な仲。実は日の出町の惨劇の当事者の一人。強化リリィ。

牧野美岳さん不憫かわいすぎる

レアスキル:レジスタ

2年生。副隊長。序列8位。一時期ルド女に転校していたが、同校が崩壊したためエレンスゲに復学した。強化リリィ。

レアスキル:円環の御手

1年生。

センシティブな作品

レアスキル:ファンタズム

1年生。強化リリィ。

独特の感性を持ち、視線を向けた相手を混乱させる特殊能力を有する(異名は『七頭龍幻想の担い手』)

レアスキル:テスタメント

2年生。強化リリィ。


バシャンドレ編集

序列3位のレギオン。

隊長は坪井七保。デュエルと規律を重視し、歴代風紀委員長が率いる。エレンスゲでも数少ない良心派レギオン。ヘルヴォルとはいい関係を築いてる。


オレンツァロ編集

序列4位のレギオン。

隊長はエレンスゲの頭脳と呼ばれ、ガーデン部軍令付参謀をこなす柴田竜胆。メンバーは工廠科並みの整備技術を有し、連戦でも質を落とさずに戦える。


ガルチャゴリ編集

序列5位のレギオン。

隊長は田沢椿月。強化リリィがメンバーの多くを占める。外征宣言なしでの他ガーデン守備地域への遠征を行うクエレブレ同様に悪質な連中。


タルタロ編集

序列6位のレギオン。

隊長は大場出泉。調査隊と呼ばれ、いわば強行偵察が任務で外征地域へ先行して現地を調査する。


シャランチャ編集

序列7位のレギオン。

隊長は森山平凛。メンバーは強化リリィや他からあぶれてる優秀なリリィで構成されている。特定任務が与えられてない遊撃隊だが、実際には他のガーデンのレギオンとの督戦が任務と黒い噂がある暗部にあたる隊。


教官・学園運営者編集

レアスキル:鷹の目(S級)

エレンスゲ女学園の校長でG.E.H.E.N.A.と繋がりが強い。メインストーリー2章「戦火の結束」公開時のpvに一瞬映っている金髪の人物。


レアスキル:Z

エレンスゲ女学園の新任教頭。

G.E.H.E.N.A.の研究者で元強化リリィ。


  • ヘルヴォルの教導官

ヘルヴォルを監督する女性教官。

厳格かつ冷静な性格で一葉と意見が対立することが多いが、ヘルヴォルの戦果を適正に評価している。マディック出身。

立ち絵はなく、フルボイスのメインシナリオではボイスが存在するものの担当声優は不明。


  • エレンスゲ前教頭

西村乃恵美の前任の女性教頭。

アウニャメンディシステマス社から出向してきた人物で、胎児だった藍へのヒュージ細胞埋め込み実験に関与していた。

乃恵美の策略により更迭されたことがシナリオ内で語られている。


アサルトリリィ Last Bulletでは編集

ラスバレではメイン登場校のうちの一校として登場。ヘルヴォルを中心として、百合ヶ丘女学院神庭女子藝術高校と共にメインストーリーなどで活躍する。


2021年2月には第三弾イベントとして、彼女達をメインにした「叛逆のスキャルドメール」が開催された。同イベントはのちにヘルヴォルのレギオンストーリーとして閲覧可能となっている。


その後、エレンスゲ女学園がメインを張るイベントとしては、2021年3月から4月にかけ開催された「罪なき少女たちのスティグマ」、神庭女子のグラン・エプレと共演した「漆黒の騎士と白の姫騎士」(2021年5月)、佐々木藍が主役の「古き空より祈りをこめて」(2021年8月)、闇に堕ちた相澤一葉をめぐる「夜闇を駆けるエージェント」(2021年11月)、初鹿野瑤が主役となる「慟哭のクリューサーオール」(2022年1月~2月)、芹沢千香瑠が主役となる「悪蝕のナイトメア」(2022年5月)、メインストーリー外伝イベントとして開催された「竜楯のコンフリクト」(2022年9月)、ハロウィンイベント「トリック・オア・スイーツ」(2022年10月)、ガールズ&パンツァーとのコラボとなる「リリィズ&パンツァー」(2022年10月~11月)、神庭女子のリリィと共にクリスマスを前に繰り広げられる「聖夜へ捧ぐサプライズ」(2022年11月~12月)、バレンタインイベント「楯のメイドとバレンタイン」(2023年2月)がある。


また、「運命のトリニティ」のヘルヴォル編にてクエレブレのメンバーも実装。

前編「竜のシャナと楯の乙女」で美岳と蒔菜、後編「深炎のスキャルドメール/覚醒のスキャルドメール」で優珂と結爾が実装された。


関連動画編集

【ラスバレ】レギオン紹介ムービー「ヘルヴォル」


「叛逆のスキャルドメール」開催ムービー

関連タグ編集

アサルトリリィ ラスバレ アサルトリリィの登場人物一覧

関連記事

親記事

アサルトリリィ あさるとりりぃ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 304725

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました