ピクシブ百科事典

私立ルドビコ女学院

しりつるどびこじょがくいん

私立ルドビコ女学院とは、『アサルトリリィ』シリーズに登場するガーデン。
目次[非表示]

概要

私立ルドビコ女学院とは、アサルトリリィプロジェクトに登場するガーデンの一つ。

学園型演劇集団「私立ルドビコ女学院」とアサルトリリィプロジェクトのコラボから生まれた外伝舞台、「アサルトリリィ×私立ルドビコ女学院」シリーズのガーデンで、主に舞台版にてストーリーを展開している。
来夢と幸恵が未来の死の真相を追うシュベスター編、来夢と未来を取り巻くある事件の戦いを描くレジスタンス編、計5作品を本編としている。
また、人狼TLPTとのコラボ作品、「未来への十字架」も2作品上演し、全7作品上演されている。
公式での略称は「ルド女」で、アサルトリリィ公式Twitterなどのハッシュタグでもこちらが使われることがほとんど。pixivでもルド女タグの方が使用率が高い。

また、vol.1~3は舞台の中盤にて「特別訓練」と称した出演キャストに対するダメ出し&公開処刑コーナーが設けられており、脚本などを担当した桜木さやか女史演じるあくつ・ルシファ・魔妖自ら司会を担当する。世界観を壊すなといった苦情は受け付けないと自ら言っているので、肩の力を抜いて視よう。
Vol.4以降やブシロード版にもこれがあったらどうなっていただろうか…。

作品名

vol.1「シュベスターの祈り」(2016年4月16日〜4月24日上演)
vol.2「シュベスターの秘密」(2016年9月16日〜9月25日上演)
vol.3「シュベスターの誓い」(2017年3月1日〜3月5日上演)

Vol.4「白きレジスタンス 約束の行方」(2018年9月21日〜9月27日上演)
vol.5「白きレジスタンス 真実の刃」(2019年11月29日〜12月3日上演)

後に上演されている一柳隊の舞台の内、「League of Gardens」はvol.1とvol.2の間(vol.2終盤にて梨璃についての言及がある)、「The Fateful Gift」はvol.5以降(アイアンサイドが結成されている)のストーリーとなっている事がTwitterで明言されている。

シュベスター編再演

(TFGで発表されたシュベスター編の祈り、秘密の再演。初演当時はいないキャラクター、のちに追加された設定などを踏まえたリメイク作品となっており、今後のブシロード版にも反映されている)
Vol.6「シュベスターの祈り 2021」(2021年5月28日~6月6日上演予定)※当初は5月27日からの上演だったが、諸事情により変更となった。
「シュベスターの秘密」(※再演)(2021年10月15日~10月24日上演予定)


人狼TLPTとのコラボ作品
「未来への十字架」(2018年2月7日〜2月12日上演)
「未来への十字架Ⅱ」(2019年2月8日〜2月17日上演)

公演順
Vol.1「シュベスターの祈り」
Vol.2「シュベスターの秘密」
Vol.3「シュベスターの誓い」
人狼 「未来への十字架」
Vol.4「白きレジスタンス ~約束の行方~」
人狼 「未来への十字架Ⅱ」
Vol.5「白きレジスタンス ~真実の刃~」
Vol.6「シュベスターの祈り 2021」
Vol.7 「シュベスターの秘密」(※再演)

公式紹介

学院概要

ミッション系ガーデン。東京新宿御苑にキャンパスを構え、キリスト教を中心にすえた教育を施す。「時にまつわる逸話」を過去の歴史の中に持ち、その影響からかレアスキル「Z」やO「ファンタズム」「鷹の目」などの教育に力を入れる。戦地に赴くこともある実戦重視派であり、東京地区御三家とも呼ばれるガーデンの一角である。
清澄白河イルマ女子美術高校(同御三家ガーデン)とは長く良きライバル校として競い合う。現二年生たちが一年生時に百合ヶ丘最強レギオン「アールヴヘイム」と「御台場迎撃戦」で共闘した経験を持つ。この時のメンバーは学院の誇りとされている。

レギオン制度

ルドビコには「テンプルレギオン」と呼ばれる学内教会直轄の精鋭トップレギオンを有する。テンプルレギオンの名を冠するレギオンは常に1つだけで、その時のベストメンバーを選抜し、レギオンメンバーには特別なジャケットが付与され、これに袖を通すことは生徒にとって非常に名誉なことである。テンプルレギオンから漏れたリリィ達も次回再編成時にメンバー入りするために研鑽を重ねている。

リリィ達の制度

「シュベスター制」と呼ばれる制度が特徴的である。これは特定の上級生と下級生が結ぶ「擬似姉妹契約」のことで上級生は下級生に戦闘を始め様々な事の指導を行う。そして戦場では生死を共にすることを誓う強い絆を構築し、契約を交わすときに各々が持つおメダイを交換するという習わしがある。

もっと詳しく

特徴

東京地区の中でも歴史のあるガーデンで、現三年生世代までは東京最強を誇っていた。特に「デュエル」と呼ばれるヒュージとの一対一の戦いを得意とし、激しい戦いに身を投じているリリィが多かった。
現二年生世代でもデュエルの系譜を受け継ぎ、個の戦闘技術の高いリリィが多い。
G.E.H.E.N.A.主義の代表的なガーデンで、G.E.H.E.N.A.ルドビックラボと呼ばれるG.E.H.E.N.A.の大研究施設をガーデンの近くに有し、様々な研究をしているとされている。生徒内にはG.E.H.E.N.A.関係者が親である者もいる。

シュベスター制度

前述の疑似姉妹制度「シュベスター制」は、在籍する多くのリリィの憧れとなっており、実力のあるリリィのシュベスターの座は競争率が高い傾向にある。
毎年5月に開催されるイースター祭の中では、上級生が自身のおメダイをイースターエッグに入れて隠し、下級生が目当ての上級生の卵を見つけることで、そのリリィとシュベスターの契約を交わすことができるという一大イベントがある。

レギオン

このガーデンは対ギガント級ヒュージの戦闘技術としてノインヴェルト戦術を採用しており、トップレギオン制を採用している。

トップレギオン「テンプルレギオン」

このガーデンは対ギガント級ヒュージの戦闘技術としてノインヴェルト戦術を採用しており、トップレギオン制を採用している。
テンプルレギオンはギガント級の出現が確認されたケイブにおいて、最低9人以上のリリィが召集される。テンプルレギオンジャケットを着て出撃し、ノインヴェルト戦術を展開してギガント級の討伐する。当時のベストメンバーが選抜されるため、非常に強力かつ、ポジションに囚われない柔軟な戦い方ができるとされている。

アイアンサイド

劇中において、ある事件(後述)をきっかけに、学院へ不信感を持ち反旗を翻した一部のリリィ達によって結成された学院非公認のレギオン。レギオンのコンセプトは「自由で華麗な戦いをするレギオン」
学院直轄で指示に従いその都度メンバーが入れ替わり結成されるテンプルレギオンに対して、学院の指示なく、固定のメンバーで柔軟に行動できる。名前の由来はイギリスの清教徒革命においてクロムウェルが結成した「鉄騎隊(Old Ironsides)」

主な登場人物

 シリーズ全作を通すと25人以上のキャラクターがおり、また主要キャラクターの一部はブシロード主催のアサルトリリィシリーズにも出演している。

※キャストは最新公演。()内は過去にそのキャラクターを演じていたキャスト。
※レジスタンス編開始時点のプロフィール。
(敬称略)

私立ルドビコ女学院の生徒

岸本・ルチア・来夢(演:宮瀬玲奈(祈り〜誓い:前田美里 / 約束の行方〜真実の刃:あわつまい))

あわつ・ルチア・来夢


年齢:15歳(1年生) / 身長:146cm / 誕生日:12月15日
レアスキル:カリスマ / サブスキル:インビジブルワン
シュベスター:福山・ジャンヌ・幸恵
「実力のあるリリィでありながら戦死してしまった姉・未来の意志を継ぎ、リリィを志願。姉のシュベスターであった幸恵とシュベスターの契りを交わす。不思議と人を惹きつける魅力がある」
本シリーズの主人公。やや天然気味で抜けているところがあるが、明るい性格で人に好かれる才能の持ち主。学院には高等部から入学し、入学試験では訓練用のヒュージモデルに恐怖からか立ちすくむも、スキラー数値をはじめとした可能性を見出されて合格した。
決して戦闘技術は高くなくリリィとしてはまだ発展途上だが、真面目で努力家な面もあり、日々成長中。
未来は来夢達を守って戦死しているが、記憶障害を起こして来夢は戦死した当時を覚えていない。
入学当初から姉の形見である「ラベンダー色のアステリオン(先行量産型)」を使用している。

福山・ジャンヌ・幸恵(演:中村祐香里(誓い:石井陽菜))

自撮り幸恵様


年齢:16歳(2年生) / 身長:163cm / 誕生日:4月22日
レアスキル:円環の御手 / サブスキル:虹の軌跡
シュベスター:岸本・ルチア・来夢(岸本・マリア・未来)
「一年時からテンプルレギオンに選ばれ、御台場迎撃戦では百合ヶ丘女学院と共闘したこともあるリリィ。仲間想いで責任感が強く、戦闘力の高さはガーデン随一」
ルドビコ女学院の代表的なリリィの一人。学院には中等部から在籍する生え抜きで、学院屈指のリリィとしての才覚を持ち、責任感の強さもあって、仲間達をはじめとした多くの信頼も厚い。
未来のシュベスターであり、未来亡き後の学院や、未来の実妹である来夢を守ることを誓う。
自由で華麗な戦闘スタイルを好んでおり、辛い時こそ前を向くという精神論や、自分の無茶で戦況を打開しようとするなど、剛勇のレアスキルである円環の御手のリリィを地でいくタイプである。
戦場での的確な指示や戦況理解の高さなどに定評があり、攻撃的なレアスキル持ちのリリィながら司令塔的な役割もこなす。

天宮・ソフィア・聖恋(演:星守紗凪(祈り:緒方もも))

せれんちゃん


年齢:15歳(1年生) / 身長:レアスキル:この世の理
「来夢の幼馴染。来夢に密かに恋心を寄せている。オレっ娘。ガーデン1の実力者だった来夢の姉、未来のような強いリリィを目指している。百合亜とシュベスターの契りを交わした」
来夢のいちばんの理解者。天涯孤独の身だが、来夢をはじめとした岸本家に本当の家族のように愛されて育った。学年トップを争うリリィの一人で、中等部から入学できる実力があったが、来夢に合わせて学院には高等部から入学しており、入学試験は首席で突破した。
未来を敬愛し、彼女のように単独でもヒュージと戦えるようなリリィになることを目標にしている。来夢を守るという未来との約束を守るために強くなりたいと願い、そのための努力は欠かさない。シュベスターとなった百合亜の背中を追いかけ、百合亜のような人を守れるリリィになりたいとも願っている。

黒木・フランシスカ・百合亜(演:梅原サエリ(祈り:未浜杏梨 / 秘密〜約束の行方:安藤遥))

【アサルトリリィ】百合亜さま❤


年齢:16歳(2年生) / レアスキル:テスタメント / サブスキル:ホールオーダー
「感情を表に出さず1人で行動することが多い。ヒュージに襲われ死にそうになった所を助けられ、G.E.H.E.N.A.の実験によって強化リリィとなる。」
強化スキル「リジェネレーター」をもつ強化リリィ。学院には中等部から在籍する生え抜きで、単独でも高い戦闘力を誇る有数の実力者。高等部1年時に一人で遭遇したケイブで致命傷を負うが、G.E.H.E.N.A.の強化実験を受け、生還した過去がある。
一人行動を好み口数も少ないが人の機微に敏感で、誰よりも熱い心をうちに秘めている。聖恋や幸恵、来夢をはじめとした仲間を大切にしている。同じ境遇で戦死した未来の意志を継ぎ、未来の大切な人を守ることを誓う。
冷静沈着で、異変や状況を的確に察知することに長け、不死身に近い体を利用して自己犠牲的な行動に出ることも多い。

一之宮・ミカエラ・日葵(演:西本りみ(祈り〜誓い:栞菜)(祈り2021ダブルキャスト:花奈澪))

日葵隊長


年齢:16歳(2年生) / 身長:158cm
レアスキル:レジスタ / サブスキル:虹の軌跡
シュベスター:鳴海・クララ・優子
「イルマ女子からの転校生。御台場迎撃戦で幸恵と共闘した経験をもつ。成績優秀、実力主義。転校してすぐにテンプルレギオンの隊長となる」
イルマ女子美術高校でも四天王と呼ばれた一人で、自身の理想とする戦い方である「自由で華麗な戦い」を実現するために転校してきた。高いリーダー適正を備え、転校直後から学院のリリィに信頼されている。
転校当初はリリィとしての強さを戦闘力と考えていたが、幸恵たちとの交流や、シュベスターの契りを交わしたことでリリィとしての強さとは何か改めて考えるようになる。
非常に真面目な性格をしており、学院のレギオンであるテンプルレギオンの隊長としての在り方と、一人のリリィとしての在り方を模索している。
※祈り再演では日葵はダブルキャストとなっており、前半(5/27~6/3)を西本りみ、後半三日(6/4~6)を花奈澪が演じている。

鳴海・クララ・優子(演:一本鎗希華(祈り〜約束の行方:さいとう雅子 / 真実の刃:夏目愛海))

クララとクママ


年齢:15歳(1年生) / 身長:151cm / レアスキル:ゼノンパラドキサ
シュベスター:一之宮・ミカエラ・日葵
「自分のことをクララと呼び、他のリリィ達も洗礼名で呼ぶ。いつもクマのぬいぐるみ(クママ)を持っている。一之宮・ミカエラ・日葵をシュベスターの契りを交わす」
圧倒的な戦闘センスを持ち、一年生ながら毎回テンプルレギオンに選ばれている学年1の実力者。学院には中等部から在籍している生え抜きだが、中等部ではつぐみや朝妃の影に隠れ、あまり実力を発揮できていなかった。高等部進学前にレアスキルに覚醒したことでリリィとしての才覚を現した。
聖恋に仄かな恋心を抱いており、来夢をライバルと称している。少々気高く意地っ張りな一面があるが、仲間をリスペクトして信頼している。
シュベスターの日葵を強く敬愛しており、彼女のシュベスターであることを誇りに思っている。学年トップの実力を維持するための努力を絶やさない。

立花・テレジア・渚(演:石井陽菜(祈り~真実の刃:白川優菜))
年齢:16歳(2年生) / レアスキル:天の秤目 / サブスキル:聖域転換、虹の軌跡
シュベスター:なし
「幸恵の親友。中学2年までルド女に通い、将来を有望視されていたリリィ。北欧最強ガーデン『ヘイムスクリングラトレードゴート』に留学。帰国後、すぐにテンプルレギオンに選ばれる」
学院に中等部から在籍していた生え抜きで、中等部時代は隊長としてレギオンを率いていた。BZとして非常に優秀で、状況や仲間を観察して冷静に支援できる実力者だった。テンプルレギオンでは副隊長として日葵を支えている。親友のいちかとは同じBZとして切磋琢磨していたが、彼女よりも強くなるため、BZ育成に定評のあるヘイムスクリングラに留学していた。
いちかや百合亜の身に起きた出来事を幸恵越しに知って、すぐに帰国するほど仲間想い。パーソナルスペースの狭さゆえに人との距離感が近く、すぐにハグやキスをする。
柔軟な思考をもつが、芯が強く自分自身の正義や信念を大切にしているため、仲間と対立することもある。

松永・ブリジッタ・佳世(演大滝紗緒里(祈り~真実の刃・LoG:緒方ありさ))

松永・ブリジッタ・佳世


年齢:16歳(2年生) / レアスキル:ルナティックトランサー
シュベスター:長谷川・ガブリエラ・つぐみ
「普段はおどおどと喋るコミュ障だが武器を持つと異常にテンションが上がる二重人格。シュベスターであるつぐみとのコンビネーションは目を見張るものがある」
漫画オタクでありリリィオタク。非常に頭が切れ、高い洞察力、客観的な視野を有する。かなりのお人好しで、頼まれたら断れない性格。様々なトラブルに巻き込まれがちだが、一度頼まれたり、やると決めたりしたことは最後までやり遂げる誠実さをもち、仲間に信頼されている。
生粋のルナティックとランサー気質で猪突猛進、自分の考えに耽って周りが見えなくなることも多い。
自身のレアスキルで仲間を傷つけてしまうことを恐れているが、同時につぐみをはじめとした仲間を強く信頼して最前線で戦っている。

宝城・モニカ・朝妃(演:山崎悠稀(秘密:江藤彩也香 / 誓い~真実の刃:広沢麻衣))

私があげたもの


年齢:15歳(1年生) / レアスキル:この世の理
シュベスター:なし
「中学からルド女に通う実力者。中学時代は鳴海・クララ・優子とペアを組んで訓練をしていた。またデュエルに優れていた為チーム戦には苦戦していたが、頭角を表してきた。」
非常に自信家で、学年トップを争う一人。学院には中等部から在籍する生え抜きで、中等部では学年トップだった。高等部進学後最初のテンプルレギオンに選抜されず、親友のクララが選抜されたことで自身の能力と再度向き合う努力家でもある。同じレアスキルの聖恋を強くライバル視している。
意地っ張りで素直になれない性格で、物言いも刺があることが多いが、実はかなりの寂しがり屋。
仲間のことを非常によく見ており、刺々しい言葉は遠回しに仲間を奮い立たせる言動であることがほとんど。危険な行動や単独行動を起こす同級生にいち早く気付いて救援に向かうなど、内面は芯が強く優しい性格である。

佐野・マチルダ・こころ(演:清水凜(祈り~真実の刃:藤堂光結))

レアスキル!縮地!


年齢:16歳(2年生) / レアスキル:縮地 / サブスキル:ステルス
シュベスター:なし
「ド田舎から世界を救うアイドルを夢見て出てきた田舎者。努力家で日々訓練を怠らない。情報を集めているうちに、気配を消す能力(ステルス)を身につけた」
アイドルリリィを自称している。学院には高等部から入学した。言葉がかなり訛っているが、本人は都会っぽく喋っているつもり。貧乏な出で、集めた情報と引き換えに食べ物や金銭を得ている。
情報収集で様々な方面に首を突っ込んでいるため、かなりのトラブルメーカーの傾向があるが、得た情報のほとんどが正確。ルドビコ女学院の秘密をいち早く知り、来夢たちのために学院に関する情報を集め始めている。
本人の口から告げられない秘密などは決して口外しない。
芽衣と利害が一致しており、弟子に迎えたため、最近は食べ物に困っていない。
守銭奴な一面があるが、非常に真っ直ぐではっきりとした性格の持ち主で、自身の信念を曲げない。

瀬戸・ベロニカ・いちか(演:七海とろろ(祈り:土山茜 / 誓い:小野瀬みらい))

6月アサリまとめ


年齢:16歳(2年生) / レアスキル:ヘリオスフィア / サブスキル:軍神の加護
シュベスター:なし(姉:野坂・ジャクリーヌ・風音)
「1年時からテンプルレギオンに所属する実力者。責任感が強く、教師や後輩からの信頼も厚い。後輩を庇って負傷し、現在は戦線離脱中」
ルドビコ女学院を代表するリリィの一人。学院には中等部から在籍する生え抜きで、中等部時代からレギオンの副隊長を務めており、当時BZナンバーワンと名高かった。
誰とでも分け隔てなく接する面倒見の良い姉御肌で、常に一歩引いた立場から親友の幸恵たちを支え続けている。非常にフランクながら責任感に強い性格で、リリィとしての正義や責任、現実を下級生に教える立場を担っている。
花蓮を庇って、一命は取り留めたものの後遺症が残るほどの重傷を負った。現在は怪我の療養のために訓練や出撃には参加できていない。シュベスターの風音が自分を守って戦死したことにいまだに負い目を感じており、自分のせいで仲間が傷つくことを恐れている。

羽田・カタリナ・芽衣(演:湯田陽花(誓い:夏目愛海 / 約束の行方:遠野ひかる / 真実の刃:柴田茉莉))
年齢:15歳(1年生) / レアスキル:未覚醒
シュベスター:なし
「忍者のようなリリィになりたいと田舎からやってきた大地主の娘。語尾に『ござる』と付けて喋る。佐野・マチルダ・こころに弟子入りし、『師匠』と呼んでいる」
忍者になりたい変わり者だが、非常に人懐っこい性格。学院には高等部から入学しており、まだレアスキルに覚醒していない。
情報屋として調査してまわるこころが忍者のように見えて、その術を教えてもらうべく弟子入りした。
アイドルになりたいこころとは真逆の理想像であるが、波長は合っている。こころに守るべき存在と認識されていると思っており、足を引っ張っていると感じている。そのため、一人前のリリィと認めてほしいと思っている。
来夢に負けず劣らずの天然。

長谷川・ガブリエラ・つぐみ(演:西田有愛(祈り~真実の刃・TFG:長橋有沙))

無題


年齢:15歳(1年生) / レアスキル:ブレイブ
シュベスター:松永・ブリジッタ・佳世
「中学からルド女に通い実力をつける。チームワークを重んじる友達想いの努力家。戦闘ではサポート役として活躍する。縁の下の力持ち的な存在」
レギオンの支援に特化した芯の強いリリィ。学院には中等部から在籍する生え抜きで、中等部の頃からリリィとしての才覚を現していた。高等部では戦闘向きではないレアスキルのためにテンプルレギオンに選抜されるまで時間がかかっていた。シュベスターの佳世とは戦闘面、性格面問わず相性が良く、いい意味で対等かつ良好な関係を築いている。
明るく前向きな性格で、何よりも仲間や友達を大切にしている。親友の花蓮をはじめとしたレアスキルに覚醒していない同級生を常に励まし、自主訓練を手伝っている。またリリィとして強くなるにあたって筋力トレーニングを欠かさない。
仲間の支援を主とした戦闘スタイルのため、単独での戦闘よりもレギオンでの戦闘、そして強豪レギオンであればあるほどその本領を発揮する。

高取・ナタリー・永遠(演:手島沙樹
年齢:17歳(3年生) / レアスキル:ヘリオスフィア
シュベスター:なし
「未来の友人。デュエルに長けていたため、テンプルレギオン入りには興味を示さなかった。未来の死の真相を知り、学院に対し強い不信感と危機感を抱く」
テンプルレギオンに選出されてもおかしくない程の実力者であり、他ガーデンに比べても特に数少ない学院の生き残りの三年生。最後のデュエル年代の学年であるからか、最近まで団体戦の訓練に参加していなかったが、未来の死をきっかけに参加の意思を見せるようになる。
非常に冷静沈着で、冷静さを欠いた下級生のストッパー役でもある。
戦死した未来の意思を継ぎ、幸恵や来夢、聖恋のことを気にかけ続ける。

佐伯・ジュリア・花蓮(演:小菅怜衣
年齢:15歳(1年生) / レアスキル:未覚醒
シュベスター:なし
「明るく活発で、強いリリィに憧れている。戦闘中に自分を庇って負傷した瀬戸・ベロニカ・いちかの為にも早く一人前のリリィになりたいと努力している」
1年Bクラスの個性的なメンバーを取りまとめる明るいリーダー的存在。
強いリリィに憧れ、特にいちかを強く尊敬している。学院には高等部から入学している。周囲に優秀なリリィが多く、芽が出ない自分に焦っていた。未熟ながら出撃し、無理な戦闘を行なった結果、以前から憧れていたいちかを負傷させてしまい、負い目を感じてさらに焦っている。
フランクでユーモアのある性格だが、非常に努力家。毎日放課後に残って自主練習をしていたり、筋力トレーニングを続けていたりしているが、いまだに成果は出せていない。
親友のつぐみやいちか、渚たちは高いポテンシャルを見出されている。

花丘・アンジェラ・萌(演:岩倉あずさ(祈り:水月桃子 / 約束の行方~真実の刃:仲野りおん))

花丘・アンジェラ・萌


年齢:15歳(1年生) / レアスキル:未覚醒
シュベスター:なし
「強くて可愛いリリィが好き。日葵の大ファン。クララと聖恋の恋を応援していたが、クララが日葵とシュベスターの契りを交わしたことで傷心中」

李・クリスティーナ・思思(演:はぎのりな(約束の行方:河合柚花))
年齢:17歳(3年生) / レアスキル:ユーバーザイン / サブスキル:ホールオーダー
シュベスター:なし
「中国人留学生。未来の友人。中国仕込みの身体能力の高さでデュエルに優れている。未来の真相を知り、学院に不信感を抱いている」

永瀬・マルタ・のの花(演:沖あすか(祈り:長谷川愛紗 / 誓い:朝比奈南))
年齢:15歳(1年生) / レアスキル:未覚醒
シュベスター:なし
「クララと聖恋の恋を応援している。リリィは容姿も戦いも美しくなければならないと思っている。先輩たちの美しく戦う姿を見るのが好き」

戸田・エウラリア・琴陽(演:田上真里奈)※本編舞台キャラクター。外伝舞台には未出演。

戸田・エウラリア・琴陽


年齢:15歳(1年生) / レアスキル:不明
シュベスター:なし
「興味のあるリリィに所構わず手合わせを挑んでいく変わり者。生まれは山梨で疎開してきた東京でリリィになった」
甲州撤退戦で親友をヒュージに殺され、その際に自分たちを置き去りにした白井夢結を恨んでいる。当時、琴陽自身も重傷を負い、夢結への復讐のために強化リリィとなった。

戦死したリリィ

作中で死亡・戦死したことが示唆されたキャラクター

岸本・マリア・未来(演:あわつまい(秘密:森本未来 / 誓い:黒原優梨))

マリア


シュベスター:福山・ジャンヌ・幸恵
年齢:十七歳(二年時に戦死) / レアスキル:フェイズトランセンデンス
「来夢の姉で幸恵のシュベスター。学園1の実力を持つリリィだったが、突然ガーデンを去る。その後来夢を守って戦死。その死は謎に包まれている。」
来夢の実姉。強化リリィ

野坂・ジャクリーヌ・風音(演:小野瀬みらい
年齢:十七歳(戦死時の年齢不明) / レアスキル:この世の理
シュベスター:瀬戸・ベロニカ・いちか
「ルド女史上最強リリィと謳われた岸本・マリア・未来と共に一時代を築いたスターリリィ。テンプルレギオンで副隊長を務めた事もある。」

私立ルドビコ女学院の教師

泉・ローザ・莉奈(演:楠世蓮(祈り~真実の刃:今吉めぐみ))
シスター。
レアスキル:鷹の目 / サブスキル:魔眼、ホールオーダー
「現役時代はテンプルレギオンで活躍した優秀な教導官。学園の秘密を知り姿を隠していたが、今は海堂シスター殺害の容疑で全国指名手配中。」

小阪・アナスタシア・涼子(演:遠藤三貴(祈り~真実の刃:木村若菜))

小阪先生


シスター
レアスキル:Z / サブスキル:聖域転換、千里眼
「学生時代はテンプルレギオンを応援する応援団に所属。今も団員を募集している。また生徒達の事を想い、どんな危険な所へでも行き応援する。」

真壁・メラニア・小夜子(演:酒井栞
シスター
レアスキル:レジスタ / サブスキル:ステルス、虹の軌跡
「新しくガーデンに赴任した教導官。優しく、生徒達に友達のように接する。学生時代は優秀なリリィとして活躍していた。シスター小阪は苦手。」

取手・スザンヌ・麗香(演:嘉陽愛子
シスター
レアスキル:ヘリオスフィア / サブスキル:ホールオーダー、インビジブルワン
「ルド女の卒業生。現在は教導官。テンプルレギオンの選抜や指導に関わっている。自身も学生時代は最前線で活躍した。」

海堂・ベアトリス・千春(演:内多優
シスター
レアスキル:天の秤目 / サブスキル:聖域転換、軍神の加護
「シスター。新米教導官。主に1年生の訓練、指導を担当。学生時代は目立つリリィではなかったが、生徒への指導は熱く、研究を怠らない。」


関連タグ

メディアミックス:アサルトリリィ
頻繁に使用される公式通称タグ:ルド女

関連記事

親記事

アサルトリリィ あさるとりりぃ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「私立ルドビコ女学院」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「私立ルドビコ女学院」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 28622

コメント