ピクシブ百科事典

アゾン

あぞん

AZONEとは、日本のドールブランド。
目次[非表示]

12cm~50cm用のドール、衣装などを展開しているメーカー。
アニメ作品のキャラクタードールやアゾンのオリジナルキャラクタードール、そしてそれらのドール用の衣装を発売している。
正式には「アゾンインターナショナル」だが、タグとしては「アゾン」が主流。

元となった会社がスカーフ等の染型製販の会社だったため、最初はドール用衣装のほうが主で、ドールは自社製品(ドール衣装)のモデルとして作られたのがはじまり。
当初、ドールは「TAKARA S.A.Jボディ(タカラのジェニー用可動素体)」や「オビツボディ」を使用していたが、オリジナル素体ピュアニーモが開発されてからは、そちらにシフトし、それとともにドールの製造販売により力を入れるようになった。


ピュアニーモボディ

ピュアニーモはいわゆる1/6サイズであるが、オリジナルキャラクターシリーズえっくす☆きゅーとが10代前半~高中生のキャラクターをメインとしているため、大人キャラクター用サイズとしては27cmでなく25cm素体が標準となっている。
AZONE製の衣装にはピュアニーモ間での対応サイズが記載されているが、ピュアニーモはやや脚が太めなので、非ピュアニーモ用の靴下・タイツなどは履けないことが多い。

オリジナルドール

現在販売されているシリーズ

えっくす☆きゅーと

ピュアニーモ素体を使ったドールシリーズ。マスクデザインは「思い当たる」
「えっくす☆きゅーと」と言うメインの7人と、「えっくすきゅーとふぁみりー」と言われるメンバーの家族やお友達、先生で構成されるグループに分かれる。
正式メンバーは最初の5人から2人増えただけだが、ふぁみりーのほうは増えに増えて12人、両方合わせると19人にもなる。

サアラズ・ア・ラ・モード

2000年代前半に発売された「サアラ」シリーズを、ピュアニーモボディを使用したドールシリーズとしてリニューアルしたもの。
ボディはもちろん、ヘッドも新しくデザインされている。マスクデザインは初代サアラと同じ「思い当たる」
えっくす☆きゅーとが、ピュアニーモSボディの中学1年生設定なのと違って、こちらはピュアニーモMボディの高校生と言う設定になっている。
サアラ、マヤ、リセは2代目だが、アリサと柚葉はこのシリーズから新登場である。
メンバー
・サアラ(SAHRA)
・マヤ(MAYA)
・アリサ(ALISA)
・ユズハ(柚葉)
・リセ(LYCEE)

ブラックレイヴン

1/3(50cm)ドールのシリーズ。マスクデザインは「思い当たる」
退魔師リリアとその仲間の4人で構成されている。

ELLEN

1/3(50cm)ドールのシリーズ。マスクデザインは「思い当たる」
ブラックレイヴンと異なり、こちらは従来のお人形さんらしさを前面に押し出した展開になっている。エレンとアリスの2人で構成されている

リルフェアリー

ピコニーモDボディを使用したドールシリーズ。
リルフェアリー(Lil'Fairy)と呼ばれる小さな妖精達8人で構成されている

キャラクタードール

「ピュアニーモキャラクターシリーズ」や「ハイブリッドアクティブフィギュア」、「アスタリスクコレクション」などの名称で様々なアニメ作品のキャラクタードールを出している。

ドール化された主な作品

けいおん!
東方Project
魔法少女まどか☆マギカ
僕は友達が少ない
ラブライブ!
ヘタリア

かつて販売されていたドール

SAHRA(サアラ)、MAYA(マヤ)、LYCCE(リセ)、BELINDA(ベリンダ)、CATY(カティ)
MINAKO(みなこ)、YUKI(ゆうき)、SUZUNA(すずな)、NAHO(なほ)
MANA(まな)、ERENA(エレナ)、Ai(あい)、REINA(レイナ)、REIMY(レイミー)

関連タグ

ドール 人形
アサルトリリィ
コトブキヤ:元々はアサルトリリィシリーズ展開に際して同社のM.S.G(モデリングサポートグッズ)シリーズの取扱を開始した事が縁で、アサルトリリィとスケールが近似する同社のプラモデルシリーズ「フレームアームズ・ガール」のスケールドール化改造で脚光を浴びることとなる。コトブキヤも自社製品の宣伝にアサルトリリィを採用するなどはしたものの、現時点で企業間の大規模なコラボは行われていない。

pixivに投稿された作品 pixivで「アゾン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 94285

コメント