ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要編集

ヒュージ研究の多国籍企業Last Bulletでは研究機関と表記される。

それだけを聞けば、世界における当たり前の組織の様にも聞こえるが、その実態は倫理観の欠片も無い非人道的な組織。

元々は民間企業の研究者集団だったのが、ヒュージやリリィやCHARMの核心を掴んだ事で凶行に走る様に成った。

人体実験は当たり前で強化リリィに仕立てている。

特定のリリィを強化リリィに為るしかない様に追い込む(舞台版に至っては闇討ち半分で襲撃している)等、非人道的な行為を挙げれば数え切れないほど犯している。

それどころかヒュージを捕獲して、改造したヒュージを解き放ったり、口封じの為に口封じ対象のリリィを改造ヒュージだらけの戦場に置き去りにする等、ヒュージと戦争をしている世界において本末転倒な事も行なっている。

リリィ達がG.E.H.E.N.A.を嫌悪している要因の一つとしては、自分達が最前線に立つ訳では無いのにリリィ達に人体実験して矢面に無理矢理立たせているという事が有る為。


この世界にとっては戦い続ける為には重要なCHARMのコアクリスタルの製造技術を有している為に、被害者である強化リリィや後述の反G.E.H.E.N.A.主義ガーデンが有っても全てを潰す訳にはいかない事情がある。


G.E.H.E.N.A.に対する姿勢は各ガーデンによって異なっている。

反G.E.H.E.N.A.主義のガーデンである百合ヶ丘女学院御台場女学校等はG.E.H.E.N.A.との接触を一切禁止し、強化リリィの保護を行うなど蛇蝎の如く嫌っている。

それでも完全に接触を断つ事は出来ず、政府関係者や他企業を介し、スパイを紛れ込ませる等の手段で反G.E.H.E.N.A.主義ガーデンのリリィに対して干渉を行なっている。


対して、親G.E.H.E.N.A.主義のガーデンは後述の穏健派に当たるイルマ研究室由来のイルマ女子美術高校、及び親G.E.H.E.N.A.主義ガーデンの総本山であるシエルリント女学薗では目立った“事件”は起こしていないが、他の親G.E.H.E.N.A.主義ガーデンであるエレンスゲ女学園は日の出町の惨劇、私立ルドビコ女学院は未来の強化実験などの事件を起こしている。


また名前のモチーフと思われるゲヘナは生贄が捧げされたエルサレム近くの谷の名前であり、新約聖書においては地獄の事である。


かなり大規模な為、全てが非人道的なマッドサイエンティストな訳では無く、リリィとして戦いたいがその基準には達しなかった少女をリリィにしたり、イルマ研究室では被験者の安全を考慮して無理な強化は行わず被験者から負のマギの除去の研究を行う良識的な者も存在する等一枚岩ではない。

エレンスゲ女学園は元々はリリィの身の安全を重視する良識的な穏健派によって研究所が運営されていたが、リリィの命や尊厳を無視する過激派により実権が奪われる等、G.E.H.E.N.A.内部での派閥争いも存在している。


尚、幹部には中二病じみた人間がいるらしく、親G.E.H.E.N.A.主義であるシエルリントに至っても中二病育成ガーデンとまで言われており、そこの所属リリィは自らを魔女と自称する程である。


研究者の一人の言い分を信じるならば、彼らの最終目的は『ヒュージが駆逐された世界』ではあるが、その過程で多くのリリィの命が使い潰されている。

早い話が、コラボイベントをした作品の一作のマッドサイエンティストの概念ミームと呼ぶべき一族の様に目的こそは美しいが、その過程で善悪の帳尻が破綻してる者達なのである。


関連人物編集

強化リリィ編集

安藤鶴紗

百合ヶ丘女学院所属。彼女の父が戦争犯罪人で在った為に、それを口実として何度も執拗に干渉している。


佐々木藍

エレンスゲ女学園所属。胎児の段階でヒュージ細胞を与えられて誕生した、生まれながらの強化リリィ。


岸本・ルチア・来夢

私立ルドビコ女学院所属にして、ルドビコ女学院編の主人公。

藍と同じく、彼女も産まれながらの強化リリィであり、その体質から彼女の下にはヒュージが集まり易いという特徴が在る。

彼女の存在には、G.E.H.E.N.A.の他、御前も注目しており…。


岸本・マリア・未来

岸本・ルチア・来夢の姉であり私立ルドビコ女学院に所属していたリリィ。

彼女も強化実験を受けていた。ある戦いで戦死しているがその死には謎が多い。


黒木・フランシスカ・百合亜

私立ルドビコ女学院所属。優秀なリリィで在ったが故に、単独でいる所をヒュージに襲撃させて重傷を負わせられ、強化リリィに為らざるを得なかった。親G.E.H.E.N.A.主義ガーデンであるルドビコ女学院に在って、学院の方針に反発するリリィらと共にレギオン「アイアンサイド」を結成した。


戸田・エウラリア・琴陽

私立ルドビコ女学院所属。甲州撤退戦で重傷を負った所、G.E.H.E.N.A.の研究所に搬送され、以降は複数回強化実験を施される。


司馬燈

御台場女学校所属。元々は親G.E.H.E.N.A.主義ガーデンである鞍馬山環境女子高等学校所属の強化リリィだったが、これ以上の強化は見込めないという理由で逆に壊滅させられた。現在は反G.E.H.E.N.A.主義ガーデンの御台場女学校に移っている。


御前

所属不明。G.E.H.E.N.A.による改造ヒュージを操り、レアスキルに相当するレベルのブースデッドスキルを多数保有する等、強化リリィの中でも異常レベルの能力を持つ。

G.E.H.E.N.A.の改造によって人格が改造以前よりも破綻してる程に変貌している。


???(ネタバレ注意)

メインストーリー新章にて発覚。


??????(ネタバレ注意)

メインストーリー新章にて発覚。本人達も知らぬ間に強化されていた。


塩崎鈴夢

神庭女子藝術高校所属。G.E.H.E.N.A.から人体実験を受けていたが日の出町の惨劇の最中、エレンスゲから離反した本間秋日と共に亡命の様な形で神庭女子藝術高校へ入学。

改造の影響で特型ヒュージ「グンタイアリ」を誘引する体質と為っている。


高松祇恵良

百合ヶ丘女学院理事長。かつて、G.E.H.E.N.A.から受けた人体実験の数々でG.E.H.E.N.A.のやり方を身に染みて理解しており、強化リリィ保護の姿勢を執っている。


LGロスヴァイセ

百合ヶ丘における特務レギオン。構成員全てが強化リリィで、想定する相手は“強化リリィ救出作戦の障害と為るもの全て”。


人造リリィ編集

一柳結梨

グランギニョル社との提携で作り出した人造リリィ。


研究者編集

西村乃恵美

エレンスゲ女学園の教頭であり、G.E.H.E.N.A.のエレンスゲ・ラボの研究者。

元強化リリィ。そして……


余談編集

Last Bulletのそれまでのコラボイベントでは、G.E.H.E.N.A.に存在を知られると極めて不味い災害規模生命体異なる世界超技術を有する作品で絡むのはG.E.H.E.N.A.と関わりを忌んでた百合ヶ丘の一柳隊、深い関わりを持つ訳では無いガーデンで在ったグラン・エプレで、G.E.H.E.N.A.と否応なく深い関わりを持つエレンスゲのヘルヴォルが絡むコラボイベントの場合はどういう事に為るのかという危惧が有ったが、ヘルヴォルが絡むコラボ作品は超技術や災害規模生命体が関わらない作品、及びG.E.H.E.N.A.の方向性と全く同じマッドサイエンティスト達が存在する作品で在った。


関連タグ編集

アサルトリリィ マッドサイエンティスト 非人道的実験

関連記事

親記事

アサルトリリィ あさるとりりぃ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4466

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました