ピクシブ百科事典

ミナミジュウジ座

みなみじゅうじざ

『南十字座』のカタカナ表記。本項では『宇宙戦隊キュウレンジャー』に登場する星座系を記述する。

概要

宇宙戦隊キュウレンジャーに登場する惑星星系の1つ。
宇宙幕府ジャークマターの本拠地、惑星サザンクロスが属する星系である。
本拠地だけあって擁する戦力も他星系の比では無く、更には星系全体を強力なバリアが包んでおり、侵入は困難を極める。

だがショーグンドン・アルマゲ(の内部に潜む者)にとって、この星系にあるジャークマターの本拠地は最終的に宇宙ごと破壊する予定であった。惑星サザンクロスのコアにはこれまでに全宇宙からモライマーズを使って集めたプラネジュームが注ぎ込まれており、惑星自体が宇宙を破壊するプラネジューム爆弾へと改造されていたのだ。
しかしSpace.41でキュウレンジャーが星系を覆うバリアを破壊した上でサザンクロスに攻め込んで来た後、Space.43でアルマゲ(分身)を含めた主な戦力が壊滅した為アルマゲの判断でプラネジューム爆弾が起動。だが中枢部にあらかじめキュウレンジャーが仕込んでいたブラックホール発生装置の(とある人物の自己犠牲を払った)起動により爆発のエネルギーがブラックホールに飲み込まれた為、宇宙の破壊は免れた。

その後、キュウレンジャーが知ったアルマゲの真の目的をホシ★ミナトを介する形で知ったジャークマターのカローダイカーン達はアルマゲへの忠誠心を失い次々と離脱、組織としてのジャークマターは瞬く間に崩壊した。

関連タグ

宇宙戦隊キュウレンジャー 宇宙幕府ジャークマター
イカーゲンサザンキング:この星系の出身宇宙人であるショーグンの刺客とカロー。後者はかつてこの星系を支配していた王だったが、侵略して来たジャークマターには勝てないと勝手に判断、民を捨てて自分一人がジャークマターに寝返った最低の卑怯者であり、この星系に宇宙を破壊する爆弾が置かれる原因を作った。
前者はそんな王に捨てられた民の一人で、その経緯もあってかカローには従わなければならない自身の地位に内心不満があったらしく、その指揮下に入る事を拒む仕草を見せた。
みなみじゅうじ座(南十字星)

コメント