ピクシブ百科事典

目次[非表示]

演:宍戸開

概要

かつて鳳ツルギと共にドン・アルマゲから宇宙を救った88星座の戦士達の一人で、オリオン座の戦士。
「オリオン座最強」を自称するのは伊達ではなく、武器として携える棍棒(先端に星型の突起がついている)から発する衝撃波は3人のフクショーグンを一撃で跪かせ、オリオン座の星図を模した光のシールドはいかなる攻撃にも耐えられるなど、その力は絶大。

彼からアルゴ船の要の一つであるリュウコツキュータマを託された惑星キールの精霊・エリス曰く「不死身の力を犠牲にアルマゲを倒し傷ついたツルギを、いずれ来るかもしれないアルマゲの復活に備えてコールドスリープさせたのでは?」との事。

ちなみに既婚者で、生まれたばかりの子供は妻と共に妻の実家があるシシ座系の惑星に避難しているらしいが…!?

本編での活躍

Space.28のラストで倒れていた過去組を険しい表情で見ていたカットを経て、Space.29にて正式登場。
現代からトケイキュータマを使って過去(333年前)にやってきたラッキーと遭遇後、ラッキーを襲おうとしたデスワームと交戦。
この時にキューエナジーをチャージされていないトモキュータマをデスワームに食べられてしまった(同時にSpace.11で登場したデスワームがこの個体だと判明している)。

最初こそラッキー達の言う事が信じられなかったが、自身がコールドスリープさせた筈のツルギが目の前にいたり、ツルギの口からも「チキュウへ不時着して間もなく倒した筈のアルマゲに襲われた」「未来の宇宙がジャークマターに支配されてしまった」と聞かされたり、その上ツルギと共に倒したはずのテッチュウアキャンバーククルーガが出現するに至っては、その事実を信じざるを得なくなった。

その後は歴史を変える事になってもアルマゲを倒そうとするキュウレンジャーの面々と共闘を決意し、ラッキーと見事なコンビネーションでアキャンバーを撃破したが、なんと直後にドン・アルマゲ本人が襲来。圧倒的な猛威の前にキュウレンジャーは手も足も出ず、ラッキーが瀕死の重傷を負ってしまう。
ホウオウキュータマの力で、自分の命を懸けてまでもラッキーを回復させようとするツルギを引き留めようとするが「こいつは宇宙を救う奇跡を起こし得る男。絶対に死なせない」とツルギの決意は固かった。
そしてアキャンバーを倒した時にラッキーと自分の間で凄まじいパワーが発現した事、ラッキーがシシ座系出身とツルギから告げられた事から、オライオンもまたある事実に気づく。

やがてドン・アルマゲが再び出現しオライオンとキュウレンジャーが立ち向かう物の、やはり軽々と蹴散らされてしまうがそこへツルギを犠牲にする事なく復活したラッキーが参戦
「宇宙は、宇宙に生きるみんなのものだ!」と声を合わせて叫ぶラッキーとオライオンの前に、またも不思議な力が発動…その時オライオンはラッキーに、「お前にはオリオン座とシシ座、2つの星座系の血が流れている」「お前は……俺のはるか未来の子孫だ」と告げた。
そして2つの星座の力を受け取ったラッキーはシシレッドオリオンに変身し、見事ドン・アルマゲを打ち倒した。

戦いが終わった時にラッキー達が見つけたのは、満足げな表情で息絶えたオライオンの姿………
彼は最初のドン・アルマゲとの戦いで腹部にかなりの深手を負っており、無理をすれば死は免れず愛する者とも再会できなくなると知りながら、ラッキーに宇宙の命運を託す為に己の命を燃やし尽くしたのだ。

オライオンの亡骸を埋葬後、彼に代わって救世主の伝説を語り継ぐためにショウ司令チャンプがこの時代に残り、ラッキー達は元の時代へ戻っていった。

彼の残したはショウ司令によって発見され、キュウレンジャー達の危機を救う事になる。
また一方、ラッキーが彼の遠い子孫と言う事実はドン・アルマゲにも聞かれており、これが遠因となって現代に戻ったラッキーと彼の父の運命が激変する事となった。

余談

名前はオリオン座の英語読み。
「オリオン」と「ライオン」でダブルミーニングにもなっている。

東映公式サイトでは、役者の紹介においてウルトラマンマックスの長官役という誤った情報が載せられていた(実際は隊長。現在は修正済み)

演者の実父である宍戸錠氏は、かつてスター・ウォーズ1作目の公開に便乗して円谷プロが制作(※同社の設立15周年記念も兼ねている)したスペースオペラ特撮スターウルフ(後に『宇宙の覇者 スターウルフ』に改題)のレギュラーであり、ギリシャ神話の登場人物名を冠した宇宙船(バッカスⅢ世)の艦長を演じた。

キュウレンジャー結成の大本になった『宇宙を救う9人の究極の救世主』の伝説は、歴史改変前の歴史でオライオンが宇宙中に残した『ホウオウソルジャー=ツルギがいつの日かコールドスリープから目覚める』と言う伝言が長い時を経て変化した物だった様子。伝言へ『9人の救世主』と言うワードがいつの間にか後付けされたのは、この宇宙が妙に『9』への拘りがある世界だった故だろうか。
しかし、そう考えるとキュウレンジャー初期メンバーとツルギの間にイレギュラーなメンバーが誕生したのは、上のワードが後付けだった事を逆説的に証明していたと言える。良い解釈をすれば、“『宇宙を救う9人の究極の救世主』の伝説”は全宇宙の生きている者達の願いが長い時を経て集まり生まれた代物でもあったと言える。
前述の通り歴史改変に巻き込まれる形でオライオンは命を散らし、伝説の根源となる伝言を誰かが代わりに宇宙中へ伝える役割を担わなければならなくなったが、それを引き受けたのがイレギュラーメンバーの片割れでもあるショウ司令だった。かつて救世主を真似た戦士から本物の救世主になった男が、紆余曲折の後未来の自分達を生んだ行いを代行する事になったのは何たる奇縁か。

関連タグ

宇宙戦隊キュウレンジャー 鳳ツルギ オリオン座

関連記事

親記事

宇宙戦隊キュウレンジャー うちゅうせんたいきゅうれんじゃー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「オライオン(キュウレンジャー)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1073

コメント