ピクシブ百科事典

アスラン(キュウレンジャー)

あすらん

『宇宙戦隊キュウレンジャー』の登場人物でラッキーの父親。シシ座系の王族。
目次[非表示]

「ラッキー。どんなに辛いときでも、きっと未来は切り開ける。苦しい時こそ、己の運を信じるのだ」

演:山崎銀之丞

概要

シシ座系惑星・カイエンの王で、ラッキーの父親。
ラッキー同様彼もオライオンの子孫と思われる。
ラッキーの回想によると厳格だが心優しい父親であり、上述の台詞はラッキーを動かすポジティブシンキングの原点となっている。
幼い頃のラッキーに唯一の“親友”・シーザーを与えたのは彼であるとの事。


しかし、かつて宇宙幕府ジャークマターに対抗した物の、現在ではジャークマターに寝返り惑星カイエンからシシ座系をジャークマターに都合の良い様に支配している。この為にカイエンの民からは裏切り者扱いされ、Space.37でラッキーと再会してもジャークマターに反抗する勢力として気にも留めなくなってしまう。そこから程無くフクショーグンククルーガによって捕まり、捕虜になったラッキーは父親の態度を見てあまりの変わりぶりに涙を流す。
ククルーガの策略でラッキーを反逆者と見なしたアスランは息子を公開処刑しようとするも、剣を振り下ろされる直前で「こいつは父さんなんかじゃない‼」とラッキーは目の前にいる父親を偽物だと言い放った。

実はこのアスランはカイエンを含むシシ座系を支配するカロージューモッツが作り出した砂人形で、ククルーガに捕まった際にラッキーの流した涙がアスランの身体を溶かした所を目撃していた為、そこから偽物であると既に気付いていた(ツルギキュウレンジャー側も悪天候に逃げる様に去ったアスランの素振りや、直前に戦ったツヨインダベーが砂になって倒された等の不可解な点から同じ結論に辿り着いていた)。
本物のアスランはククルーガによってすでに殺されてしまっており、ジューモッツがアスランの偽物を使ってカイエンを支配する事で民を苦しめるだけでなく、彼の名誉を損なわせる圧政を行なっていたのだった。

しかし、絶望的状況にもかかわらずアスランの無念を晴らせると闘志を燃やすラッキーの態度に憤ったククルーガがラッキーを処刑しようとするも、上空に垂れ込めた雷雲から落ちた雷が直撃して処刑台から転落
直後にハミィにラッキーを救出され、建物の陰に隠れていたチャンプラプタースティンガーミズガメキュータマ・ポンプキュータマ・クジラキュータマを使って発動させた水流を浴びた事でアスランの砂人形は溶解して消滅。民衆もようやく自分達が偽の王に騙されていた事に気付いた。
そしてククルーガとジューモッツを撃破し、亡き父の名誉と故郷を救ったラッキーは新たなカイエンの国王に即位した。

Space.41ではドン・アルマゲの潜伏地・ミナミジュウジ座系惑星・サザンクロスのヘルズゲートを守護する門番であり、この星座系を支配するカロー・サザンキングの放つマボロジュウジをラッキーが浴びた際彼の見る幻覚として現れる。
幻覚は次々とラッキーの仲間に手を掛け、サザンキングとほぼ同じ発言を繰り返しジャークマターの傘下に下る事を誘発しようとするが、自分が覚えているアスランの記憶との食い違いに気付いたラッキーに強い精神力で耐え抜かれる。直後に父親を利用して心を乱そうとした事に憤慨したラッキーが振るったキューソードの一撃をサザンキングが喰らった事で幻覚が破れ、同時に幻覚のアスランも消え去った。

Space.37のククルーガによる台詞から、作中では既に故人と思われていた。
しかしラッキーが幻覚を見せられたSpace.41では、彼を狙う仮面の剣士が現れており…。

悲壮な再会、その顛末

サザンキング撃破後程なくして、仮面の剣士は別動隊のキュウレンジャーを瞬く間に戦闘不能へ追い込み、粘っていたガル=オオカミブルーに瀕死の重症を負わせた。
ラッキーは対峙し、激しい攻防の末ラッキー=シシレッドの一撃が剣士の仮面を壊すが、その下から現れたのは、偽物でも幻影でも無い本物のアスランだった(シーザーと意志疎通の交わせるガルは、勘づいたシーザーから剣士=アスランである事を知らされた模様)。
死んだと思われたアスランはアルマゲ(の一人)に憑依される事で生かされており、アルマゲが使役する最凶の戦士ドン・アスランとされていたのである。
事実に動揺したラッキーは、続くSpace.42において一旦は本心を押し殺すが、サザンクロス中枢での激戦時に再度アスランと対峙した際攻撃を躊躇してしまう。そのまま押し負かされかけた上で一時は難を逃れた物の、仲間にも宇宙にも危害が及ぶ状態になってしまう。

しかしその姿勢をかつて復讐者になろうとした男から一喝されたラッキーは暫し考えを巡らせ、「父親も宇宙も同時に救って見せる」という結論に到達。仲間達と共に、アスランとそれを操るジャークマターとの決戦に臨む。


続くSpace.43にてドン・アスランとしてラッキーとガル、ハミィ小太郎と戦い、3人のサポートとシシキュータマの力によってラッキーが仮面を破壊した事で解放され、ラッキーと本当の再会を果たした。
しかし、間髪入れずにメカマーダッコと鎧から放出された邪気からドン・アルマゲの一体が出現。危うくメカマーダッコの銃撃を受けそうになるも、ガルの助けで事なきを得て、成長したラッキー達の戦いを見守る。
そこでアルマゲが大鎌から電撃を放って抵抗するのを、剣で大鎌を叩き落とす事でキュウレンジャーがアルマゲを撃破するチャンスを作った。

しかし、ドン・アルマゲは消滅間際レーザーを放ち、中枢部にバランスが仕掛けたブラックホール発生装置を破壊、プラネジューム爆弾を起動させて宇宙を消し去ろうと最後の抵抗を仕掛ける。

装置を調べたバランスによると自動制御システムが壊れてその場では修復不可能で、装置を誰かが直接作動させる事は出来るが、その場合だと発生したブラックホールに飲み込まれて二度と帰ってこられないという。
それを聞き、かつてブラックホールに飲み込まれたが帰還した経験もあったラッキーは自らが装置を作動させようとするが、爆発のエネルギー量を考えたアスランはそれを止め、自身が装置を作動させると申し出る。

ラッキーはそれを制止しようとするが、アスランは「これまで父親らしいことをしてやれなかった私が、最後にお前を助けられるなら、こんな幸せなことがあるか?」と既に覚悟を決めており、「お前が俺の息子で、“よっしゃ、ラッキー”…」とラッキーを強く抱きしめる。

そして、ラッキー達がメカマーダッコを撃破し、サザンクロスを離脱する中、自身はラッキーの事を思い出しながら「よっしゃ、ラッキー…」と呟き、ブラックホール発生装置を起動。
ブラックホールに吸い込まれ、爆発するサザンクロスと運命を共にしたのだった。

関連タグ

宇宙戦隊キュウレンジャー ラッキー(キュウレンジャー)
ドン・アスラン

アナキン・スカイウォーカー:オマージュ元である、息子と戦い合う父親キャラの偉大なる元祖。
ただし、元より立派な一人の親であったアスランと違い、自分自身が“父親”と呼べる者を得ないまま成長した事が遠因となり悪へと堕ちてしまった経緯を持つ。しかしそれでも、最後の最後で息子を庇うと言う“父親”の行動を見せて散った事で魂は本来の姿に戻り、あの世へ旅立って行った。
湊ウシオ:『ウルトラマンR/B』での演者繋がり。どちらも主人公の父親という共通点がある。

pixivに投稿された作品 pixivで「アスラン(キュウレンジャー)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 402

コメント