ピクシブ百科事典

牛型汎用破壊兵器ゼロ号

うしがたはんようはかいへいきぜろごう

宇宙幕府ジャークマターが保有するロボット兵器にして、チャンプの兄弟機。
目次[非表示]

ククルーガ「もうバレたか。こいつはジャークマターによって開発された、『牛型汎用破壊兵器ゼロ号』だ」

データ

出身/ジャークマターラボ
身長/212cm(ヒカエオロー時/58.5m)
体重/286kg (ヒカエオロー時/789.4t)
装備/180mm猛牛火呑(カノン)、30mm猛牛魔震貫(マシンガン)、猛牛風米嵐(ブウメラン)
分類/ロボット兵士

スーツアクター:草野伸介(Space.34)、鳶宗正人・清家利一(Space.39以降)

概要

アントン博士が設計したジャークマターの殺戮兵器。チャンプのプロトタイプで、彼に取って事実上の兄弟に相当する。
シルエットこそチャンプと共通しているが、牛の骨格を思わせる白い装甲で無数の動力パイプを纏めた様な有機的デザインのボディを持つ。また眼に当たるセンサーは牛頭の首部分にある。

ボディは軽量ながら頑丈な牛型外骨格で構成され、ターゲットの生命反応をゼロにするまで半永久的に戦闘する機能を搭載している。
ロボレスをベースとしたあらゆる技テクニックをインストールされておりそれを活かした格闘戦が得意。格闘戦だけでなく、右肩に装備された『180mm猛牛火呑(カノン)』から放たれる破壊光線攻撃、腕に搭載された『30mm猛牛魔震貫(マシンガン)』による乱射攻撃、頭から発射するブーメラン『猛牛風米嵐(ブウメラン)』等飛び道具も満載である。
ツヨインダベー同様体内にキョダインロウのデータをインプットしているらしく、そのエネルギーにより全身の金属配列を暴走させる事で50m超の巨体に変形する機能もある。
同じくジャークマターラボ出身であるインダベーやツヨインダベー等の疑似生命体兵士と比べて破格の戦闘能力を持つが、量産性もある為一度に複数機の投入も可能。

確固たる意志を持ち感情溢れるチャンプとは正反対に、意思も感情も持たず使役者の命令に従い冷徹に標的を抹殺する完全な人型兵器である。この兄弟機の存在と生みの親の素性を知ってしまったチャンプのアイデンティティは著しく揺らぐ事となる。

ある目撃証言によると、ゼロ号が敵に猛進する様は、モー凄かったという。

活躍

Space.33、34

フクショーグン達が改造手術を受けた施設・ジャークマターラボに封印されていたが、キュウレンジャー相手に失態を重ね続けるアキャンバーククルーガにSpace.33で発見される。
続くSpace.34でアキャンバーが起動、チャンプとほぼ同じ姿に偽装された上でククルーガの手駒となる。ククルーガが誘き出したキュウレンジャーの前へキュータマを連想させるカプセルで送り込まれ、チャンプの姿を活かしまともに攻撃出来ない相手へ攻撃を仕掛けるが、そこへ突如現れた戦士・ヤギュウジュウベエの看破と攻撃により正体を暴かれたので彼へと向かって行き交戦。かつて大破した際の影響で暴走する様になったジュウベエに迫ったが、何とか身体のコントロールを取り戻した相手のタックルを喰らい遠くへ吹っ飛ばされた。

その後、スティンガーガルと会話していたジュウベエの前へ出現。ククルーガと共に相手を圧倒するも間一髪でシシボイジャーの攻撃に吹き飛ばされる。
そこから程無く復帰、スティンガーからの言葉によりヤギュウジュウベエの姿を解いたチャンプを加えたキュウレンジャーと交戦。ゼロ号はオウシブラックサソリオレンジオオカミブルーと戦闘するも、暴走を仲間にフォローして貰いつつ戦うブラックに圧倒される。
そして同じく追い込まれたククルーガ諸共一所へ追い込まれ、インフィニッシュブラスト・オールスタークラッシュ・フェニックスエンドを喰らい敗北。

直後、ヒカエオローのエネルギーで巨大化。同じく巨大化を果たしたククルーガと共にキュウレンオーリュウテイオーギガントホウオーオリオンバトラーと交戦。しかし攻撃は悉く相手の連携に潰され、逆に反撃を畳み掛けられて再び追い込まれる。
そして最後は、バトルオリオンシップに戻ったオリオンバトラーを中心に全キュウボイジャーのキューエナジーを結集した必殺フォーメーション技オリオンビッグバンキャノンをククルーガ諸共喰らい爆散した。

Space.39

悪の人格を電子頭脳へ移していたアントン博士本人が再生産、同じく博士自ら改造したカローメカマーダッコに戦力として貸し与える。
ペルセウス座星系・惑星ゲムでメカマーダッコがチャンプの暴走回路を起動するリモコンを使い彼を暴走させた後、それへ加勢する形で登場。他のキュウレンジャーを蹴散らした後メカマーダッコと共にチャンプの脇を抱え込み、ジェット噴射での飛行で彼を博士の元へ連れ去ってしまう。

その後、博士の作った『異世界発生装置』の影響でキュータマが使えなくなるも、博士の施設がある古城に自力で辿り着いたキュウレンジャーを迎撃すべく強襲したメカマーダッコをラッキー達に任せ、掻い潜ったスティンガーがチャンプを完全開放した為、これに憤った博士の命令で2人に嗾けられる。
そして、異世界発生装置が停止した事でキュータマを使える様になったキュウレンジャーに対し、メカマーダッコと共に屋外で交戦。ゼロ号はサソリオレンジ・オウシブラックと戦うが、2対1の状況を不利と判断した博士は2体目のゼロ号を投入する。
これに対し、オレンジはイッカクジュウキュータマを使いサソリオレンジイッカクジュウアームにチェンジ。ゼロ号の片割れをドリルを用いた突進攻撃やリーチの長い攻撃で圧倒する。一方のもう片割れも、ブラックが使ったロケットパンチに怯み成す術無く追い込まれてしまう。
そのままメカマーダッコと一所に追い込まれた所へインフィニッシュブラスト・オールスタークラッシュを合わせた一撃を撃ち込まれるも、直後にメカマーダッコから盾にされてゼロ号達のみ直撃、敗北。

直後に2体とも巨大化する物の、援護に駆け付けた他のキュウレンジャーが乗るバトルオリオンシップからオリオンミサイルを喰らって怯み、その隙に合体・変形したスーパーキュウレンオー・オリオンバトラーと交戦。猛牛火呑で集中砲火を浴びせるもスーパーキュウレンオーは肩のバズーカ砲を自律砲台として射出、それからの砲撃で反撃されてしまう。
結局何も出来ないまま、その流れでスーパーキュウレンオーファイナルブレイク・オリオンダイナミックストライクの合体技を喰らい2体纏めて爆散した。

Space.41

ドン・アルマゲの潜伏先であるミナミジュウジ座星系・惑星サザンクロス突入作戦を決行する為にペルセウス、カシオペア、ケフェウス、アンドロメダの4つのキュータマでバリアを破壊しようとするキュウレンジャーを妨害すべく既に巨大化した状態で登場。
ミナミジュウジ座の4つある衛星の1つにガルを中心としたスティンガー・チャンプ・ハミィスパーダが操縦するスーパーキュウレンオーと交戦するも、難無く圧倒された後スーパーキュウレンオーファイナルブレイクを喰らい爆散した。

Space.42

惑星サザンクロス内の地上防衛戦力として、巨大化した個体がモライマーズロボや巨大ツヨインダベーに紛れて出現。しかし惜しみ無くスペースロボを繰り出すキュウレンジャー相手には足止めできず、ギガントホウオーから必殺技を喰らい軽く片付けられた。
以後も複数機が登場しているが、スペースロボによって撃破されている。
また通常サイズの一機が、アントン博士の電子頭脳を運ぶ役となっている。

余談

『敵に属した兄弟機と戦い合う』と言う仮面ヒーロー物の宿業をチャンプに背負わせたゼロ号だが、チャンプが彼等と同じブラックヒーローである事と中身の人から、ゼロ号にはあのダークヒーローを重ね合わせた人も多いと思われる。
因みに身長はチャンプよりも少し高く、彼へ瓜二つな偽装時の姿と比べて若干シルエットに違和感がある。

『牛型汎用破壊兵器』と言うネーミングにやや猫背気味の立ち方等、明らかにエヴァンゲリオンを意識している点がある。チャンプ役の大塚明夫氏が、エヴァと浅からぬ関係のガイナックス名作アニメ重要な役を演じていた縁からか。

関連項目

宇宙幕府ジャークマター
チャンプ(キュウレンジャー):兄弟機。 アントン博士:設計者。
ツヨインダベーインダベー(インダ):同じくジャークマターラボ出身の疑似生命体兵士。
バラキングイミテイションのサロゲDT:過去の戦隊にて同じく味方側の人物を改造したと偽って製造された怪人(最も後者はすぐにネタ晴らししているが)。

pixivに投稿された作品 pixivで「牛型汎用破壊兵器ゼロ号」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 454

コメント